« 今週の神様34号:折れなかった魂の巻 | トップページ | 小説・聖闘士星矢VSセーラームーン(その24) »

ep21:君の想い<今更ながらビルドダイバーズレビュー>

一連のバグ事件の原因としてGBN内で公開されたサラ。全体で騒然となる中、姿を消したサラのことが心配に思うリク、そしてサラもついていくモルに離れるよう言いつけつつ、どこへ行こうとするのか。
それから数日後、サラの居所は依然として知れず、心当たりの問い合わせにも埒もあかず、さらには迎えんとしたマッチングバトルにも出場できずじまいになった。それはある男も容認できるものではなかった。
サラへの思いが募る中、眠れぬ夜を過ごすリクたちも日を改めてサラを探さんと誓うのだが。一方運営側も対策の追われていてこちらも手こずっているがこれも時間の問題か。そんな中マスターが呼び出しを受け、そこには開発者が待ち構え、マスターの真意をただす。その中で開発者はサラを世界の進化の可能性を示す生命体として、一方マスターは単なるバグと見なしている。それらの思惑からのサラの処遇を巡り意見が平行線に至る。つまりは世界を取るか、一つの命を取るか。
一方でコーイチはある用のためダイブしなかった。開発者が発した“想い”の意味を求めるべくとある場所、その場所であのツカサにサラのために一つのことを持ち掛ける。
引き続きリクもサラを探していく中、自分を慕うモルとともに未だ身を隠し続けているサラのもと、キョウヤが姿を現し、彼女の存在意義をあえて問おうとする。
そしてリクのもと赤い機体が襲撃してきた。先の試合を戦い損ねたオーガだった。大方の事情はオーガにも理解しておりその上でのリクとのバトルを仕掛けたのだ。その上リクの実力のすべてがサラによるものとその際の不正をも疑い始めるが。それを本気で信じているかはともかく、リクもまた己の想いを否定されるわけにはいかない。
すべては打倒リクのために力を高めたオーガ。その実力で圧倒するもリクも意を決してトランザムを発動する。対するオーガも発動しあらためて今の真意をただしつつ立ち向かう。ここに互いの力と力がぶつかり合うのだった。
一方でキョウヤもサラを救う道を探りつつひとまずアヴァロンのネストに招くも、マスターもロンメルともに動き出し直ちにサラを引き渡すよう要求する。マスターはともかくロンメルとて世界を守るためあえて苦渋の決断をしたのだ。そしてサラも、それに応えてか自らの身を預けんとする。
そしてリクとオーガ、力尽きたかにみえたリクになおもオーガは立ちはだかり、最後のとどめとばかりにオーガの刃が振り下ろされる。リクのサラを想う心、それに呼応してダブルオーは再び動き出す。そして死力を尽くして最後の力をぶつけあう。
一応の引き分けに終わった勝負の中、キョウヤによって告げられた報せは、サラの拘束と、有志連合の再結成というものだった。これはロンメル、そしてマスターが持ち掛けた最後の譲歩でもある。
この絶望に近い報せにリクの叫びが響く。一方でコーイチがツカサに持ち掛けたのはリアルタイプのブレイクデカールと。とある人型のモデルだった。これが解決のカギということか。

|

« 今週の神様34号:折れなかった魂の巻 | トップページ | 小説・聖闘士星矢VSセーラームーン(その24) »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の神様34号:折れなかった魂の巻 | トップページ | 小説・聖闘士星矢VSセーラームーン(その24) »