« 小説・聖闘士星矢VSセーラームーン(その2) | トップページ | 各誌レビュー17年度9月号(その4) »

新生・水戸黄門、ですか

さてみなさん、日本の時代劇の定番たる水戸黄門が10月に新番組として放映が再開される運びとなりました。

水戸黄門といえば当時の幕府の重鎮たる水戸の光圀公が諸国を漫遊し、民衆を苦しめる悪代官たちをこらしめるといったストーリーと相成っていますが。

最近では里見浩太朗さんが主演の作品が放映され、一段と黄門さまこと光圀のヒーロー性が強調された作品になっていました。

それが今作では武田鉄矢さんが光圀を演ずることと相成り、これは金八先生ばりの人情派と武田さんならではのエンタテイメント性が楽しめるといったところですが、やはり里見さんやCBCで再放送している東野英治郎さん主演の作品に比べれば一抹の不安を禁じ得ない。しかし周囲の評判はともあれ、ご興味のある方はじっくりと見守っていきましょう。といったところでしょうか。

|

« 小説・聖闘士星矢VSセーラームーン(その2) | トップページ | 各誌レビュー17年度9月号(その4) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新生・水戸黄門、ですか:

« 小説・聖闘士星矢VSセーラームーン(その2) | トップページ | 各誌レビュー17年度9月号(その4) »