« 女心としずかの空:番外編 ドラえもんの恋心<本当は怖いドラえもん> | トップページ | 各誌レビュー19年度4月号(その2) »

新生サムライスピリッツ、ですか(その3)

さてみなさん、今回も先週に引き続きサムライスピリッツ新作の紹介をお送りしたく思います。
時代設定が初代の前日譚みたいなお話だろうというのは誰しも推して図れることながら、残りの新キャラをひとまず紹介したい、と言いたいけれど、まあはっきりと言えば今後のストーリーにダガー姐さんを含めて組み込めるかという点に尽きるけれど、編者としてもいろいろ補完記事をお送りしたけれどやはり今後の盛り上がり次第といったところか。
ともかくもその新キャラについて、二人目は中華の風水娘、呉瑞香(ウー・レイシャン)風水版を手に風水術を駆使して戦う魔法少女タイプといったところでいろいろとツボをつかんだ作風となっているからこれだけでも期待できる人もいることだろう。あと実力が伴えばといたっところで。
そして今一人、鞍馬夜叉丸、烏天狗の出で立ちの義賊といったところで、陰謀により没落した武家の出で、幕府を憎んでいるという点で幻十郎とは違う意味で影を背負っているのかなといった感もある。大方の予想ながら彼を中心に今回のストーリーが運ぶだろうと思うし、はたして彼の行く末は大義か復讐かといったところか。
あと幾人かダウンロードキャラとして登場が予定されることだろうからこれらを含めて楽しみに待ちたいと思う。

|

« 女心としずかの空:番外編 ドラえもんの恋心<本当は怖いドラえもん> | トップページ | 各誌レビュー19年度4月号(その2) »

サムライスピリッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女心としずかの空:番外編 ドラえもんの恋心<本当は怖いドラえもん> | トップページ | 各誌レビュー19年度4月号(その2) »