« 12月のおしらせ | トップページ | 振り回され両さんのターニングポイント<平成こち亀6年下半期> »

今週の神様20年度1号:明日にかける何かはナニの巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
白ひげと接触し、船に乗り込んだおでん、イゾウとイヌネコも伴い、そして紆余曲折の末途中謎の女性トキを拾い、彼の夢にまで見た冒険の日々が繰り広げられるかに見えた。そんな彼の活躍を見守っていた人物もいたのだが。
 
<鬼滅の刃>
炭治郎の危機に禰豆子が駆け付けんとし、迫る無惨の脅威に悲鳴嶼と不死川も駆けつける。大いなる犠牲の果ての哀しみを怒りに昇華して。そして死の淵に炭治郎がたどり着いたものは。
 
<勉強ができない>
結構モテる成幸に、誰もが趣向を凝らしたチョコを送る中、意を決してうるかも心ばかりのチョコを送る。こればかりはその真心も通じたか。
 
<幽奈さん>
夢魔同士の争いはやはり危ないがケリが付ければ潔いものだった。まあ何にせよ元に戻ってひとまずはよかった、かもしれない。
 
<サムライ8>
すべては己の野望と欲望を満たすための茶番だった。八丸、そして骨河いやさ三打も意を決し己をかけて命を懸けんとするのだが。
 
とりあえず今週はここまでで。

|

« 12月のおしらせ | トップページ | 振り回され両さんのターニングポイント<平成こち亀6年下半期> »

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月のおしらせ | トップページ | 振り回され両さんのターニングポイント<平成こち亀6年下半期> »