« 第16話:ルパンの休日<今更ながらルパンレビュー2015> | トップページ | ネオジオミニ、ですか »

KOFヒドゥンストーリー:ビッグベア編MI

さて皆さん、今回のKOFヒドゥンストーリーは、餓狼2よりビッグベアのMIにてのシナリオをお送りいたします。

かつては悪役レスラーライデンとして猛威を振るった彼も、今や世界が認める人気レスラーとして活躍する彼がこの争乱をいかに闘い抜くか、ひとまずの期待を込めて、それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

今や世界有数のレスラーと謳われたビッグベア。

最近は後進の指導をはじめ多忙な日々を送る彼も、ここ最近のサウスタウンの争乱を耳にして、あまたのライバルとの仕合を期待しつつ、今度はどのような黒幕が出てくるかと、期待を胸いっぱい腹いっぱいに乗り込んでいくのだが。

 

第4回戦(対キム)

・仕合前

ベア「おおキムさんか、やはりあんたと仕合わなくちゃ面白くねえからな」

キム「そういうベアさんも腕を上げたみたいですね、これも楽しみなことです」

ベア「まったくだ、最近はキムさんにあやかって若い奴の体と心を鍛えるのにも楽しみにしているからな」

キム「そうですね、それでもやはり、お互いの強さを確かめるべく手合わせするのも悪くはないですね」

ベア「ああ、まったくだ、それじゃあいこうか」

・仕合後

ベア「まあこんなもんだな、手を抜かなかったわけじゃねえが、これならウォーミングアップか」

キム「ここ大一番で腕と脚をふるいたかったのですが、ここはベアさんに譲ることにして、わたしは今一度修行のやり直しと行きましょう」

ベア「それなら今度仕合う時が楽しみだな、まあ俺のほうも期待してくれよな」

キム「そうですね、頑張ってください」

 

第8回戦(対ルイーゼ)

ベア「これまたきれいなお姉ちゃんだな、しかし女といえどて加減はできねえな、ことにあんたのような御仁にはな」

ルイーゼ「たしかに油断はできないのは事実だけれど。でもここから先、あなたは闘い抜く覚悟はあるというの」

ベア「おう、俺に勝つ気でいるのか、まあそれくらいなきゃ俺も闘いがいがないからな」

ルイーゼ「やはり誇れるだけの実力はあるのね、でもここで私に敗けた方が、あなたの身のためよ」

・仕合後

ベア「ちょっとてこずったがこんなところか、しかしあんたも手ごたえがあったぜ」

ルイーゼ「まだまだ実力は出し切ってないようだけれどいないようだけれど、こうなってしまっては致し方ないわ。これからの闘い、絶対に負けないで」

ベア「そいつはお安い御用だ、ってせわしねえお姉ちゃんだな」

 

第9回戦(対デューク)

・仕合前

屋敷の扉の前に立つベア。

ベア「こういう大仰な扉には、何かが出そうだな。いるんだったら姿を現しな」

扉が開き、デュークが現れる。

デューク「ふふ、“奴”に挑まんとするのは貴様か、たかがレスラーごときとも思ったが、やはりお前も格闘家だったか」

ベア「まあそういうこったな、俺もリングや実戦で腕を磨いたつもりだ、ゆえにお前にも遅れは取れねえからな」

デューク「たしかに誇れるだけに実力もあるようだ。しかしここで身を引いても多少は長くは生き延びることはできるだろう」

ベア「それはお前を倒してから考えるとしようか」

・仕合後

ベア「ちったあ手ごたえがあったようだな。いい仕合だったぜ」

デューク「たしかに貴様の実力を侮っていた。とはいえ俺もこのままで終わるわけにはいかぬがな」

ベア「ああ、リターンマッチならいつでも受けてやるぜ」

デューク「ふふ、ひとまずはさらばだ、真のレスラーよ」

デューク、去っていく。

 

最終戦(対ジヴァートマ)

・仕合前

中央広間にたどり着いたベア。

ベア「おあつらえ向きなリングってところだな、さあて俺のお相手はどこだ」

「お望み通り推して参ろう、ここが最後の舞台、そして君の闘いもここで終わる・・・・・」

柱の間から、長身の男が現れる。

ベア「ほう、お前さんは主催者さんってところか、たしかにできそうだな」

ジヴァートマ「君の対戦相手であると同時に、本大会の主催者でもある。“クシエル”を統べる闇の爪、ジヴァートマと見知りおいていただこうか」

ベア「そういや先のデュークって奴のメフィストフェレスも関係ありってところだな」

ジヴァートマ「この星の闇を支配する、秘密結社“アデス”。その“アデス”が持つ無数のペルソナの一つと思ってもらいたい」

ベア「なるほどな、あと闘う前にお前さんの目的ってやつもあらかじめ聞いてみようか」

ジヴァートマ「強靭な肉体を持つ格闘家を集めるため、と言っておこう。さあ、その肉体を“我々”に委ねたまえ」

ベア「言っておくが俺の体はあんたにゃ扱いにくいぜ、まあじきに分かるだろうがな」

・仕合後

ジヴァートマ「・・・流石だな、まさか、この星の人間に敗れるとは、思わなかったよ・・・・・」

ベア「これが人間さまの底力ってやつだ、そう理解してもらおうとは思わねえがな」

ジヴァートマ「フッ、いずれ君もその事実に恐怖することになるだろう、“我々”は、不滅なのだよ・・・・・」

と言って姿を消すジヴァートマ。

ベア「とはいえあいつも本気じゃなかったな、まあ俺もそうだが」

その直後屋敷が音を立てて崩れ始める。

ベア「さて俺も、しっぽを巻いて退散だな」

 

エンディング

なんとか屋敷から抜け出せたベア。

ベア「まあこんなところだな、しかし宇宙人相手にファイトできたってことは、この俺の名も宇宙にとどろいたってわけだ」

そこにつぐみとメイたちが駆け付ける。

つぐみ「おーいボス、大丈夫」

ベア「おうよ、結構手こずっちまったがな」

メイ「それでもベアさんもまだまだ闘い足りないようですね」

ベア「そうだな、だが後の楽しみってのがあるからな。それまではトレーニング三昧だ、これも結構楽しいもんだぜ」

つぐみ「せやなあ、でもその前に腹ごしらえとしよか」

ベア「おう、ちょうど腹も減ったところだしな」

というわけでベアたちはこの場を去っていく。

 

(スタッフロールへ)

|

« 第16話:ルパンの休日<今更ながらルパンレビュー2015> | トップページ | ネオジオミニ、ですか »

KOF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KOFヒドゥンストーリー:ビッグベア編MI:

« 第16話:ルパンの休日<今更ながらルパンレビュー2015> | トップページ | ネオジオミニ、ですか »