« 今秋の神様27号:たまには古傷もなめてみるかの巻 | トップページ | のび太の堕落論:”ダメ”なことは悪いことなのか<本当は怖いドラえもん> »

ep16:再会、友よ<今更ながらビルドダイバーズレビュー>

先のロータス・チャレンジの賞金3000万の使い道をモモを中心にいろいろ考えた結果。まずはサラのためにペットを飼ってあげることに。モルと名付けられたそれが、リクたちダイバーズの新たなるマスコットとなるのは言うまでもないけれど。
しかしまだ使った賞金はわずか。たしかにあれだけの額はよほどのことがない限りいっぺんには使えるものでもないけれど。
そこでモモが目を付けたのはとある南の島。そこを新たなフォースネストを建てんとするのだが、それはもう一つのフォースが売約をしていたのだ。そのオーナーはフォースバトルを持ち掛け、その勝者が島を所有できるという。これもGBNならではだけれど。ここまで来たら受けるしかない。
そのフォース戦の内容は島を舞台にした旗取り合戦。戦闘はともかく機体の性能がモノをいいそうな形式でもあるが。
とりあえずは試合に向けて調整の末、マギーの付き添いで臨んだ試合、オーナーにも一目置かれているリクたちに対するのはなんとアヤメの旧フォースのメンバーたるヒロが率いるシャノワールネオ。こちらもオーナーにも一目置いているとか。
事件のこともあるが早々引きずってはいなく、再会の喜びもそこそこに、特にアヤメ自身も彼らと戦わなければならないこともあり複雑な気分になるのだが。
ヒロのメンバーはいずれの子粒ぞろい、まあダイバーがそう統一されているのもあるけれど、ちなみにコージーたちがヒロの付き添いとなっているがか。ともかくもそのメンバーでリクたちと対するのだ。
そのヒロ達が擁する機体はいずれもSD系ぞろいこれも小粒ぞろいか、それでも侮れないところもるが。
いずれアヤメもまたあらためて、そしてリクたちも彼らとの勝負に臨むのだった。
まず各自配置に付きヒロたちを迎え討つ。まずはリクの攻勢をかいくぐり敵が突出。更にはユッキーの砲撃も交わし果敢に攻めてくる。
アヤメもヒロと対峙することになる、お互いの強さを確かめ合うがやはり真剣勝負。こちらも一進一退の攻防が、しかしその真剣さに関してはアヤメが上手、というか敵がお子ちゃまっぽいのがマイナスになったか。とはいえそちらも着実にかかりついにはフラッグが割り出されてしまった。
リクの方も割り出したが、こちらも復帰したヒロたちが待ち構え押し返される。
一方でモモはやられっぱなしでいまいち活躍ができない。
しかし観戦しているオーナーが一番楽し気だろうが、これもある意味やり手なのだろう。
こうして戦況は膠着になりつつあるが、やがてヒロたちが懐に迫っていく。そこでヒロたちはなんと巨大MSに合体し一気に勝負を決めんとする、まず一撃目はダブルオーが受け止めるも二撃目でコーイチたちが押し返される。まさに鉄壁の守りと無敵の砲撃、絶対的不利の中、アヤメが、そしてリクとモモが、まさに体を張ってヒロたちを撃破、ついには飛ばされたはずみで、復帰しリクたちを迎撃したヒロたちの隙をつきモモがフラッグを奪取してしまい、勝負はあっけなく決まった。
こうして島はリクたちのものとなり、あと試合が済んでヒロたちと同盟を結び、ここにまた新たな仲間ができたそうな。

|

« 今秋の神様27号:たまには古傷もなめてみるかの巻 | トップページ | のび太の堕落論:”ダメ”なことは悪いことなのか<本当は怖いドラえもん> »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今秋の神様27号:たまには古傷もなめてみるかの巻 | トップページ | のび太の堕落論:”ダメ”なことは悪いことなのか<本当は怖いドラえもん> »