« 今秋の神様26号:悪夢のランデブーの巻 | トップページ | 小説・聖闘士星矢VSセーラームーン(その22) »

ep15:ロータス・チャレンジ<今更ながらビルドダイバーズレビュー>

出撃するキョウヤたちのフォース。その一員が突出したのを皮切りに攻勢にかけるキョウヤだが、いかにも物々しい陣容と物量、そして鉄壁の守りでさしものキョウヤも攻めあぐねる結果となった。
彼らですら苦戦するそのミッション、ロータス・チャレンジは、その難攻不落さゆえキョウヤやロンメルら実力者のフォースですら今まで歯が立たずじまいで、いつしかそれを攻略することが彼らの目標となっていた。
その噂はリクたちの元にももたらされ、その難易度はともかく攻略時の賞金でまずはモモたちが浮ついているのか。しかし若い人には分からないキャラも知ってるなユッキー。
ともかくもその進攻方法から攻略法を探ってみれば誰もがしり込みせんとするも、アヤメの一言でまずは挑戦してみることに、それはリクのダブルオースカイ、そしてアヤメの新たな零丸の性能を試す機会でもあった。
そうと決まればその攻略への備え、戦術を練るのはともかくモデルの調整と強化、そしてリク自身の心身を鍛えること、それらは先に教えられたことが影響していたのはのべるまでもなかった。
そしてリクたちの挑戦はマギーやキョウヤたち実力者も知るところとなり、誰もが期待することになるのだが。
こうしてリクたちビルドダイバーズのロータス攻略の火ぶたが切られる運びとなった。
まず大気圏への上昇から要塞へ向かうのはリク、ユッキー、そしてアヤメの3人が主力となる。特にリクのダブルオーにはサラが同乗する。
その発進に際してはキョウヤと同じくジブラルタルのマスドライバーから発ち、戦地へと向かう。大方の予想を超えた速さで、要塞へと到達したリクたち。
続いて防衛網はユッキーの着実な砲撃で退けていく。
そして主力のロータスと対峙するリクとアヤメ。流石に要塞を擁するだけあって本隊も流石に手強い。
そこでアヤメもオプションと合体し零丸の真の姿を見せる。これは先のものと同じだが、こちらの方が正統の形となっているか。その秘められた力、カプセル忍術をもって1体は撃破したが、もう1体の襲撃を受けるも、そちらは突出したモモたちのシャトルとユッキーの突出で何とか撃破した。
そしてリクのダブルオーとロータスの激闘は続いている。そのロータスの攻勢をかわすもまだ要塞の攻撃が待ち構えていた。しかし主砲の砲撃を交わしてまずは撃破、続いてありったけの砲撃で要塞のコアをあらわにする、しかしダブルオーも限界に近付きつつある。要塞そのものが超巨大なMAでもありその戦闘力も未だ強大だが、リクの想いと強い意志をダブルオーの足に込めて放った蹴りで要塞を貫いた。しかしそれでもコアユニットは破壊できず大気圏に突入していく。
しかしリクたちも最後まであきらめない。リクのダブルオースカイ、それはディティニーの光の翼とダブルオーのトランザムを融合したまさに無限の力を秘めていた。
そしてダブルオーの一閃がコアを貫き、見事チャレンジをクリアしたのだった。
喜びに沸くネット内、誰しもダイバーズのチームワークの勝利と、何よりリクの成長をたたえずにはいられなかった。
そしてリクたちも新たなる闘いの場へと歩みを進めるのだった。

|

« 今秋の神様26号:悪夢のランデブーの巻 | トップページ | 小説・聖闘士星矢VSセーラームーン(その22) »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今秋の神様26号:悪夢のランデブーの巻 | トップページ | 小説・聖闘士星矢VSセーラームーン(その22) »