« 第二話:生きるということ(その3)<機動戦士ガンダム・クレイドルエンド> | トップページ | ep21:君の想い<今更ながらビルドダイバーズレビュー> »

今週の神様34号:折れなかった魂の巻

さて今週のジャンプレビューは、
 
<ONE PIECE>
反撃に転ずるルフィたちだが、疫災の力で威迫する看守たち、しかしルフィの魂の呼び掛けで捕らわれの侍達の心を魂を呼び戻し、かくして兎丼は落ちるに至ったが。
 
あとワンピリメイクも原作とは違うタッチで、これでいて原作を超えたかもしれない展開で読めたかもしれない。
 
<鬼滅の刃>
不死川と黒死牟、二つの死の力がぶつかり合う。しかし剣の力は敵が勝っていたが、不死川もただではやられない。己の血の力で酔わせて動きを鈍らせた。はたしてここから反撃に転ずることができるというのか。
 
<サムライ8>
八丸たちに立ちはだかるアタ。まさに威迫の力で迫る中、父ちゃんが秘めたる兵器をひっさげて退けんとしたがあまり通じなかった。この危機に話して切り抜けられるのか。
 
<勉強ができない>
冬休みを控えてプール磨きに興ずるうるか、成幸を交えての作業も途中友だちを交えてながらも結構親密にいけたか。
 
<幽奈さん>
またぞろ裸カメラとは結構な男の夢だが、こういうのは己の意思の力も必要だからなあ。
 
というわけでひとまず今週はここまでで。
 

|

« 第二話:生きるということ(その3)<機動戦士ガンダム・クレイドルエンド> | トップページ | ep21:君の想い<今更ながらビルドダイバーズレビュー> »

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第二話:生きるということ(その3)<機動戦士ガンダム・クレイドルエンド> | トップページ | ep21:君の想い<今更ながらビルドダイバーズレビュー> »