« ONE PIECEオリジナル小説 続・万事屋始末記(ひとまず前編) | トップページ | のび太のおとぎ話:桃太郎<本当は怖いドラえもん> »

#22:時代遅れの大泥棒<今更ながらルパンレビュー2018>

まずシェイクハンズ社の社長エンゾが軽いトークでの新たなサービスを公表する。そこには銭形の姿が。それに気づいてか銭形をケースにそのサービスの全貌を説明するエンゾ。対して銭形もそれに懐疑を示すも、そのヒトログは実用化されるに至るのだが。

後にルパンがお宝を狙いとある美術館に忍び込むも、とある男女の痴話ゲンカと出くわす。何も不倫現場を暴いたのが先のヒトログによるものだった。そういえば忍び込む際自分たちもそれを使用されては分が悪いと思ってか一旦は身を引くことに。

ひとまず気を取り直すべくランチタイムと洒落込まんとするも偶然携帯に顔が写され、ヒトログによって追われる羽目になる。

その後下水道に逃げ込むも抜け出した先にも民衆の待ち伏せが、先のニクスほどではないがかなりの確率で行動が読まれているな。

その後遠隔操作で車を呼んで逃走。ここでも行動が読まれていくもひとまずは振り切ったが。

逃げ延びた一軒家にも今度は殺し屋の待ち伏せが。この絶対的な包囲はあたかもSHエンゾのまさに掌の上で踊るということか。

取りあえず隠棲を決め込む五エ門にルパンたちも誘われるも軽く謝絶し、いつもの隠れ家に戻ろうとするも、そこでもあのヒトログの端末が。一方でアミ、不二子のことをヒトログで調べるも、ネズミの残党もアクセスしてきた。そしてジルベルスタインらルパンに恨みを持つ者たちもまた。

やがてヒトログのニュースが取りざたされ、人々の好評の中、アミからの連絡が入る。対してルパンも今回の事態を受け彼女の助力を求め、アミも少しうれしそう。

しかし隠れ家の前にも民衆の包囲が、たしかにルパンもひとかどの犯罪者なのだが。そこに変装したルパンが現れるがやはりその変装も見破られたか。これもまたヒトログの威力とひとまず勝ち誇るエンゾ。すかさずルパンも女主人を人質にとるふりをして脱出を図るルパン。彼女に詫びを入れつつ再び逃走行に。

変わってフランス政府、そこでベルナールがパダールのヒトログ導入について今や国家運営について大きくかかわっていると報告する。それを情報統制を通じての革命と締めくくって。その事態に対しはたしてドルマも関わっているのかと述べておいて。

それから隠棲の五エ門、通りすがりの女学生に声をかけられる際、そこでも携帯のヒトログが反応する。その際ルパンの手下とのくだりに動揺を隠せない様子だが。

そして逃走中のルパンに銭形が待ち構えていたが。そこで不二子が捕まったとの知らせが。というか自分からその身一つで乗り込んだようだが。

ルパンたちを時代遅れの大泥棒と称し勝ち誇るエンゾ、その言葉の意味するものは。いずれにしても果たしてある意味最大の危機にルパンはどう動くのか。

|

« ONE PIECEオリジナル小説 続・万事屋始末記(ひとまず前編) | トップページ | のび太のおとぎ話:桃太郎<本当は怖いドラえもん> »

ルパン三世」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: #22:時代遅れの大泥棒<今更ながらルパンレビュー2018>:

« ONE PIECEオリジナル小説 続・万事屋始末記(ひとまず前編) | トップページ | のび太のおとぎ話:桃太郎<本当は怖いドラえもん> »