« ドラえもんとゆかいな仲間たち:21エモン<本当は怖いドラえもん> | トップページ | 各誌レビュー17年度12月号(その4) »

新生グリッドマン、ですか

さてみなさん、90年代前半において円谷プロが手掛けた特撮作品『電光超人グリッドマン』が装いも新たにCGアニメ化する運びとなりました。グリッドマンといえばかつてのウルトラマン80以来、東映の戦隊及びメタルヒーローものが活躍する傍ら、その間の海外でのウルトラマン制作も成された後に永らくご無沙汰だった後の制作だった。その後に円谷プロさんが企業的に持ち直してティガをはじめとするウルトラマンシリーズの再制作にこぎつけられたのは述べるまでもないだろう。

今や現代社会を支える電脳世界から世界を征服せんとする邪悪な者たちが操る怪獣たちに立ち向かうべく現れたのがグリッドマンだったのだ。その電脳世界での活躍は、その後のコンピューター中心の現代社会を描いたのは象徴的かもしれない。

その後のCGアニメ化、昨今実写映画でもCGアニメが取り入れられているので、新グリッドマンもかつての雰囲気を崩さずに放映されることだろう。

というわけでかつての作品を楽しまれた方もそのイメージを崩さずに見られたらと期待してもよろしいとは思いますが。

|

« ドラえもんとゆかいな仲間たち:21エモン<本当は怖いドラえもん> | トップページ | 各誌レビュー17年度12月号(その4) »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/72484189

この記事へのトラックバック一覧です: 新生グリッドマン、ですか:

« ドラえもんとゆかいな仲間たち:21エモン<本当は怖いドラえもん> | トップページ | 各誌レビュー17年度12月号(その4) »