« #24:その時、古くから相棒が言った<今更ながらルパンレビュー2018> | トップページ | 2月のおしらせ »

KOFヒドゥンストーリー:千堂つぐみ編MI

さてみなさん、今回のヒドゥンストーリーは、餓狼WILD AMBITIONの少女レスラー、千堂つぐみのMIでのシナリオをお送りいたします。

今ではKOFのラモンがそのスタイルを継承している感もあるけれど、彼女もまた多彩なレスリング業で闘いの場を盛り上げてくれるでしょう。

はたしてその帰結やいかにといったところで、それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

最強のプロレスラー、ビッグベアの愛弟子として、今や最強の女子レスラーとも目される彼女。

今回オフを利用し、サウスタウンに遊びに行ったところ、ご多分に漏れず争乱に巻き込まれてしまう。

それでもいつものノリで立ち向かう彼女だったのだが。

 

第5回戦(対チェ・リム)

・仕合前

つぐみ「お次はリムちゃんやね、修行の成果、今から楽しみやね」

チェ・リム「おうよ、どれだけ強くなったかあたしも楽しみだぜ」

つぐみ「この仕合も小手調べやけど、リムちゃん相手やから全力でいこか」

チェ・リム「ああ、あたしもいつでも気合い十分だ、どっからでもかかってきな」

・仕合後

つぐみ「さっすがリムちゃんやね、今度ばかりはうちも吹っ飛ばされそうやったわ」

チェ・リム「あたしもまだ闘えるけどな、ここは一本預けとくか」

つぐみ「ほんとは不安やったけど、リムちゃんと仕合うて吹っ切れたわ、ほんじゃ行ってくるわ」

チェ・リム「おう、ここはきっちり勝ってこいよ」

 

第8回戦(対ルイーゼ)

・仕合前

つぐみ「見た目できそうなお姉ちゃんやなあ、うちは見た目通りやけど」

ルイーゼ「でもそれだけがあなたの総てではないはず、あえて聞くけど、ここから先、あなたは闘い抜く覚悟はあるというの」

つぐみ「こうあらためて聞かれれば、うちも気い引き締めなあかんなあ」

ルイーゼ「たしかに闘志については本物ね、でもここで私に敗けた方が、あなたの身のためよ」

・仕合後

つぐみ「ちょっと息上がったわ、この流れるような動きはうちもしてやられたわな」

ルイーゼ「私も、ただの体術と侮ったわ。こうなったら致し方ないわ。これからの仕合、絶対に負けないで」

つぐみ「そういうことなら任しとき、ってもう行ったんかいな」

 

第9回戦(対デューク)

・仕合前

屋敷の扉の前に立つつぐみ

つぐみ「ごっつう大きな扉の向こう、どんなごっつい相手が待っていることやら、楽しみになってきたなあ」

扉が開き、デュークが現れる。

デューク「ふふ、“奴”に挑まんとするのは貴様か、ほうこの構えは、よもや俺と力比べをするつもりか」

つぐみ「せやな、まともにぶつかって勝てるほど甘くないのは分かっとるからね。でも堂々かからなきゃあんたに失礼やな」

デューク「ほう、その心意気は買いたいものだな、しかしここで身を引いても多少は長く生き延びることはできるだろう。ともかくかかってくるがいい」

・仕合後

つぐみ「結構いい仕合やったよ、でもこんなんで疲れちゃいられんなあ」

デューク「俺も少しは遊びすぎたな。だがここは潔く退くとしよう。ここから先、お前がどれだけ闘えるか。、見届けるのも悪くはない」

デューク、去っていく。

つぐみ「これからが本番ってところやね、ここまでくれば後は突き進むのみや」

 

最終戦(対ジヴァートマ)

・仕合前

中央広間にたどり着いたつぐみ

つぐみ「なんかけったいな所についたみたいやなあ。ここがメインイベントの舞台かいな」

「その通り、ここが最後の舞台。そして君の闘いもここで終わる」

柱の間から長身の男が現れる。

つぐみ「むう、これまたけったいな奴かいな、あんた一体何者や」

「ああ、君の対戦相手であると同時に、今大会の主催者でもある、クシエルを統べる闇の爪、ジヴァートマと見知りおいて頂こう」

つぐみ「クシエル、ねえ、そういやメフィストフェレスってのが先に暴れ回ってたけど、それと関係あるの」

ジヴァートマ「この星の闇を支配する、秘密結社“アデス”その“アデス”が持つ無数のペルソナの一つと思って貰いたい」

つぐみ「今一つ分からんけど要は同じってことかいな、それであんたの目的ってのは一体何なの」

ジヴァートマ「強靭な肉体を持つ格闘家を集めるため、と言っておこう。無論、君が魅力的な女性だからといって、その例外ではない。さあ、その肉体を“我々”に委ねたまえ」

つぐみ「結局あんたに協力せいっつうことやろ、生憎うちはおいそれと言うこと聞くたちやないで、とっととかかってきいや」

・仕合後

ジヴァートマ「・・・流石だな、まさか、この星の人間に敗れるとは、思わなかったよ・・・・・」

つぐみ「ちょっとてこずったけどな、あんたもしかして宇宙人さん。勝ったけど手放しで喜べないなあ」

ジヴァートマ「フッ、いずれ君もその事実に恐怖することになるだろう、“我々”は、不滅なのだよ・・・・・」

と言って姿を消すジヴァートマ。

つぐみ「消えちゃった、ますます勝った気がせえへんなあ」

その後屋敷が音を立てて崩れ始める。

つぐみ「うわっ、早くここを離れなきゃ」

 

エンディング

なんとか屋敷から抜け出せたつぐみ。

つぐみ「また面倒な人が現れたなあ、あれボス、こんなところに」

ベア「おおつぐみ、どうやらうまくいったようだな」

つぐみ「でもまた大変なことが起こるようやしね、その対策も考えなきゃいけないし」

ベア「そいつはすでに考えてるのもいるだろう、俺たちがやれるのは強くなるためトレーニングだ。でもその前にだな」

つぐみ「せやなあ、丁度お腹減ってきたところやしね」

ベア「それじゃあ、優勝パーティーをかねて早速腹ごしらえだ」

と、二人はこの場を離れていく。

 

(スタッフロールへ)

|

« #24:その時、古くから相棒が言った<今更ながらルパンレビュー2018> | トップページ | 2月のおしらせ »

KOF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KOFヒドゥンストーリー:千堂つぐみ編MI:

« #24:その時、古くから相棒が言った<今更ながらルパンレビュー2018> | トップページ | 2月のおしらせ »