« デビロット&アリエータ対MOW、ボス系キャラ<CAPCOM VS SNK・namco> | トップページ | 今週の神様48号:いざとなればすべてをさらけ出せの巻 »

今更ながら機甲戦記ドラグナーについて語る

さてみなさん、今回は『機甲戦記ドラグナー』について知ったかぶりながらもお送りしたいと思います。それでは、ごゆっくり。

ドラグナーといえば、先年のΖΖの後を受け、ある意味脱ガンダム系の作品を目指した、当時サンライズお得意のロボット物アニメであった。

ストーリーとしては月の軍事勢力が地球に宣戦を布告し、戦乱の中、偶然最新鋭機のドラグナーに乗ることになった主人公ケーン以下3人の若者を中心に繰り広げられる、戦記物をベースにした青春群像である。

次いでキャラクターについては、主人公ケーンたちを取り巻く、まず彼らを一人前の戦士に鍛えんとする軍関係の面々、それを見守るヒロインたち。そして敵勢力のライバルたちやら敵役やらもある程度魅力的なキャラが目白押しとなっていた。

そんな彼らも戦乱の黒幕の出現によってライバルと半ば共闘することと相成り、見事打ち倒しひとまずの平和を取り戻したといったところ。そのライバルのマイヨは最後においしい所をもって言った感がするが、これは今までのライバル像とは一線を画した形となったことだろう。

ともあれ今にして思えば、非ガンダムに関していえばザブングルやエルガイムに通じ、とらえようによってはWやSEEDなどのいわゆるアナザーガンダムの礎にも通じたかもしれない。

とはいえ、同じサンライズ作品としては、劇場版の『逆襲のシャア』やTVシリーズの『魔神英雄伝ワタル』シリーズに人気を取られた形となりがちで、いまいちマイナーの感が拭い去れない、とはいえ、最近ではスーパーロボット大戦にも出演し、その再評価も待たれることだろう。

これもまたサンライズの歴史を彩る作品であることには間違いはない。

|

« デビロット&アリエータ対MOW、ボス系キャラ<CAPCOM VS SNK・namco> | トップページ | 今週の神様48号:いざとなればすべてをさらけ出せの巻 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながら機甲戦記ドラグナーについて語る:

« デビロット&アリエータ対MOW、ボス系キャラ<CAPCOM VS SNK・namco> | トップページ | 今週の神様48号:いざとなればすべてをさらけ出せの巻 »