« 第11話:暑い!<けいおん!!のおもいで> | トップページ | ゼノブレイド2、ですか »

KOFヒドゥンストーリー:椎拳崇編MI

さてみなさん、今回のヒドゥンストーリーは、サイコソルジャーの一人、椎拳崇のストーリーをお送り致します。

今回は特にアテナとの兼ね合いを意識して組みましたので、原作MIアテナのストーリーとを読み比べると面白いかもしれません。

ひとまずこういったところで、それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

サイコソルジャーチームの一員として、アテナとともに世に害を成す邪悪なるものと日々闘い続けてきた。

今回の大会も邪悪なるものの存在を察し、アテナの後を追う形で参加することになったのだが。

 

第4回戦(対ロバート)

・仕合前

拳崇「おっロバートさん、俺も結構腕上げたつもりやから、手合わせしてんか」

ロバート「そいつはやぶさかやないかな、腕上げたんならわいもおんなじや。いつも通り強いもん勝ちやで」

拳崇「相変わらずしっかりしとんなあ、俺もその方が張り合いあるから、ほないっちょ行くでえ」

ロバート「それでこそやな、そちらもこの方が分かりやすいわ」

・仕合後

拳崇「こんなものかなあ、でも手応えあったからな、俺も弱いとこあったならそれは今後の課題やな」

ロバート「そいつはわいも同様や、次までどちらが強なるか今から楽しみやな」

拳崇「俺の方はまだ次があるから一層気い引き締めんといかんからな」

ロバート「おう、期待してるで」

 

第8回戦(対ルイーゼ)

拳崇の目の前にルイーゼが現れる。

拳崇「おっあんたもテレポートかいな」

ルイーゼ「そんなところね、ほんと、この星にはユニークな人間が多くて飽きないわ」

拳崇「この星の、人間って、なんかあんた宇宙人みたいな言い種やな」

ルイーゼ「さあどうかしら。ひとつ言っておくけど、ここから先、あなたは闘い抜く覚悟はあるの」

拳崇「何言ってんねん、ここまできたら引き下がれんからな、ここは本気で行くで」

・仕合後

拳崇「ちょっとやりすきたかな、でもあんたも強かったで」

ルイーゼ「それはありがたいわね、ひとつ、あなたにお願いがあるんだけど。聞いてもらえるかしら」

拳崇「お願い言うたらやぶさかやないけどなあ」

ルイーゼ「そうね、だったら、次の仕合、絶対に負けないで」

と、ルイーゼは姿を消す。

拳崇「なんかせわしないなあ、まあ頼まれたからにはなるしかないわな」

 

第9回戦(対デューク)

屋敷の扉の前に立つ拳崇

拳崇「この扉の先が決勝戦の会場やけど、やっぱ何か出てきそうやなあ」

扉が開き、デュークが現れる。

デューク「ふふ、“奴”に挑まんとするのは貴様か、子供ながらにいい度胸だな」

拳崇「椎拳崇や、よもや俺の名前知らんとは、おっさんも大したことなさそうやな」

デューク「俺に対して減らず口とはますます気に入った、だが一つ忠告するが身を引いても多少長くは生き延びることはできるだろう」

拳崇「何でここで引き下がらなあかんねん、とっととかかってきいや」

・仕合後

拳崇「ふう、手強かったなあ、せやけどここでへこたれちゃ、これからの闘いがやっていけへんからなあ」

デューク「まさか小僧、貴様の力がこれほどとは。いや今となっては言い訳だな」

拳崇「あんたも結構強かったで、大したことないと言うたのは取り消すわ」

デューク「ふふ、やはり喰えぬな小僧、いやさ椎拳崇よ、覚えておくぞ、お前の名を」

と、デュークは去っていく。

 

最終戦(対ジヴァートマ)

・仕合前

中央広間にたどり着いた拳崇

拳崇「なんかイヤな場所やな。ここが決勝戦の舞台かいな」

「その通り、ここが最後の舞台。そして君の闘いもここで終わる」

柱の間から、長身の男が現れる。

拳崇「ようやくお出ましかいな」

「ああ、君の対戦相手であると同時に、今大会の主催者でもある、クシエルを統べる闇の爪、ジヴァートマと見知りおいて頂こう」

拳崇「クシエル、一体なんやねんそれ」

ジヴァートマ「この星の闇を支配する、秘密結社“アデス”その“アデス”が持つ無数のペルソナの一つと思って貰いたい」

拳崇「そういやあんたからもイヤな気がいっぱい感じられるなあ、お前一体何者やねん」

ジヴァートマ「ほぉ、分かるか、流石はサイキックソルジャーというところかな」

拳崇「そんなことより、この大会開いて一体何を企んどんねん」

ジヴァートマ「強靭な肉体を持つ格闘家を集めるため、と言っておこう。さあ、その肉体を“我々”に委ねたまえ」

拳崇「何でお前なんかの言いなりにならなあかんねん、俺の総てはみんなアテナのものや。とっととやっつけてこんな場所とはオサラバや」

・仕合後

拳崇「どや、お前がどないに強かろうが、正義は必ず勝つんやで」

ジヴァートマ「フッ、善も悪も、総て君たち人類が考え出した概念だろうに」

拳崇「何言ってんねん、それが人の生きる道ってもんやろ。誰もが一人じゃ生きていけん、この世界はみんなのもんや」

ジヴァートマ「ふふ、いずれ君にも解るだろう、この世界を律しているのは、善悪などというちっぽけな概念を遥かに超えた、絶対的な、力なのだとね」

と言って姿を消すジヴァートマ。

拳崇「消えた、あの姉ちゃんと同じ、いやちょっと違うな」

その後屋敷が音を立てて崩れ始める。

拳崇「えっ、何やそりゃああああ!」

 

エンディング

なんとか屋敷から抜け出せた拳崇。

拳崇「ふー、間一髪やったあ。しかしアデスかあ、まだまだ妙な連中が世界を狙っておるんかいなあ」

拳崇の目の前にアテナとミニョンが言い争っている。

拳崇「おっアテナとミニョンかいな。何かただならぬ雰囲気かなあ」

そして二人の間に割って入る。

拳崇「やあ二人とも、大会も一段落ついたことやし、ここらでお茶に付き合ってや」

ミニョン「そいつは名案ですね、それではいい店を知っていますので、そちらまで」

アテナ(でも拳崇、本当にいいの?)

拳崇「いいっていいって、せっかく優勝したことやし、二人くらいならどうにでも、って・・・・・」

アテナたちの後ろには、鎮や包、主要な女子たちが並んでいた。

鎮「ふむ、今夜はお主のおごりかのう」

包「今日はちょっとたくさん食べようかな」

舞「まあ私たちも包くんに呼ばれたからね」

ユリ「今夜はゆっくりと付き合わせてもらうわよ」

拳崇「えーっ、そないにいるなんて聞いてないよ」

その様を後ろで見守るのはなんとロバートだった。

ロバート「ここは男を見せるチャンスやで拳崇、後でわいが助けたるさかいに」

 

(スタッフロールへ)

|

« 第11話:暑い!<けいおん!!のおもいで> | トップページ | ゼノブレイド2、ですか »

KOF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KOFヒドゥンストーリー:椎拳崇編MI:

« 第11話:暑い!<けいおん!!のおもいで> | トップページ | ゼノブレイド2、ですか »