« ストⅤ、追加キャラクター、ですか:ゼクウ編 | トップページ | ジークフリート=フォン・シュトロハイム<餓狼・MARK OF THE WOLVES PLUS> »

各誌レビュー17年度11月号(その1)

さて今週の各誌レビューは、

<境界のRINNE(サンデー)>
ほんの些細な出来事、つまりは手違いの連続で深まっていく二人の溝。このまま一気に終局に行ってしまうというのか。

<行雲流水(グラジャン)>
よもや始皇帝が仙人になってしまうとは、これも世の末かな。

<刃牙道(チャンピオン)>
今回はバキとムサシの死合にのぞみ、静かに見守る人たちを描かれた。彼らの胸中も人それぞれなのだが。

<浦筋(チャンピオン)>
扱いを誤れば暴走するチェーンソー。バカに刃物とはまさに名付けたりか。

<ふしぎ研究部(チャンピオン)>
今回はあやしい化学に振り回された大祐だが、やはり決め手は女の色香といったところか。

というわけでまた来週。

|

« ストⅤ、追加キャラクター、ですか:ゼクウ編 | トップページ | ジークフリート=フォン・シュトロハイム<餓狼・MARK OF THE WOLVES PLUS> »

マンガその他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 各誌レビュー17年度11月号(その1):

« ストⅤ、追加キャラクター、ですか:ゼクウ編 | トップページ | ジークフリート=フォン・シュトロハイム<餓狼・MARK OF THE WOLVES PLUS> »