« 今週の神様14号:欠けたる欠片の巻 | トップページ | 小説・聖闘士星矢VSセーラームーン(その19) »

ep04:霊山の虎狼<今更ながらビルドダイバーズレビュー>

本格的に参加せんといざ自らの機体を選ばんとするも、迷ってしまいらちが明かないモモカ。そこでナナミがモデルのレンタルを勧め、さしあたり選んだ機体はカプル。さしあたりそのモデルに決めたモモカなのだが。

一方で先のキョウヤの闘いぶりに感銘を受けたリクも、強くなるべくマギーにミッションを探してくれるように依頼する。マギーもリクの先走りをなだめつつそれに応える。

その上でマギーが提示したミッションに乗り込まんとし、正式にダイバーとなったモモカことモモを交えてそこに向かうのだった。そしてそれを監視する者がもう一人。

モモのカプルを交え、ミッションの地に向かうリクたち。原作準拠で飛べないカプルだがこれも今後の課題か。

ともかくアジアンサーバーのエスタニアエリアへ向かったリク、名前通りアジア情緒たっぷりのそこの奥地の岩山にて、はじめ守衛の誰何を受けるもマギーの紹介を告げようやく受け入れられる。

フォースの人員が日夜修行に励む虎武龍の本拠、マンダラガンダムが鎮座する寺院に座しているケモノ頭の男、彼こそがフォースの頭タイガーウルフだった。早速強くなる術を教わろうとするも冷淡に対するタイガ。何とかモモとサラが説き伏せてようやく修行にこぎつけられる。とはいえ仮想現実の世界においての修行が何の役に立つのだろうと疑問を呈するが、それにタイガもこの世界になじむようにと諭し、リクたちもようやく理解でき、己の技術を磨かんとする。

こうして身も心も成長したリクたちは、ウルフに試練を課される。それは1機のMSを生身つまりダイバーのみで対するものだった。躊躇はしたものの覚悟を促され踏ん切りをつける。どことなく頼りなさげな二人だったが、今までの修行の成果を思い起こし、ひとまず勝つことができた。

また一つ強くなったと思いきや、なんと道場破りが現れた。相手はテキーラガンダムをベースにした改造機を駆るデスペラードのダニエル。そこ強そうだがタイガの言からかなりの実力者だとか。ダニエルが放った棺桶のミサイルからモモたちを護らんとタイガがやられ残るはリクたちだった。その圧倒的な実力に圧されるも、今までの修行の成果、そして己の信念と誇りにかけ、ダニエルの攻撃をかいくぐり攻勢をかけていく。だが結局押し返されてしまったがそこに現れたのはタイガの機体、シェンロンをベースにしたその機体でダニエルを撃破していく。

タイガの闘いぶりに感嘆するリク。力をためれば自分自身の業を身に付けることができると諭すタイガにあらためて強さと技術を磨くことを誓うリクだった。そしてその様をマギーも見守っていた。しかし謎の人影と一人の少女もまた。

|

« 今週の神様14号:欠けたる欠片の巻 | トップページ | 小説・聖闘士星矢VSセーラームーン(その19) »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ep04:霊山の虎狼<今更ながらビルドダイバーズレビュー>:

« 今週の神様14号:欠けたる欠片の巻 | トップページ | 小説・聖闘士星矢VSセーラームーン(その19) »