« 月刊ジョジョ17年度8月号 | トップページ | 第3話:ドラマー!<けいおん!!のおもいで> »

ONE PIECE反省会:ホールケーキアイランド編(その3)

マムの育ての親たるマザー・カルメルの写真を壊され、暴走状態となったビッグ・マム、その隙にマムを討伐せんとしたがマム自身の強大さと配下の子供たちの鉄壁のガードとともにそれが果たせず、魚人島の玉手箱爆弾の爆発を機にひとまずサンジとともにこの場を脱出せんとする。しかしなおもマムの追撃は収まらないのだったが。

ということでいよいよ佳境に入らんとしたボールケーキ・アイランド編事情によって今回は通過点的なレビューにとどまりますがあしからずご了承ください。

 

・ビッグ・マム:シャーロット・リンリンの知られざる秘密、

かつてその底知れぬ食欲ゆえ親にも捨てられた彼女、やがてその食欲が純粋な悪意に変わり、一時滞在したエルハブ、引き取ったマザー・カルメルまでも餌食にし、ついには大海賊にして四皇ビッグ・マムとして名を馳せた。たしかに彼女もなるべくして海賊になったのだが、カルメルもまた政府の回し者ということで、結局時代と世界に踊らされた帰結ともいうべきなのだが。

・政府の隠し玉

マムの娘プリンの結婚式に招待された歓楽街の女王ステューシー。しかしその実体は政府直属の諜報機関CP-0の工作員だった。その目的はビッグ・マムの監視はもちろんのこと、その他の裏社会の要員対策はいうまでもない。つまりは彼女によって裏社会の情報は政府に常に筒抜けということで。ということはスカウトされたルッチのほかにもCP-0、ひいては藤虎をはじめ海軍や政府の中にもまだまだ隠し玉がいるといったところか。

・戦いの帰趨

ひとまず逃亡したルフィたちだったが、このまま逃亡は成功するだろうか。述べるまでもなくこの戦いもまだまだ序の口を抜けたばかり。その次にはカイドウとワの国のつわものが待ち構えている。しかしひょっとしたらマムのいわゆる喰い患い、料理人たるサンジが決め手となるだろうか。あとシャーリーの予言である魚人島の崩壊も気になるところだけど。そしてプリンの動きも今後の切り札足りえるかといったところで。

いずれにしてもそれらをかんがみた上で次に控える戦いにおいてルフィたちが全員集合してことに臨めるだろうか、それとも、といったところで年末の反省会でまたお会いしましょう。

|

« 月刊ジョジョ17年度8月号 | トップページ | 第3話:ドラマー!<けいおん!!のおもいで> »

ONE PIECE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ONE PIECE反省会:ホールケーキアイランド編(その3):

« 月刊ジョジョ17年度8月号 | トップページ | 第3話:ドラマー!<けいおん!!のおもいで> »