« 第7話:お茶会!<けいおん!!のおもいで> | トップページ | ストⅤひとまずの反省会(追加キャラ編) »

鈴姫<サムライスピリッツ天下剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サム2は、侍魂閃の主人公的存在たる鈴姫のシナリオをお送りいたします。

その可憐な容姿と裏腹に大剣を操る闘いぶりは、ある程度の清々しさを呼び起こしたとか。

今回の剣サム2にてもその大胆な剣さばきを期待できるものと信じておりますが。

ひとまずそういったところで、それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

かつて異国から流れ着いた幼子で、今や天降藩の姫君として凶事を経て雄藩の顔役としても一目置かれていた。

それでも目付役の刃兵衛に引き止められつつ、今や藩内の師範代となっている猛千代とともに様々な事件に立ち向かう。

今回の武道会にも凶事ありと察して乗り出すのだった。

 

第1ライバル戦(対猛千代)

・仕合前

鈴姫「やはり勝ち抜いたのね猛千代、ここまで来たら本気でかかってきなさい」

猛千代「おお姫か、ここで会ったら俺も真剣の気合いでいかなきゃなあ」

鈴姫「それならば、手加減したなら承知しないわよ」

猛千代「おうよ、もとよりそのつもりだぜ」

・仕合後

鈴姫「どうしたの猛千代、本気を出せと言ったはずよ。でも私だって叩き付けただけだから」

猛千代「たしかに俺も気合いがまだ足りねえ。だけどよ、お互い強くなったはずだ、今はそいつを噛み締めていこうぜ」

鈴姫「そうね、ここは先に行くけど、帰ってきたらまた手合わせしてね」

猛千代「おう、気を付けてこいよ」

 

第2ライバル戦(対慶寅)

・仕合前

鈴姫「お久しぶりです慶寅さま。よもや慶寅さまがお相手なさるのですか」

慶寅「鈴姫かまた無茶な闘いばかりしただろう、それでもお前さんにとっちゃ序の口か」

鈴姫「凶事ならば鎮めるが我が務めと心得ております、この場で慶寅さまに認められれば」

慶寅「止めても無駄か、ならばお前の気の済むまで付き合うのが礼儀ってものだな」

・仕合後

鈴姫「たしかにお優しき剣筋にございます。しかしそれだけではございませんね」

慶寅「ああ、分かってるな、これも剣の心、言うなれば侍魂だ、今はそれだけを見知れば上出来だな」

鈴姫「この鈴はいまだ力任せ、それでもいつかは剣の心を見出だせますか」

慶寅「なに、攻めるだけじゃ勝てないものさ、今のお前さんなら容易きものだぜ」

 

中ボス戦(以下4組の中から2組)

・萬三九六編

三九六「おめえが天降藩の姫様かあ、こいつはまたとない儲け話になりそうだぜえ」

鈴姫「貴方の噂も聞き及んでいるわ、私をどうこうどできるとはゆめゆめ思わぬことね」

三九六「いいねえ、こういうお高く止まった小娘を落とすのはまさに楽しみだぜ」

 

・黒河内夢路編

夢路「剣を握るには貴女も幼い、しかしその意志で対するなら、おそらくは」

鈴姫「冷ややかで真っ直ぐな剣の冴えなら、私も生半可な覚悟じゃ向かえないわね」

夢路「まずはその心得は買うべきですか、貴女の目も明日を見据えています」

 

・トラコ編

ドラコ「久しぶりだな姫様、不躾だがお前には消えてもらう、この銃でな」

鈴姫「ただ撃つだけの貴方なら、私が怖れる道理はないわ、さっさと退けてあげる」

ドラコ「本気で銃弾を討ち破るつもりか、それだったら度しがたいものだな」

 

・アスラ編

アスラ「乙女よ、お前も巫女の血筋か、このアスラの怒りを鎮めに参ったのか」

鈴姫「それは分からないけれど、貴方が放っておけない気持ちは変わらないわ」

アスラ「いずれ力あるものなら、このアスラの刃に打ち勝てるだろうな」

 

対歴代ボス戦

鈴姫「我が名は天降藩の鈴、魔に身を置きしものよ、いざ尋常に勝負!

・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。

「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」

・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

 

対強力ボス戦(下記5組から1組を選択)

・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。

 

・闇天草編

天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めたり!!!

鈴姫「今の貴方には怨みしかないの、それでは魔物と変わりないものなのよ

 

・鬼斬紅郎編

斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!

鈴姫「今こそ私の心の刃で、貴方のよこしまなる刃を断ってみせるわよ

 

・真ゴルバ編

ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!

鈴姫「魔に身を委ねた時から貴方の負けは決まってたのよ、潔く闇に帰りなさい

 

・魔界我旺編

我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!

鈴姫「國を憂えるのは分かるけど、それで世を乱さんとするたまったものではないわ

 

・羅将神ミヅキ編

ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!

鈴姫「そんなきれいな顔して世を欺かんとしたのね、やはり貴女には負けられない

 

最終戦(対壊帝ユガ)

「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。

我が名は、壊帝ユガ

今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」

鈴姫「とうとう現れたわね、人々に禍なす神はこの私が鎮めてあげるわよ

 

エンディング

ひとまずの平和が戻り天降藩もまたもとの落ち着きを取り戻した。

凶事の末鈴姫も刃兵衛の監視もあり、今度こそ慎ましく過ごすと思われた。

「これ姫様、どこへ参ろうとなさいますか!?

やはり近隣にはいまだ事件の種は尽きず、今日も猛千代とともに鎮めにあたるのだった。

|

« 第7話:お茶会!<けいおん!!のおもいで> | トップページ | ストⅤひとまずの反省会(追加キャラ編) »

サムライスピリッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鈴姫<サムライスピリッツ天下剣客伝2>:

« 第7話:お茶会!<けいおん!!のおもいで> | トップページ | ストⅤひとまずの反省会(追加キャラ編) »