« おためし紀行・西尾祇園祭2019 | トップページ | 新生くにおくん、ですか2019 »

風間葉月<サムライスピリッツ 天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サムは風間兄妹の末っ子、大地の巫女たる風間葉月のシナリオをお送りいたします。
最近では新侍魂においての兄火月が追加キャラクターに選ばれたこともあり、蒼月とともにいずれは葉月もと期待はしたいものです。
ひとまずこんなところで、それでは、ごゆっくり。
 
オープニング
風間の忍巫女、そして大地の巫女としてこの世の安寧を護る使命を帯びた彼女、風間葉月。
兄火月、蒼月、そして伊賀忍軍との関わりもあれ、自分のなすべき路を見出さんともする中、今回の武道大会とともに大いなる闘いに身を投じなければならないことに不安を感じながらも、葉月もまた手にした玄武、白虎とともに身を投じるのだった。
 
第1ライバル戦(対火月)
・仕合前
葉月「ああ、火月兄さん、やはり此度のお相手というのは」
火月「なんだ、まさかお前と仕合わなきゃいけねえのかあ」
葉月「これも刀の導きかもしれません。本当はお役目を果たすのは少しイヤなのですが。これも運命(さだめ)なれば、行かねばならないのですね」
火月「お、俺もお前とは闘いたくはねえが、あまり派手にやってくれるなよ」
・仕合後
葉月「お互い、手加減したとも思えませんが、大丈夫、兄さん」
火月「ああ、参ったぜ。まさかお前がここまで強くなっているとはなあ」
葉月「これも導きなれば、もう少し頑張れる気もします」
火月「そうだな、だがあまり無理してくれるなよ」
 
第2ライバル戦(対蒼月)
・仕合前
葉月「蒼月兄さんがお相手なら、私も気を引き締めなければいけませんね」
蒼月「ふふ、気を引き締めるだけではわたしとは闘えませんよ、今そなたの目の前にいるのは・・・・・」
葉月「私も、兄さんのお胸を借りるつもりで向かうことにしましょう。それでは、参ります」
蒼月「・・・これもそなたらしい、一度その業を見ることにいたしましょう」
・仕合後
葉月「なんとか一本取ることができました。でもこれが蒼月兄さんの実力なのですか」
蒼月「ふふ、相手の手の内を総て見せるのも愚策、しかしそなたの強さもまた真なりでしたね」
葉月「これも使命ゆえなら、今少し歩んでみます。この剣の、そして大地の導くままに」
蒼月「ふむ、武運を祈っていますよ」
 
中ボス戦(以下4組の中から2組)
・萬三九六編
三九六「こいつは可憐なお嬢さんだぜ、今すぐに売り飛ばしてやってもいいが刃を立てるなら容赦しねえ」
葉月「そう申されてもここから先に赴かなければなりません。この路を阻まないで下さい」
三九六「せっかく俺様が付き合ってやろうというのにつれない返事だぜ。まあ一発でのしたらちったあしおらしくなるよな」
 
・黒河内夢路編
夢路「やはりあなたでしたか葉月さん、この仕合もまたあなたの使命ということならば、私も付き合いましょう」
葉月「あの時より、いえあの時と同じ邪気にまみえても穢れないのですね、そんなあなたと仕合わなければいけません」
夢路「これも巡り合わせゆえならば、ともに後悔なき仕合を楽しむことにいたしましょう」
 
・ドラコ編
ドラコ「やはりこの銃の前に立つかお嬢さん。お前の動きは見切った、もう逃がさないぜ」
葉月「ここで狙われるわけにはいきません、どうしても私の命をご所望ならそれなりに付き合ってあげます」
ドラコ「いい覚悟だ、しかしその覚悟がどこまで持つか、追い詰めて泣き叫ぶ姿もまた楽しみだな
 
・アスラ編
アスラ「お前も巫女の一人、いずれ魔を祓わんとするなら、まずこの俺を祓わんとするつもりか」
葉月「あなたがそう悪しき者とはおもえません、できればあなたの邪気、憎しみを祓わなければいけませんが」
アスラ「それは余計なお世話だ、今お前に阻まれるわけにはいかぬ、ゆえに抗わせてもらおう」
 
対歴代ボス戦
葉月「この辺りの邪気も懐かしくも感じますが、それだけに鎮めなければいけませんね」
・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。
「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」
・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。
 
対強力ボス戦(下記5組から1組を選択)
・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。
 
・闇天草編
天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めたり!!!」
葉月「私の命をご所望ならいくらでも差し上げます、だからこれ以上の憎しみを振りまくのはおやめ下さいまし」
 
・鬼斬紅郎編
斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!」
葉月「かつてあなたを抑えんとして果たせませんでしたが、その誓いは今こそ果たさせて頂きます」
 
・真ゴルバ編
ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!」
葉月「徒な争乱はただ人を不幸にするのみです。そのようなたくらみなら私もただ防がせて頂きます」
 
・魔界我旺編
我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!」
葉月「人は闘わなければいけないものですが、穏やかなる日々をただ乱すものなら止めなければいけません」
 
・羅将神ミヅキ編
ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!」
葉月「あなたも迷える巫女なら、同じ巫女としてあなたのお心を鎮めさせていただきます」
 
最終戦(対壊帝ユガ)
「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。
我が名は、壊帝ユガ
今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」
葉月「これがすべての魔の根源ですか、これで最後なら、私も大地の巫女の名にかけて。あなたと対しましょう」
 
エンディング
月日が流れ、伊賀の里にて葉月は新たな命を産み出さんとしていた。
ややあって、任務を終えた夫たる新たな半蔵が屋外で待ち構え。産声とともに屋外へと入っていった。
「ああ、あなた。今お帰りですか」
「うむ、これが我が子か。拙者や親父に負けぬ強き子になるであろうな」
「早速、名前を決めなければいけませんね」
その時、紙の筒が投げ込まれる。それは一通の文であった。
「我ら忍の路は闇、そして刀は光、闇の中光を頼りに歩むのが忍の路なり。
この子の名を“葉隠”と名付けたり」と。
「おお、この子の名は葉隠か。いずれこの半蔵の名を継ぐものか。いや母の聡明さも忘れぬようにな。我が子よ、強く聡く育つのだ」
万感の思いで半蔵は葉隠を抱き上げる。
そのひと時が永遠に続くようにと願わずにはいられない葉月だった。

|

« おためし紀行・西尾祇園祭2019 | トップページ | 新生くにおくん、ですか2019 »

サムライスピリッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おためし紀行・西尾祇園祭2019 | トップページ | 新生くにおくん、ですか2019 »