« 仮面ライダービルド、ですか | トップページ | ジャンヌ・KOFアテナ編<バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!> »

林間に燃えた商魂(コミックス72巻)<懐かし両さんの問題作レビュー>

さて今回は各誌レビューの日なのですが、お盆のスケジュールの都合により、急きょこち亀のレビューをお送りし、今週分のレビューは来週に持ち越します。あらかじめご了承のほどを。

 

ある日派出所のメンバーで林間のキャンプに出掛けようとしたが何故か2人分部屋が足りない。そこで両津だけ外の寝袋で止まることになる。明けて嵐で道が寸断され、両津が山を越えて物資を調達したのだが。

このお話も80年代中盤で見受けられた、前半の両津の不利な状況から立ち直るのはいいけど、中盤で羽目を外して結局ズッコケてしまう。このお話もせっかくの儲けがフイになってしまった。まあこの展開はこの際述べるまでもないとして、このお話で挙げたいのは宿泊したコテージのお話。部屋が足りないのに作為を感じるのはともかく、対応した店員の態度、ある程度のサービスについて配慮してもいいけどそれがなされない。これ秋本先生のキャラクター描写といえばそうだけど、このシーンでいくらかのサービス業に喧嘩を売っていたかもしれない。まあこれもギャグといえばそうだけど、やはり人情的にはどうかと言わざるを得なかったのだ。

|

« 仮面ライダービルド、ですか | トップページ | ジャンヌ・KOFアテナ編<バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!> »

こち亀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/71357166

この記事へのトラックバック一覧です: 林間に燃えた商魂(コミックス72巻)<懐かし両さんの問題作レビュー>:

« 仮面ライダービルド、ですか | トップページ | ジャンヌ・KOFアテナ編<バトルコロシアム外伝・ADKうお~ず!> »