« 三島平八対KOFⅩⅣ及びストⅤ系キャラ<CAPCOM VS SNK・namco> | トップページ | 今週の神様8号:抗いの行き着く先の巻 »

ドラえもん・オリジナル大長編:のび太と海底帝国(その8)

沈没船は旧アトランチスの都までさしかかるや、巨大な立体映像が映し出される。

エレナ「待っていたわよ坊やたち。私はエレナ=ドルマンスタイン。あなたたちが対したドルマンスタインの娘よ。あの時はお父様がずいぶんとお世話になったわね。この借りはたっぷりと返してあげるわよ」

街じゅうのいたる所から、バトルフィッシュと鉄騎兵の群れが現れ、沈没船に近づいていく。

エル「すごい数だね、みんな、準備はいい」

みんな「・・・うん!」

敵の群れは一斉に攻撃をしかけ、沈没船は破壊されていく。そこからドラえもんたちが現れる。

まずはエルとルウが巧みな剣さばきで鉄騎兵をなぎ払っていく。

エル「僕も隊長として修行したんだ、特訓の成果、見せてあげるよ」

ルウ「無理しないでね、兄さん」

エル「大丈夫だよ、ルウの方こそ気を付けろよって、うわっ!」

ひとまず敵の攻撃をかわしつつ、果敢に攻めていく。

つづいてジャイアン、スネ夫、のび太くんやドラえもんが敵を打ち落とす。

そしてバギーに乗ったドラミちゃん、しずかちゃんとリムが一気に攻めていく。

そしてシルビイ、敵の攻撃、ことにビーム攻撃は近くの残骸でしのぎつつ投石で応戦して着実に倒していく。

エレナ「なかなかやるわね坊やたち。次はどうかしら」

今度は先の倍の軍勢で攻めていく。その後も果敢に応戦していくも、次第に押され気味になってしまう。

のび太「どうしよう、このままじゃ僕たちも疲れて倒れちゃうよ」

エル「なんとか敵の本拠まで切り抜けないと」

ドラミ「そうだお兄ちゃん、キャンプ帽子ってまだ持ってる」

ドラえもん「そうか、これで潜り込めば」

と、ドラえもんが先の帽子を出して、みんながそれに潜り込む。ちなみにシルビイもスモールライトで小さくしてからリムに寄り添っていった。ともかくも帽子は地下に潜り込む。

ドラえもん「これでいくらかはしのげるけど、これからどこへ行こう」

エル「さしあたり旧鬼岩城のあたりまで行こう。どうも嫌な予感がするから、そこを調べてみたいんだ」

ドラミ「そうね、その地点まで進んでいきましょう」

と、帽子を旧鬼岩城あたりまで進めていく。

エレナ「まさか潜地機能で潜り込むとはね、まあいいわ、あれが復活すればこっちのものだから。状況はどうかしら、じい」

執事「はっ、ほぼ完了しております。あとはコントロールユニットを組み込めば」

エレナ「上出来ね、さあ早く来ていらっしゃい坊やたち。たっぷりと可愛がってあげるわよ。それからミーナはどうしたの」

たずねるエレナに黒ずくめの男の一人が応える。

男「はい、城内で迎え討つと行っております」

エレナ「そう、ならいいわ。あの子にももっと役に立ってもらわないとね。それからあなたたちも行ってらっしゃい」

男たち「イエッサー、了解しました!」

と男たちも指令室を後にする。

一方でドラえもんたちは地中を進みつつ旧鬼岩城跡にたどり着く。そこにはたしかに城の残骸とそれを囲む機械施設がまとわりつくように建っていた。

エル「やはりね、バトルフィッシュらが復活しているとなればあれもまた復活していたんだ、もしかしたらポセイドンまでも」

のび太「ど、どうしよう、ポセイドンが復活したら一斉に世界中に襲い掛かって」

ドラミ「そうならないためにあちらもコントロールをしていると思うから、手を打っていると思うけれど・・・・・」

ルウ「なんか不安げそうだなあ」

ジャイアン「なんだっていいさ、かかってくるならみんなやっつけてやる」

リム「こういうところは頼もしいね」

スネ夫「そうかな、ちょっと不安だけど」

しずか「とにかくポセイドンを復活させるのを止めなきゃ、それにミーナさんも説得できるかしら」

エル「やってみるさ、彼女のために、そしてムーとアトランチス両国のために」

ルウ「う、うん・・・・・」

久し振りにエルに頼もしさを覚えてルウが応える。それにはみんなもならうのだった。

こうしてドラえもんたちは城の内部に潜り込んでいく。

ドラえもん「やっぱり中は直ってるみたいだ。果たしてどんなのが待ち構えているか」

のび太「なんだか不安だなあ」

と、それぞれ奥に進んでいく。そして奥にはミーナが男たちと一緒に待ち構えていた。

 

つづく

|

« 三島平八対KOFⅩⅣ及びストⅤ系キャラ<CAPCOM VS SNK・namco> | トップページ | 今週の神様8号:抗いの行き着く先の巻 »

ドラえもん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラえもん・オリジナル大長編:のび太と海底帝国(その8):

« 三島平八対KOFⅩⅣ及びストⅤ系キャラ<CAPCOM VS SNK・namco> | トップページ | 今週の神様8号:抗いの行き着く先の巻 »