« 第14話:夏期講習!<けいおん!!のおもいで> | トップページ | ジブリ新作『君たちはどう生きるか』、ですか »

KOFヒドゥンストーリー:サイバー・ウー&ゆず編MI

さてみなさん、今回のヒドゥンストーリーは、ネオジオ初期の名作にしてバトルコロシアムでも大活躍したサイバー・ウーとそのパートナーたるゆずのMIストーリーをお送りいたします。

ゆずが操るスーパーロボット、サイバー・ウー、並み居る格闘家たちとも堂々と渡り歩くその様をここにお送りできればと思っております。それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

機械工学の権威、巻島博士の姪、巻島ゆず

先にさらわれた巻島博士の行方を捜すため、この度開催されるKOFの会場たるサウスタウンに、彼女が製作した汎用ロボット、ウーを格闘用に改造したサイバー・ウーとともに乗り込んでいく。

本来なら反則すれすれだが、なぜかすんなり参加が認められたところから、何かの罠かと思いつつ、闘いに身を投じるのだが。

 

第4回戦(対マキシマ)

・仕合前

ゆず「さてお次の相手はっと、あれマキシマさん、今日はサリー君(K’)とクーラちゃんは一緒じゃないの」

マキシマ「何言ってんだ、お嬢が博士を探しに行ったと連絡が入ったんで、こうして止めに来たんだが」

ゆず「何言ってんの、あたしだっておじさんのことが心配なんだからここまで頑張ったんだよ、今ここで引き下がれないよ」

マキシマ「しょうがねえな、ここはウーと一勝負だな、ともかく勝たなきゃ先に進めねえんだ」

・仕合後

ゆず「何とか勝ったけど、まだ本気じゃないんだよね」

マキシマ「そいつはお嬢も同じことだろ、ともかくここまでやれりゃ大丈夫だろう。しかし何度も言うが、あまり無理すんなよ」

ゆず「うん、あたしも気を付けて頑張ってみる」

 

第8回戦(対ルイーゼ)

・仕合前

ゆず「今度はきれいな女の人だけど、ウーが闘って大丈夫なのかな」

ルイーゼ「私のことよりも自分のことを心配したら、あなたこそそんなロボットで闘い抜く覚悟はあるの」

ゆず「そりゃウーに頼って闘うんだから、卑怯と見られてもしょうがないけど、これでもウーと一緒なんだからね」

・仕合後

ゆず「驚いちゃったなあ、まさかお姉さんがこんなに強いだなんて」

ルイーゼ「これも所詮は小細工だけどね、こうなったら致し方ないわ、あなたにお願いがあるんだけど。聞いてもらえるかしら」

ゆず「うん、お願いってどういうこと」

ルイーゼ「そうね、だったら、次の仕合、絶対に負けないで」

と言って、ルイーゼは姿を消す。

ゆず「うっ、消えちゃった、これも超能力ってところかな」

 

第9回戦(第デューク)

・仕合前

屋敷の扉の前に立つゆずとウー

ゆず「この扉の先に、まず力を感じるんだね、ウー」

扉が開き、デュークが現れる。

デューク「ふふ、“奴”に挑まんとするのは貴様か、いやさその前にこのオモチャで俺に対せんとするのか」

ゆず「むう、ウーはただのロボットじゃないよ、あなたなんかに負けないんだから」

デューク「そうかお前が巻島博士の姪か。一つ忠告するが、ここで身を引いても多少は長くは生き延びることはできるだろう」

ゆず「そうまで言われちゃ引き下がれないよ。あたしもウーも覚悟を決めているんだから」

・仕合後

デューク「この俺がロボットごときに敗れるとは。いやさこれもお前の力だと認めねばな」

ゆず「たしかにあたし自身の力じゃないのも認めるけどね。ただウーを操っているだけだから」

デューク「いや、今更ながら知恵と勇気か、それに打ち負かされたのだ。それもお前自身の強さならば、なおもみがくがいい、ひとまずはさらばだ」

デューク、去っていく。

 

最終戦(対ジヴァートマ)

・仕合前

中央広間にたどり着いたゆず

ゆず「ここが決勝戦の舞台か、ここで手掛かりが見つかるかな」

「その通り、ここが最後の舞台。そして君の闘いもここで終わる」

柱の間から長身の男が現れる。

ゆず「あなたが責任者さんね」

「ああ、君の対戦相手であると同時に、今大会の主催者でもある、クシエルを統べる闇の爪、ジヴァートマと見知り置いて頂こう」

ゆず「クシエルって、また別の組織があるっていうの」

ジヴァートマ「この星の闇を支配する、秘密結社“アデス”その“アデス”が持つ無数のペルソナの一つと思って貰いたい」

ゆず「どっちにしても、あなたたちがおじさんをさらっていったのは間違いないよね、一体何のために」

ジヴァートマ「巻島博士のことか、今彼は我々の計画のために協力をしてもらっているのだ」

ゆず「協力って、どういうこと」

ジヴァートマ「“我々”があるべき処に帰るため、とでも言っておこう。君が協力してくれれば、彼ももとに戻して差し上げよう。悪い話ではなかろう」

ゆず「あなたたちの悪巧みに荷担するのはご免だよ。どっちにしても、あなたを倒してでも、おじさんを助け出してみせるよ。やっちゃって、ウー」

・仕合後

ジヴァートマ「流石だな、まさか君のオモチャに敗れるとは、思ってもみなかったよ」

ゆず「さあ、仕合に勝ったんだから、おじさんの居所を教えて」

ジヴァートマ「あいにく今はまだ、教えるわけにはいかないな」

ゆず「あんまり手荒なことはしたくないけれど、やむを得ないなら腕ずくでも」

ジヴァートマ「フッ、いずれ君も我が計画に協力してもらうことになる。それまでは、しばしのさらばだ」

と言って姿を消すジヴァートマ。

ゆず「消えちゃった、ほんとに大丈夫なのかなあ」

その後屋敷が音を立てて崩れ始める。

ゆず「えっ、ここ崩れちゃうの、うわあ!」

 

エンディング

崩れた屋敷のガレキから、ウーが這い出てきて、そのしたからゆずが出てくる。

ゆず「ふー、びっくりした。まさかいきなり崩れてくるからな、ウーがいなかったらどうなったことやら。でもだいぶボディに傷がついちゃったから、帰って修理しなきゃ」

そんな折マキシマたちが駆けつける。

マキシマ「おーいお嬢、大丈夫か」

ゆず「あっマキシマさん、あたしは一応は無事だけど」

マキシマ「まったくどうなることやらと心配したぜ、これから先このようなことが起きるから気をつけてくれよ」

ゆず「うん、分かってるよ」

マキシマ「それからキャンティを通じて博士から伝言が送られたんだ。自分のことは心配ないと」

ゆず「うん、そうだね」

マキシマ「ともかく帰りは俺が送っていってって、ウーの方はまだ大丈夫だな」

ゆず「うん、またまた大変なことが起きそうだから。帰ってウーの調整と、あとあたしの心もみがかないとね」

マキシマ「まあ何にせよ、無茶はするなよ」

 

(スタッフロールへ)

|

« 第14話:夏期講習!<けいおん!!のおもいで> | トップページ | ジブリ新作『君たちはどう生きるか』、ですか »

KOF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KOFヒドゥンストーリー:サイバー・ウー&ゆず編MI:

« 第14話:夏期講習!<けいおん!!のおもいで> | トップページ | ジブリ新作『君たちはどう生きるか』、ですか »