« 第4話:修学旅行!<けいおん!!のおもいで> | トップページ | 復活、懐かしの少女アニメ、ですか »

小説・聖闘士星矢VSセーラームーン(その1)

はじめに

80年代半ばに少年ジャンプより連載が開始された『聖闘士星矢』。その後アニメ化されたのを手始めに90年代初頭まで多くの読者の胸を躍らせたことでしょう。

用度その後を引き継ぐ形となって少女漫画界において画期的なスーパーヒロインが登場した。それが『美少女戦士セーラームーン』である。これもテレビアニメ化され、男女を問わず絶大なる人気を博した。かくいう編者もその2作に大いなる共感を生み、後にこの2作のコラボレーションを考えてしまった。

それが今作の『聖闘士星矢VSセーラームーン』の企画でした。ところがこれも企画段階で半ばお蔵入りの憂き目にあい、今まで公開されずに至りました。

このたび『ジャンプVSカプコン』の企画が一段落したのを機に、ひとまずの連載企画と相成りました。

それまでに星矢は多くのスピンオフが連載され、Sムーンは先年再アニメ化され、これは原作準拠の企画と相成りました。それに合わせて当企画も当初よりは幾分発展したことを自覚しております。それらを踏まえて少し足踏みながらもひとまずお送りしたいと思います。

 

 

第1話:はじめに男ありけり(前編)

ここは日本の三保の松原、ギリシャの海運王にして慈善事業家のジュリアン=ソロは音楽家のソレントとボディーガードを買って出た武道家のクリシュナとともに戦争や災害に苦しむ子供たちを救うため世界各地を旅してきた。

そんな一行だが、ここにきてクリシュナが行動を別にするというのだ。

「どうしても行くというのですか、クリシュナ」

「すまぬ、どうしても行かねばならなくなった」

そこにジュリアンも入ってきた。

「どうしたのですか」

「ジュリアン様、このたび、わたくしクリシュナは、己の武術の腕を磨くため、再び修行の旅に行かねばなりません。心身ともに鍛え上げたあかつきには、またジュリアン様のもとにはせ参じたく思います」

「クリシュナ・・・・・」

怪訝な顔のソレントに対し、ジュリアンは穏やかな顔のままクリシュナを見守る。

「そうでしたか、今まで、ご苦労でした・・・・・」

その穏やかな表情から醸し出される風格から、彼らが本来主と仰ぐべき存在を感じ取ったかにみえた。

「はっ、それでは、お名残り惜しゅうございますが」

と、去りゆくクリシュナをジュリアンとソレントは手を振り続けていった。

 

再び旅に向かうクリシュナは、本来の使命に想いを馳せる。

「紫龍、それに星矢よ、かつてお前たちはこの俺に本当の正義をその身をもって示してくれた。俺の信じる道は今でも変わらぬが、お前たちの信念にもともに歩んでいきたい。この不穏なる時代をともに戦い抜くために」

こうして、海闘士七将軍の一人、インド洋クリュサオルのクリシュナは再び歩み始める。

 

中国、五老峰

そこの滝を背にした崖では長髪の男と短髪の男が拳と拳の仕合を行っていた。果敢に攻める短髪の男に対し、長髪の男は着実に受け流しつつ応戦している。

やがて二人とも示し合わせたかのごとく一旦さがったあとで、互いの拳の一撃をクロスカウンターでぶつけ合う。

やがて短髪の男が口を開く。

「紫龍、貴様、まだ本気を出さないのか」

対して挑発の男、紫龍もその言に応える。

「まだ本気を出すまでもないのは知っているはずだ、フレギアス」

「たしかに、そうだな・・・・・」

やがて拳を収め、その場に座り込む。

「かつてお前たちを阻んだ際にカノンに倒され、先に進められた。それ自体は是非もないが、その後お前はシルフィードたちと、氷河はミーノス様と闘って打ち勝った。なればせめて本気のお前と闘いたかったのだが」

こうして五老峰を訪れ、紫龍に幾度か戦いを挑んできたが、そのうちに修行仕合に付き合うこととなったのだ。

「お二人とも、お疲れ様」

と、シュンレイが水とおにぎりを差し入れてきて、二人とも仕合を切り上げ一休みと相成った。

「しかしこうやって自然とたたずむのも悪くないな。今までの使命もくだらなくなってきた」

「出来れば俺たちとともにこの地上を守ってほしいんだが、これはままならないか」

紫龍の呼びかけにフレギアスは軽く笑みを浮かべて応える。

「今はこれが精いっぱいだな、だがいつかは本当の危機がくればな」

「・・・・・」

その二人の会話を聞いて、内心不安ながらも笑みを崩さないシュンレイが見守っていた。

|

« 第4話:修学旅行!<けいおん!!のおもいで> | トップページ | 復活、懐かしの少女アニメ、ですか »

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小説・聖闘士星矢VSセーラームーン(その1):

« 第4話:修学旅行!<けいおん!!のおもいで> | トップページ | 復活、懐かしの少女アニメ、ですか »