« 今週の神様32号:抗う者、阻む者の巻 | トップページ | エピソード18:物質界の逆襲(その35)<namco×CAPCOM・SNK> »

ep20:真実<今更ながらビルドダイバーズレビュー>

先の大会を経て正式にフォースのメンバーとなったナミ。いずれは自分の機体を得るためにリクやコーイチらが協力することになるが、それに伴いナミがある提案をする。
一方運営側では一連の異変についてとある核心に迫ろうとしていた。
きたるマッチングバトルに先立ち、ネストの部屋の模様替えを持ち掛けるナミ。純粋な腕試しの前の気分転換をとアイテム入手のためのミッションに向かうことに。一方でGMはキョウヤに異変の元凶についての調査について対策を施すというのだが。
それをよそに、いろいろとミッションにチャレンジするリクたち。ネストのアクセサリ装備の充実もともかく楽しいひと時を過ごしていくリクたち。
その中でリクもきたるバトルで戦うべき好敵手とのバトルに期待を抱いていた。
そんな中とあるMSが現れ、モモやナミ、そしてサラたち、さらにはエミリアやローズ、先のアスロンに出場した者たちにも配されていた。そのガード機の調査の末、サラに対し異常を検知して捕えんとしたが、彼女から発した光とともに、ガード機が機能を停止し同時に各地で災害が発生する。更には件の鳥が姿を現しガード機を退け各地のバグを抑えたという。そしてその鳥はこのGBNの開発者だと名乗るのだが。
その開発者と名乗る鳥は、とある部屋へと導いていく。その開発者が言うには一連のバグの原因はやはりサラだという。サラはGBNにおいてデータの転送時に余剰データの蓄積から創られた電子の生命体で、ダイバーの想いに呼応して生まれたのだった。それがリクたちとともにいて成長し、それに伴ってバグの発生も呼び起こしたものだった。それが最も影響をしたのがあのデカール事件だった。あれを解決したかと思えば更なる脅威をもたらしたというのか。
このままでは世界のデータの容量オーバーによってGBNそのものが崩壊してしまう。それを防ぐためにはサラを消さなければならない。もちろんリクたちにとってそれは容認できるものではない。そしてサラ自身も自分がどんな存在なのかに疑問を抱いていて、それを伝えられなかった。
そんな彼女を救う術は今のところ見いだせないでいるが、開発者もリクたちに一縷の望みをかけてはいるが。その一方でGMとキョウヤも非情の対策を講じんとしていたのだ。
様々な思惑が流れる中、サラも自分の運命、ひいては世界の命運をについて思いを巡らせんとしていた。そしてリクたちもサラを救う術をつかみかねていた。そんな時にマギーがサラを見かけたとの知らせが。置き手紙を残しサラは一人去っていき、同じくGMもその行方を追っていくことに。はたして彼女はこのまま消えゆくのか。それとも。

|

« 今週の神様32号:抗う者、阻む者の巻 | トップページ | エピソード18:物質界の逆襲(その35)<namco×CAPCOM・SNK> »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今週の神様32号:抗う者、阻む者の巻 | トップページ | エピソード18:物質界の逆襲(その35)<namco×CAPCOM・SNK> »