« 第9話:コロニー落とし<今更ながらジ・オリジンレビュー> | トップページ | ルパン三世テレビスペシャル『プリズン・オブ・ザ・パスト』、ですか »

エピソード18:物質界の逆襲(その40)<namco×CAPCOM・SNK>

さてみなさん、今回のナムカプケイは、いよいよカプコンの天帝システムとの激闘をお送りする運びとなります。果たしてその激闘の決着やいかにといったところで、それでは、ごゆっくり。
 
MAP:天帝の塔・屋上広間
 
まずコマンドー、ブルー、超戦士たちが登場する。
1P「さてと、ここはやけに見覚えありそうだが」
2P「ああ、こういった忌まわしい感じは、まさしく、奴だな」
ブルー「そうだな、奴といえば俺たちもそのシステムを追っているんだ。もちろん、コマンドーの旦那もな」
コマンドー「うむ、ここは力を合わせるも得策だ。うむ、早速尖兵が来たか」
 
・まず犯罪超人兵が現れる。
コマンドー「早速現れたか、小手調べにはもってこいだ」
ブルー「一人残らずまとめて相手してやるぜ」
コマンドー「うむ、あまり血気にはやってくれるな、先に言ったようにまだ序の口だ」
ブルー「ああ、分かってるさ」
 
・初期配置チーム
コマンドーチーム:コマンドー、フーバー、ジェネティー、翔
ブルーチーム:サイバーブルー、イエロービースト、ピンクオストリッチ
シルバーチーム:キャプテンシルバー、エイリアングリーン
超戦士チーム:1P、2P
あと任意で数チームを選択する。
 
・次にデリートの機械兵たちが現れる。
ブルー「今度はデリートか、ここで決着をつけてやるぜ」
1P「しかし兵の小出しは何かありそうだ」
2P「奴はともかく、隠し玉もありそうだからな」
ブルー「たしかにな、慎重に行けってことだろう、それも望むところだ」
 
・今度は幹部級の敵が現れる。
ブレンダ「今度は私たちがお相手しましょう」
コマンドー「何を企んでいるかは知らないが、我々も急いでいるんでね、早々に片付けさせてもらおうか」
ブルー「まあ、女に手を挙げるのも俺の性には合わないからな」
ビースト「だったら私たちの出番かもね」
ピンキー「ちょっとてこずりそうだけど、後のこと考えれば」
アタル「たしかに、そうも言っちゃいられねえかな」
 
・そしてボス級の敵が現れる。
ブルー「やはりそんなものか、敵さんの目的が奴を復活させるための時間稼ぎってことだ」
1P「そういうことならばこんなところで手こずっちゃいられないな」
2P「それならまとめてぶっ飛ばす、というわけにもいかないな。こいつらも着実に倒さないと後で厄介だ」
コマンドー「この先に我々の勝利がある。たとえどんな敵が待っていようともだな」
ブルー「そういうことだな、さて、どんな奴が、ていうかどんな姿で現れるか」
サターン「それは現れてからのお楽しみということだ、これで貴様らも終わりだな」
1P「それはそうと、お前さんたちで俺たちが倒せるのか」
サターン「バカにするなよ、こっちもそれなりの秘密兵器を用意しておるわ、ポチっと」
2P「おお、結構面白いオモチャを持ち出してくれたな」
ジパング「我らも全力を尽くさねばならぬ。さあ、愉しもうではないか」
 
・一通りの敵を撃破後、まずデリート首領、プルートが現れる。
ブルー「ようやくお出ましか、プルート」
プルート「よくも今までなめた真似をしてくれたな、バトルサーキットの小僧ども、そしてその他諸々ども」
コマンドー「ずいぶん失礼な呼び方だな」
プルート「今しがた天帝システムのプログラムは起動した、あとはそれのお出ましまでしばし時間があるゆえ、この場はこのワシと付き合ってもらうぞ」
ブルー「そうかい、ならばとっとと片付けてついでにシステムの後始末だ」
 
・続いて犯罪超人首領ジェノサイドも現れる。
コマンドー「ついに現れたな、ジェノサイド」
ジェノサイド「ふふ、コマンドーよ、そしてその他の有象無象共よ、我ある限り悪は滅びぬ。そしてついにはお前たちを滅ぼさん」
ブルー「ずいぶんとなめた言い草だな」
シルバー「うむ、落ち着けブルー。ここはいつも通り、そして全力をもってやるしかない」
ブルー「ああ、分かってるよ」
コマンドー「ここは着実にかかろう。時間がないのはたしかだが、焦っても何もならないからな」
ブルー「了解」
 
・そして数体の存在が現れる。
イングリ「おお、これが天帝とやらか、たしかにそれらしいが」
アタル「そもそも天帝システムってのは、まあ超戦士さんが知っているだろうが、彼らが戦った天帝を再現するシステムってことだ。たしかに“奴”の科学力をもってすれば容易かっただろうが、やはりこれほどとはな」
1P「それでもあいつに比べりゃお遊びだ」
2P「遊びがいがありすぎて少々骨が折れそうだがな」
コマンドー「いずれにしてもこれも着実にかからなければな」
ブルー「俺たちの全力をぶつけてやるぜ」
 
・数体の天帝を倒した後で、ついに真の天帝が現れる。
1P「とうとう現れたか」
2P「間違いねえ、この姿、忘れたくても忘れられねえぜ」
天帝バイオス「我、甦りたり、今再び、この世界を、我が掌に載せるため、まずは、汝らの血と魂を所望せん」
ブルー「やれるもんならやってみやがれ、見事返り討ちにしてやろうじゃねえか」
1P「ああ、やってやる、今度こそお前の心臓の鼓動を止めてみせるぜ」
2P「俺たちの闘士をこめて、すべて焼き尽くしてやるぜ」
コマンドー「そしてすべての災厄を鎮めてやろう。行くぞ!」
「おう!」
 
・プルート撃破
プルート「このワシが、再び破れるとは、だが、このままでは終わらぬぞ」
 
・ジェノサイド撃破
ジェノサイド「光ある処、闇があり、悪もまた然り、そして、我もまた」
コマンドー「うむ、再び甦って来ればまたお相手しよう」
 
・天帝バイオス撃破
1P「とうとうやったな、畜生、まだ震えが止まらねえ」
2P「ああ、そいつは俺も同じだ、これで本当に終わればいいが」
コマンドー「しかしこの先にまだ厄介な敵が待っている」
ブルー「そいつを倒さなきゃいけねえからな、そうだろう、飛竜さんよ」
飛竜「承知」
イングリ「さて皆の衆、ここは胸を張って先に進むぞよ」
 
TO BE CONTINUED

|

« 第9話:コロニー落とし<今更ながらジ・オリジンレビュー> | トップページ | ルパン三世テレビスペシャル『プリズン・オブ・ザ・パスト』、ですか »

ナムカプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第9話:コロニー落とし<今更ながらジ・オリジンレビュー> | トップページ | ルパン三世テレビスペシャル『プリズン・オブ・ザ・パスト』、ですか »