« 各誌レビュー19年度9月号(その3) | トップページ | 番外編:誕生日の攻防<キン肉マンレディー・ジ・アニメーション> »

今週の神様43号:転ばぬ先の何かの巻。

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
一方世界会議を経た後で衝撃的なニュースが駆け巡っていた。革命軍サボの戦死したというし、ビビたちアラバスタの異変。そして七武海撤廃の報せとある意味凶報ぞろいで世界中を震撼させたのだが。一方でコビーが少将に昇進、特務部隊に所属しているのはいいけど、あのドレークとも連絡を取っていてしかも彼が隊長なのか。
 
<鬼滅の刃>
遠き日の想いとともに咆哮する黒死牟、その際の一撃で玄弥は致命傷か。そこに義勇の刃がその身を赤く染める。かつての己と縁一の想いが今に連なっており、それが己のみをもって知るのだったか。
 
<勉強ができない>
階段から落ち怪我をした成幸だったが、うるかや先生の助力でようやく会場に。こうして試験も開始されるのだが。
 
<幽奈さん>
コガラシとのデートを楽しもうとした狭霧だったがやはりうまくはいかないが、いざ任務に際してはビシッと決められる。これも彼女なりの日常ということか。
 
<サムライ8>
借金返済のためにとある大会に乗り込んだ八丸たち。その前に竜との手合わせに打ち込むがやはり手も足も出ない、しかし手合わせしていくうちにやっと一本取ったか。ある意味不死身の身が役に立ったか。
 
ということで今回はここまで、また次の月曜日にお会いしましょう。

|

« 各誌レビュー19年度9月号(その3) | トップページ | 番外編:誕生日の攻防<キン肉マンレディー・ジ・アニメーション> »

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 各誌レビュー19年度9月号(その3) | トップページ | 番外編:誕生日の攻防<キン肉マンレディー・ジ・アニメーション> »