« KOFアナザーストーリー・MOW枠:女探偵の気苦労編 | トップページ | 今週の神様27号:一線を越えた者の狂気(つよみ)の巻 »

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):18年度6月号

さてみなさん、今月のストロングワーズもまた、ビッグマム編において決戦に臨む男たちの強き意思をお送りできればと思っております。それでは、ごゆっくり。

 

 

・絆の言葉

 

「あいつらに・・・!!

 

おれは信じられてる!!!(ルフィ・サンジ)」

 

第891話:信じられてる

 

ついに対マム用のウェディングケーキを完成させたサンジ、一方苦戦しつつ徐々にカタクリを押し返しているルフィ、いまだ絶望的な不利が続く中、お互いの勝利と成功を信じて、迷いなく発した言葉がこれであった。

 

・戦う言葉

「海賊の言葉に卑怯なんて言葉はねェ

・・・ハア、避けきれなかった俺が悪い・・・・!!(ルフィ)」

第893話:C家36女フランペ

ルフィとカタクリとの激闘が続く中、突然ルフィが体勢を崩しカタクリの攻撃をモロに受けてしまう。妹フランペの毒針の攻撃を受けてしまったのだ。兄を想うが故の卑劣さに怒り、自らに課した罰のごとくに己の腹を刺し、戦いを再開するカタクリにルフィもまた己の闘志を失わずに自らを律するがごとく言葉を返し、カタクリに対するのだった。

 

・絆の言葉

「今更うろたえるな!!

生まれた場所が違うんだ、死ぬ時くらいお前たち・・・

一緒にいようぜ(カポネ・ヘッジ)」

第896話:最後のお願い

島までの道のり、マムをおびき出すためにケーキを運ぶカポネ一党。

誰もが弱音を吐こうとするもカポネが叱咤しつつも引っ張っていく。

非情の男も死地を前に肚を決めたのか、仲間を想う言葉を発する。相変わらずの強引かつ自分勝手だが、これもカポネの心境の変化だというのか。

|

« KOFアナザーストーリー・MOW枠:女探偵の気苦労編 | トップページ | 今週の神様27号:一線を越えた者の狂気(つよみ)の巻 »

ONE PIECE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月刊ストロングワーズ新世界編(創作):18年度6月号:

« KOFアナザーストーリー・MOW枠:女探偵の気苦労編 | トップページ | 今週の神様27号:一線を越えた者の狂気(つよみ)の巻 »