« 月刊ストロングワーズ新世界編(創作):18年度1月号 | トップページ | 番外編1:企画会議!<けいおん!!のおもいで> »

第23話:放課後!<けいおん!!のおもいで>

今回もスケジュールの都合でけいおんレビューを2回続けてお送りする運びです。まずはこのお話から。
 
第一志望のN女子大にみんなで見事合格し、あとは卒業式を間近に控えるのみとなった唯。そこに律が学校に来るようメールが届く。

しかしいざ集まってみてもお茶会のみではやはり退屈だし、かといって何かを演奏しようにも今は授業中でうかつに弾くこともできない。

そこで何かをしようとポッキー早食いや双六遊びに興じようとするもこれがなかなかに笑えない事柄を描いたり、しまいには上りが描けなくなったりという始末。やはりやることがない退屈はある意味耐えがたきものがあるのか。

続いて教室での忘れ物を取りに行く唯たち。そこで和や先生にも顔を見せる。二人とも卒業式の準備等で手が離せなく、仕方がなく唯たちも場を外す。生徒会室では生徒会の一面を垣間見て新鮮な気分に浸っているが、和も少し照れ臭くなりながらいい気分だったか。

あと梓たち下級生の様子を見ようと訪れる。ちょうど体育の授業なので肌も冷えているが何を思ったのか唯たち。気を取り直して何と梓に昼のパンを買っていくように頼み、先の梓たちが買った、唯たちには念願のチョコクリームパンを口にすることができた。残りは梓にもおすそ分けしたのだが。

午後の授業時間も唯たちは暇を持て余し、とんちゃんにエサをやったり窓を拭いたり大掃除をしたりといろいろ暇をつぶしたりする。結構やることはあったのだが。

こうして授業時間も過ぎ、待望の放課後タイムが訪れる。最後の放課後ということで唯が何かを残せないかと持ち掛けるが。後に梓が部室に入ってきたのを唯は待ち構えていた。

これから今までの曲を残そうと待っていたのだ。とりあえず曲順選びの会議を開く。梓にしては初めて部活動ができたかと半ば喜んでいるか。ついでに今のお茶会の様子も録音していくことになったが。その際の律の言葉「放課後とは人生の無駄遣い」という言葉も正しくもあるしちょっと間違っているのもある。何せ軽音部にとってはやはり人生の証というべきものなのだから無駄なのかはありえないだろう。

こうして途中先生も交え、あとトイレ休憩もはさんで録音は滞りなく行われ、唯たちの最後の放課後は過ぎていったのだ。

|

« 月刊ストロングワーズ新世界編(創作):18年度1月号 | トップページ | 番外編1:企画会議!<けいおん!!のおもいで> »

アニメその他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第23話:放課後!<けいおん!!のおもいで>:

« 月刊ストロングワーズ新世界編(創作):18年度1月号 | トップページ | 番外編1:企画会議!<けいおん!!のおもいで> »