« 今更ながら銀河旋風ブライガー等についてひとまず語る | トップページ | 第6話:ガルマ立つ<今更ながらジ・オリジンレビュー> »

今週の神様48号:たぐり寄せられた糸の巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
かつてのおでん、幼き頃より破天荒な生き方を送り、今もまた友の弔いもまた破天荒。それをやっかむものもあれ、慕う者もまたいたのだ。そんな彼の前に強大な獣が立ちはだかる。はたしてその先に待つものは。
 
<鬼滅の刃>
多くの犠牲を払いながらも、あの無惨が復活し、珠世をはじめ多くの隊士を餌食にしていく。そんな中友の死に涙しながらも最期の力をつかみかねていたのだが。
 
<勉強ができない>
冬の雨の日に真冬とのふれ合い。かつて味わえなかった想いを今になって真冬もまた噛みしめていたのだが。
 
<幽奈さん>
今日は幽奈の誕生日ということで、もともと霊体の彼女を何かと形にせんとしたのだが。しかし初っ端の裏ワザは見事だな。
 
<サムライ8>
今まで培った想いとともにかつての壁だった竜との再びの激闘を制したのもつかの間、ある意味避けては通れない強敵が来襲するというのだが。
 
といったところで、次回は土曜発売ということで。

|

« 今更ながら銀河旋風ブライガー等についてひとまず語る | トップページ | 第6話:ガルマ立つ<今更ながらジ・オリジンレビュー> »

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今更ながら銀河旋風ブライガー等についてひとまず語る | トップページ | 第6話:ガルマ立つ<今更ながらジ・オリジンレビュー> »