« 今週の神様20年度8号:ついには到れる路の巻 | トップページ | エピソード18:物質界の逆襲(その42)<namco×CAPCOM・SNK> »

ep02:知られざるミッション<今更ながらビルドダイバーズRe:RISEレビュー>

ガンダムカフェにて働くことになったヒナタ。店の雰囲気に入りかねながらも、なんとか仕事をこなす彼女に店長も温かく見守ることになるが。
一方でマギーを通じ何やらの調査を進めるメイ、先のミッションの結果に不満なカザミ、そしてパルヴィース、ヒロトは先のバトルを通じ何を想うのか。
再びGBNにダイブするヒロト、それに伴いミッションに移行する4人。そこはあのフレディが待ち構え、再び助力を求める。メイ曰く先のバトルはストーリーミッションの一環だというが。まだ開発中ということで事態をつかみかねながらフレディの村に向かう一行。途中戦禍の跡を見つつ、ヒロトは彼女の姿を思い起こす。
そしてたどり着いたフレディの村。ひとまずの歓迎を受けつつも次の目的、ミッションを聞き出さんとするのだが。
村長が言うには“一つ目”と呼ばれる謎のMSが近隣の村を襲い、この村からそれらから守ってほしいとのことだった。確かにモノアイ:一つ目とは言い得て妙。ヒロトたちの機体は二つ目と呼ばれているのもうなずけるか。そんなヒロトたち、半ば煙たがれていながら受け入れられつつあるが、一方で彼女のことを思い出しつつ周囲の状況を臨むヒロト。半ば遊び半分で臨まんとするカザミ。いまいち自信を出せないパル。ともかくも来るミッションを受け入れんとする一同だが。
いざ作戦に臨むにあたり、クリエイトミッションで腕試しをせんと持ち掛けるヒロト。戦闘が開始され、カッコつけのカザミ、あてずっぽうのパルが足を引っ張ることとなり当たるミッションほとんどがしくじる形となる。なんとか防衛成功と嘯くカザミ、しかし被害がバカにならず、先行き不安なのは変わりはない。その様にかつての戦禍の中、散った花に涙する彼女の姿を思い起こすヒロト。
煮え切らない想いの中ログアウト後ヒナタと帰途に就くヒロト。落ち込むヒロトにヒナタもいつも通りの調子でなだめんとして、ひとまずはその言葉を受け入れんとするヒロトだが。

|

« 今週の神様20年度8号:ついには到れる路の巻 | トップページ | エピソード18:物質界の逆襲(その42)<namco×CAPCOM・SNK> »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の神様20年度8号:ついには到れる路の巻 | トップページ | エピソード18:物質界の逆襲(その42)<namco×CAPCOM・SNK> »