« ダマされ両さんの人間模様(平成こち亀5年上半期) | トップページ | ランボー・ラストブラッド、ですか »

呉瑞香<真サムライスピリッツ2特集>

さてみなさん、今回は先の侍魂新作、いわゆる令サムの新キャラのストーリー補完の特集企画として、呉瑞香の真侍にてのシナリオをお送りする運びです。
先の争乱を経てなおも風水の乱れを鎮めんと奔走する彼女も、今回の凶事を鎮め、平穏な暮らしを取り戻すことができるだろうか、といったところで、それでは、ごゆっくり。
 
ベースストーリー
清国随一の風水師、呉瑞香。国中の風水の探査と未だ起きうる凶事への対処のため、多忙の日々を送る彼女だが、今回の凶事は今まで以上のものと出た。
今度こそこの凶事を収め、彼女にとってはやすらぎの日々を迎えるため、その渦の中に乗り込まんとするのであった。
 
オープニング
島原の凶事より時は流れ、今まさに嵐の予感があった。
瑞香「悪しき龍脈、この手で断ち切らせて頂きます」
 
中間デモ
瑞香「悪しき気は次第に高まっていますが、本当に大丈夫でしょうか」
黒子「大丈夫、オーケー、自分を信じてゴーです」
瑞香「たしかにその通りですが、やはりいまいち心配です」
 
最終戦デモ
魔の本拠を前に、高台に立つ瑞香。
瑞香「これほどの気脈の乱れ、数多の霊魂もまた乱れつくしているようです」
2つの聖石が吸い寄せられ、魔の社が現れる。
「ラキキラ無理無理キキッ、ンキキラッ、喰ってやろう!!!!」
瑞香「我が風水の術にかけこの呉瑞香、鎮めさせていただきます」
 
エンディング
高台に立つ瑞香、辺りはすっかり暗雲が消え、清々しい青空のみが広がっていた。
瑞香「これで、このあたりの邪気は消え、元の霊場へと戻りました。そして私のお役目も、ようやく・・・・・」
王虎「んごらぁ、何言うとるんじゃあぁぁ!」
どこからともなく王虎が飛び掛かり、そのまま下へと飛び降りる。
林の中には雲飛が待ち構え、二人を風の渦で受け止める。
瑞香「これは、雲飛さま、またいかような御用でしょうか」
雲飛「大日の陰は鎮まり彼の地の龍脈も保たれた。されど魔の台頭は収まらぬ。これからがそなたらの働きは必要な時ぞ」
王虎「んおぅ、この王虎も及ばずながら、世のため人のため力を尽くす所存ぞぉ!」
瑞香「ええっ、せっかく休めると思いましたのにぃ」
雲飛「そう落ち込むこともないぞ娘子よ、そなたにはいまだ永い人生じゃ、その人生に際し悠々と構える心構えなれば、これからの役目はむしろ安いものぞ」
瑞香「それも、そうですが」
王虎「おおらぁ、休んでる暇はないぞぉ、まずは王城にて報告じゃあ」
瑞香「ちょ、ちょっと、あ~れ~!」
瑞香、王虎に連れられて去っていく。
雲飛「さて、儂も行くとするかのう」
そして雲飛もこの場を去る。

|

« ダマされ両さんの人間模様(平成こち亀5年上半期) | トップページ | ランボー・ラストブラッド、ですか »

サムライスピリッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダマされ両さんの人間模様(平成こち亀5年上半期) | トップページ | ランボー・ラストブラッド、ですか »