« 今秋の神様29号:つないだ想いの巻 | トップページ | KOFヒドゥンストーリーMI:デュオロン編 »

ep17:共同戦線<今更ながらビルドダイバーズレビュー>

今までの活躍の末にようやく新たなるフォースネストを手に入れたリクたち。すべてはこれまでの成長の賜物と感嘆する反面自分の伸び悩みを気にしているユッキーだったが。
ベースにて物思いにふけるうちナナミに話しかけられて、ひとまずネストに誘いを入れるユッキー。その一方でマギーにも相談して勧められたのはミラーミッション。地味なミッションながらキョウヤたち実力者もそれを経て成長したものだった。意を決しミッション参加を決意するユッキーだが、もう一人参加を表明する者がいた。オーガの弟ドージだった。軽く悶着しかけたところ、サラのペットのモルがエントリーしてしまった。
成り行きミッションを始めんとするユッキーたち。あらためてさらに強くなるわけを聞かれつつ、ドージやモルに促され先に進む。しかし先に目を通した説明がゼータOPの詞になっているのか。あと前々から気になったユッキーたちを遠目で見やる謎の鳥はいったい。
まず春のステージでモンスターとのバトル。数に任せての攻勢に対しユッキーのジムの砲撃と合わせてドージは突撃での肉弾戦。あとサラはちっちゃな魔物とのお遊びだが。ともかくなんとか退けたがここで息が上がってもいられない。
続いて夏のステージ。なぜかオーガンダムの千本ノック勝負。はじめビビっているがやはりここはGBN、それなりに対して何とか切り抜けられた。しかしここでもサラは順応しているな。
さらには秋の知恵の輪勝負や冬のアスレチック地獄と、たしかにガンプラバトルと一見関係なさそうだけれど、やはりそれ以上の何かが意図しているものだろう。
最終フェイズを前に一休みのユッキーたち。この場を借りてそれぞれ強くなる理由を語る。いきさつは違えどユッキーはリクを、ドージはオーガの背を追うことになる。ことにドージはあの事件以来純粋な強さを求めるためにこのミッションに参加したのだ。その想いはちゃんとサラにも通たうえで二人を励ますのだった。ここに改めて小さな友情が芽生えたということか。
その上で互いの戦闘スタイルをあえて闘おうとするが、なぜかサラは浮かない顔なのだが。
こうして迎えた最終フェイズ対戦相手は漆黒のMS、なんと自分たちと同じ機体。これこそがミラーミッションの真の姿、つまりは己と向き合うための鏡ということか。そのせいか先の誓いとは裏腹になれない戦い方でかえってピンチに陥ってしまう。
それを心配そうに見守るサラのもと、なんと黒い衣のサラが現れる。その一方でユッキーたちはようやく己の戦い方。つまりは今までの自分に苦戦していると気が付くのだったが。
そのもう一人のサラが問い掛けるや姿を消し、それに合わせてか敵のシムとキラーガも光と化してサラに襲い掛かる。それを身を挺して護るドージとユッキー。ここにきて己のスタイルを取り戻し、ようやく今までのミッションの意味を思い起こす。そして己と向き合って後に己の義量も上がっていること。これこそがミラーミッションの目的だったのだ。
こうして技量が上がった上で敵を撃破してミッションをクリアし、あらためて自分たちのスタイルで戦い抜くことを誓う二人だった。
しかしサラのもとに件の鳥が一瞬姿を現し、サラに何やらを伝えんとしたのかそのまま飛び去っていく。
こうして帰還したユッキーたち。迎えるリクたちもドージの同行を気にしつつも、頭を下げつつ改めてリクたちと堂々対することを誓うドージだった。

|

« 今秋の神様29号:つないだ想いの巻 | トップページ | KOFヒドゥンストーリーMI:デュオロン編 »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今秋の神様29号:つないだ想いの巻 | トップページ | KOFヒドゥンストーリーMI:デュオロン編 »