« 新・忍者の科学:ドラえもんの場合<本当は怖いドラえもん> | トップページ | 各誌レビュー18年度9月号(その4) »

プレステクラシック、ですか他

さてみなさん、先日の情報から今度はプレイステーションのソフト集積ハードたるプレイステーションクラシックが今冬発売する運びとなりました。

昨今のメモリ関連の発展を受けて、一本約半ギガのソフトがなんと20本も入ってこれが1万円前後のお値段。ソフトの内容にもよりますが、往年のゲームファンの方にとってそして今のゲームユーザーの方にとってもこれは買って遊ぶ価値もあることでしょう。

ゲーム機競争についての映像作品から引用しながらも、こうなったらPCエンジンやメガドライブの集積ハードも発売してくれればとひとまずは期待したいですね。

 

さてもう一つ挙げたいのが、なんとARCADE 1UPなるゲーム機。これは往年のゲーム筐体を小型化し、お部屋のインテリアを目指したような代物でまず海外で売り出し中とのこと。これもネオジオミニの発売もありひとまず好みが分かれるところですが、まあご興味があれば、といったところでしょうか。

|

« 新・忍者の科学:ドラえもんの場合<本当は怖いドラえもん> | トップページ | 各誌レビュー18年度9月号(その4) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プレステクラシック、ですか他:

« 新・忍者の科学:ドラえもんの場合<本当は怖いドラえもん> | トップページ | 各誌レビュー18年度9月号(その4) »