« テムジン対龍虎、MOW、ⅩⅣ、ボス系キャラ<バトルコロシアムD.A.S> | トップページ | 今週の神様50号:クライマックスに向けての巻 »

今更ながら戦隊レビュー:救急戦隊ゴーゴーファイブ(99)

さて今回取り上げるのは99年の放映された『救急戦隊ゴーゴーファイブ』

年号の99年と救急をかけて、これまた語呂がいいゴーゴーをかけてのタイトルだということで。そういえば82年のゴーグルファイブのタイトル案から取ったものであることはウンチクということで。

本来は世界中で起こる災害から人々を守る救急チームだが、宇宙の果てから現れた災厄を司る災魔との闘うというストーリーということで、元来災害と災厄とは似て大いに異なると述べることいたしまして。そもそもが災厄や災害から人々を救うというコンセプトは戦隊になっても変わりはなく、敵の災魔との戦いはそのついでだろうけれど。

もとは江戸の火消しをルーツとする家系から連なったことだけれど、これがいにしえの退魔の儀を司る家系だろうけれど、それが近代科学を取り入れての戦隊チームなのだろう。

敵の災魔一族も戦隊と同じく幹部が兄弟、つまりは一族同士の戦いでもあるのだが。

ともかくも放映された99年といえば、現実の世界でも大災害が起こるだろうといったいにしえの予言を待たずに、その前の大震災を受けて、お茶の間を中心に防災について考えるようになってのご時世が生んだ作品であるのだろう。

|

« テムジン対龍虎、MOW、ⅩⅣ、ボス系キャラ<バトルコロシアムD.A.S> | トップページ | 今週の神様50号:クライマックスに向けての巻 »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながら戦隊レビュー:救急戦隊ゴーゴーファイブ(99):

« テムジン対龍虎、MOW、ⅩⅣ、ボス系キャラ<バトルコロシアムD.A.S> | トップページ | 今週の神様50号:クライマックスに向けての巻 »