« ep23:宿命の二人<今更ながらビルドダイバーズレビュー> | トップページ | シン・ウルトラマン、ですか »

ボンゴ<サムライスピリッツ・天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サム2は、神の戦士タムタムの従者ボンゴのシナリオをお送りいたします。
閃からのオリジナルということで制作したこのボンゴ、この剣サム2にてもタムタムらに負けない実力を発揮してくれることを期待して書いたつもりです。はたして彼の武士道やいかにといったところで、それでは、ごゆっくり。
 
オープニング・ベースストーリー
神の戦士タムタムの従者として彼の手助けをしてきた彼ボンゴも、今回の武闘会の参加をタムタムに勧められ、ひとまずの腕試しをと参加を決めるのだった。しかし相手はタムタムに引けを取らぬつわものばかり。更にはこの機に乗じた魔界の者もひしめいているという。はたしてボンゴは最後まで闘い抜くことはできるであろうか。
 
第1ライバル戦(対チャムチャム)
・仕合前
ボンゴ「うん、チャムチャムも腕を上げていったようだね」
チャムチャム「あっ、ボンゴが勝ち抜いてきたんだ、これは楽しくなりそうだな」
ボンゴ「まあ楽しいはいいけど、お互い真剣にやらなきゃ怪我だけじゃ済まなさそうだからね」
チャムチャム「うん、ボクもがんばって闘うぞ」
・仕合後
ボンゴ「いつもながらすばしっこいけど、こうやって仕合ったらそれが分かってきたなあ」
チャムチャム「うーん、ボンゴも腕上がったようだね、これでボクも一安心かなあ」
ボンゴ「そうかな、でも僕が強くならなきゃいざとなったらタムタムたちにも頼りになれないからね。ボンゴももうちょっと頑張ってみるよ」
チャムチャム「うん、がんばってね、ボンゴ」
 
第2ライバル戦(対タムタム)
・仕合前
ボンゴ「ああ、やはりタムタム勝ち抜いてきた、やはり仕合わなきゃいけないかな」
タムタム「ウム、ぼんご勝チ抜イテキタ、ドレダケ強クナッタカコノ仕合デワカル」
ボンゴ「ここまで来たら、僕も真剣にかからなきゃいけない。タムタムにもはずかしくないようにね」
タムタム「オオ、コレモ頼モシイ、ぼんご、一生懸命闘ウ、たむたむ、ソノ強サ応エル」
・仕合後
ボンゴ「何とか勝っちゃったけど、手加減しちゃったみたいだから本当に強くなれたかな」
タムタム「コレモ修行ナラマズぼんご、強クナッタ。コノ想イ忘レナイ、ドンナ敵モ大丈夫」
ボンゴ「従者といっても僕も戦士の一人、それだったら最後まで闘い抜いてみせるよ」
タムタム「ウム、たむたむラモ武運祈ッテル」
 
中ボス戦(以下4組の中から2組)
・萬三九六編
三九六「おうボウズ、おめえは金目の物は持ってななそうだよなあ、何ならどっかで売り飛ばしてもいいんだぜ」
ボンゴ「そういうあなたも悪者の人、だったらボンゴも見逃せない、ここは全力でやっつけてあげる」
三九六「この俺に喧嘩を売るたあいい度胸だぜ。手足の1、2本へし折られるのは覚悟しな」
 
・黒河内夢路編
夢路「さて貴方はタムタムさんの従者の方、しかし貴方もまたもののふ、その技量測るも悪くありませんね」
ボンゴ「うん、僕も射るしか能がないけれど、あなたの目に適うなら、ボンゴ一生懸命仕合ってみる」
夢路「わずかながらに覇気も感じます。それこそ貴方の闘いの素質、その誇りも確かめさせてもらいます」
 
・ドラコ編
ドラコ「やっと見つけたぜ小僧、そのなめた武器で俺を愚弄した罪、この弾丸を込めて存分に償ってもらおう」
ボンゴ「あなたの弾筋、見切ったわけじゃないけど、そのよこしまな弾、もうボンゴには当たらない」
ドラコ「俺の弾は誰にも避けられん、それはすなわちお前が俺の手で死ぬことには変わりはない」
 
・アスラ編
アスラ「この俺を震わせるお前は何者だ、やはり仮面の者の縁者か、それともこの霊樹の弓なのか」
ボンゴ「うん、このポコロに挑むならボンゴも受けて立たなきゃ、ついでにあなたの怒りも鎮められるかな」
アスラ「俺の怒りはだれにも止められない、それでもかかってくるならば、己が命をかけかかってこい」
 
対歴代ボス戦
ボンゴ「とうとうボンゴもここまで来たな、ここまで来ればタムタムたちの期待に応えるべくやってみる」
・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。
「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」
・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

対強力ボス戦(下記5組から1組を選択)
・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。
 
・闇天草編
天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めたり!!!」
ボンゴ「この人も魔に魅入られし人、かつてタムタムがそうしたように、ボンゴも一度鎮めてみせる
 
・鬼斬紅郎編
斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!」
ボンゴ「その刃すべてを切り裂く、獣も狩るもの選ぶけどあなたは何でも狩る、だからボンゴ、その刃を討つ」
 
・真ゴルバ編
ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!」
ボンゴ「世を騒がす武人、でも魔物に近ければボンゴたち闘って世を鎮めなければならない」
 
・魔界我旺編
我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!」
ボンゴ「空が震えているのはあなたのせい、だったらボンゴが止める、それで哭き声も止めてみせる」
 
・羅将神ミヅキ編
ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!」
ボンゴ「やはりタムタムも敵わなかっただけ手強そう、でもボンゴもなんとか乗り越えてみせる」
 
最終戦(対壊帝ユガ)
「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。
我が名は、壊帝ユガ
今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」
ボンゴ「うん、魔の親玉が相手なら僕も覚悟決めなきゃ、だってボンゴは神の戦士の従者だから」
 
エンディング
故郷に還り、再び平和な日々を送らんとするボンゴのもと、王国のワンバック王子から直々の使いが来る。
「平穏になった世の視察のため、各地を訪問されたし」との要請だった。
村長の務めのため村にとどまるタムタムに代わりチャムチャムがその任につくが、やはり不安なのでボンゴがお目付け役に付くことになる。
「ゆっくりしていけるかと思ったけど、これはこれで楽しいかな」
「うん、ボンゴと一緒だったらやはり楽しいよね」
ということで、チャムチャム、ボンゴの世界漫遊の旅が繰り広げられることになり、
米国、欧州、亜細亜にジパングと、ちょっとの騒動も起こしながら、各地にて人々の笑顔を、そして希望をもたらした。
いつしか世界中の人気者となったチャムチャムの傍らを支えた。従者ボンゴの名もまた世界中にその名を広めたのは語るまでもないだろう。

|

« ep23:宿命の二人<今更ながらビルドダイバーズレビュー> | トップページ | シン・ウルトラマン、ですか »

サムライスピリッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ep23:宿命の二人<今更ながらビルドダイバーズレビュー> | トップページ | シン・ウルトラマン、ですか »