« 第18話:主役!<けいおん!!のおもいで> | トップページ | アリカ新作、ですか »

風間火月<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サム2は、天草降臨からのメインキャラとなった燃える忍者火月のシナリオをお送りいたします。今回も燃える闘いを繰り広げる彼、その行きつく先はいかなるものか、とくとご覧あれといったところで、それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

風間の里の忍として、代々退魔の業を担ってきた彼も、とある事件を機に里を後にし、妹葉月とともに静かに暮らしてきた。

今回も武道大会の裏面に潜む魔の蠢動を感じつつ、自らも燃える闘いができると意気揚々と乗り込んでいくのだが。 

 

第1ライバル戦(対ガルフォード)

・仕合前

火月「おうガルフォードか、おめえさんが相手とは不足はねえな、こいつは燃える闘いが期待できそうだぜ」

ガルフォード「そいつは俺も期待したいが、その裏の魔の気配は君も感じているはずだ。そして君自身の使命というものも」

火月「そりゃ俺も承知してるぜ、だがよ、闘いにかけりゃ理屈はいらねえ、まずはあんたとの仕合、楽しもうぜ」

ガルフォード「それは俺も望むところさ」

・仕合後

火月「こんなものか、生半可な闘いじゃ俺も燃えきれねえぜ」

ガルフォード「たしかに小手調べ程度じゃ非礼だったな、ここぞで振るわなきゃ力も鈍ると思ったがこれも取り越し苦労だったか」

火月「おうよ、すべてが終わったらまた熱い仕合ができるんだ、その時にゃまた闘ってくれ」

ガルフォード「ああ、これも期待させてもらうよ」

 

第2ライバル戦(対蒼月)

・仕合前

火月「やはり兄貴とも仕合わなきゃいけねえか。だが覚悟はしているつもりだぜ」

蒼月「ふふ、ただの覚悟ではわたしとは仕合えませんよ、それはそなた自身心得ているはず」

火月「ああ、こういうところは容赦はねえな、まああれこれ考えるのはなしだ。俺も全力で行かせてもらうぜ」

蒼月「これも、楽しみなことです」

・仕合後

火月「どうだ兄貴、まさか手え抜かなかったんじゃねえだろうな」

蒼月「さあどうですか、それはそなたがよく知っているはず。ここから先はそなたでは心もとないとは思いましたが」

火月「そいつも分かってる。この先の魔を祓うのも、俺たちの役割だってこともよ」

蒼月「ならば、生きて帰ってきなさい、そなたの命は、そなた一人のものではないのですから」

火月「わあってるよ、それじゃ、行ってくるぜ」

蒼月「ふふ、こういった無鉄砲さ、頼もしいところもありますね」

 

中ボス戦(以下4組の中から2組)

・萬三九六編

三九六「燃える男といやあ俺様をおいて他にはいねえ。おめえの炎なんざ蝋燭の灯火だぜ」

火月「だったら俺の炎を受けてみるか、消し炭になってからじっくり後悔しやがれ」

三九六「その前にこの槌でイチコロよ、おめえの灯火を消すにゃ十分よ」

 

・黒河内夢路編

夢路「今にして想えば、火月さんの生き方も実直にして解りやすいものでしたが」

火月「いちいち考えてもキリがねえからな、おめえもいっそはじけてみろよ」

夢路「さしあたり貴方との仕合でこれからの生を見出だせれば、答えも出るものでしょうか」

 

・ドラコ編

ドラコ「そんなに熱く燃えればやはり苦しかろう、一発で楽にしてやろう」

火月「そうやって人の命をコケにするのが気に入らねえ、おめえこそ怒りの炎を受けてみやがれ」

ドラコ「バカめ、俺の前で意気がったことを後悔しつつ、じっくり苦しんで死んでいけ」

 

・アスラ編

アスラ「炎の忍よ、再び我が刃に挑むか、はたして貴様に俺が斬れるのか」

火月「どんな武器でも構やしねえ、俺と葉月の敵になるなら、なんだって燃やしてやるぜ」

アスラ「何故だかお前を斬るに、憎しみを持てぬ、だが今更我が生は変えられぬがな」

 

・対歴代ボス戦

火月「ようやくおいでなすったか、俺の炎で残らず焼き尽くしてやるぜ!」

・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。

「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」

・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

 

対強力ボス戦(下記5組から1組を選択)

・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。

 

・闇天草編

天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めたり!!!

火月「また葉月を付け狙おうってのか、二度と甦らねえよう成仏させてやるぜ

 

・鬼斬紅郎編

斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!

火月「でけえ刃だろうがかまわねえ、命かけなきゃ剣も忍も極められねえぜ

 

・真ゴルバ編

ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!

火月「さっきから俺の刀と炎が騒ぎやがる、おめえを倒せってなあ

 

・魔界我旺編

我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!

火月「國がどうとか知ったこっちゃねえが、俺や葉月を脅かす奴は許しちゃおけねえ!

 

・羅将神ミヅキ編

ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!

火月「今までよくも葉月を付け狙いやがったな、女だろうが容赦はしねえぜ

 

最終戦(対壊帝ユガ)

「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。

我が名は、壊帝ユガ

今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」

火月「ついに現れやがったな、俺の炎で残らず焼き尽くしてやるぜ!」

 

エンディング

その後火月は妹葉月との生活の傍ら、次代の半蔵たる真蔵を鍛え上げる日々を送る。

のちに次代の半蔵の片腕として伊賀忍軍を支えるにいたるが。任務の途中で燃え尽きたのか、その後の動向は明かされてはいない。

だが彼の生き様は、まさに炎の忍として後世までの語り草となっている。

|

« 第18話:主役!<けいおん!!のおもいで> | トップページ | アリカ新作、ですか »

サムライスピリッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風間火月<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>:

« 第18話:主役!<けいおん!!のおもいで> | トップページ | アリカ新作、ですか »