« 番外編1:冬の日!<けいおん!のおもいで> | トップページ | ミニスーファミ、ですか »

エピソード18:物質界の逆襲(その10)

さてみなさん、今回のナムカプケイは、いよいよワルデモン編も大詰め、爆田博士とモーデン元帥との対戦をお送りいたします。爆田博士はともかくモーデン元帥の秘密兵器に果たしてどう立ち向かうかが今回のストーリーの運びです。それでは、ごゆっくり。

 

インターミッション

ベラボーマン「いよいよ、ワルデモンの中枢部、爆田博士の研究室ですね」

モモ「これを攻略すれば、ひとつの戦いも終わるのですね」

ハイデルン「うむ、これだけに戦力は侮れぬものがあるからな」

マルコ「聞いた話によればモーデン軍の主力も待ち構えてるっていうからな」

ターマ「ここは俺たちも力を貸してやろう」

アテナ「あの、ここは私もお力をお貸ししましょうか」

ハイデルン「うむ、いいだろう。繰り返すがくれぐれも油断なきように」

アテナ「はい」

ベラボーマン「了解しました」

 

火縄丸「じっちゃん大変だよ、奴らがすぐそこまで攻めてきた」

爆田博士「ふふ、ようやくおいでなすったか、しかしお主もわしの世話等でご苦労だったな。しかしここから先、わし一人で十分じゃ。老いぼれ一匹最後の大舞台、目に刻むがよいぞ」

火縄丸「じっちゃん・・・・・」

爆田博士「とはいうものの、ここはお主の力を借りねばならぬがな」

軍人の影「ふふ、吾輩も奴らに一泡吹かせねば気が済まぬのでな。貴殿とはいいお遊びができるわい」

 

MAP:ワルデモン基地・研究施設

 

・初期配置チーム

ベラボーマンチーム:ベラボーマン、ワンダーモモ

怒チーム:ハイデルン、ラルフ、クラーク

マルコチーム:マルコ、フィオ

ターマチーム:ターマ、エリ

あと4~5チームを任意で選択する。

 

・まず爆田博士が出現する。

爆田博士「わしが爆田博士じゃ!」

ベラボーマン「ようやくお出ましですね、できればここで引き下がってくれればいいのですが」

爆田博士「まだまだ切り札が残っているからのう。ここで退き下がってはおられぬわい」

・続いて一人の軍人も登場する。

ハイデルン「ふふ、ようやく現れたか、デビルリバース・モーデン元帥」

モーデン「ふふ、久しぶりだなハイデルン、ルガールにやられた傷はいまだうずいておるか。それともオロチの血に目覚めた娘も気になっているのか」

ハイデルン「貴様に気遣われるまでもない。しかし世の平和を乱す輩は野放しにはしておけぬからな。まずはお前たちを倒し、取り戻すことにしよう」

モーデン「甘く見るなよハイデルン。まずは我が精鋭を差し向けてくれよう」

爆田博士「ならばわしの子供たちも出さねばならぬな」

・まずモーデン軍の兵器とワルデモンの怪人たちが出現する。

ラルフ「おいでなすったな、こいつも遊びがいがあるな」

マルコ「さてじっくり遊びつくしてやるか」

ハイデルン「うむ、かねてからの作戦に基づき、着実に対処せよ」

「了解!」

 

・敵数体撃破後、増援が出現する。

ハイデルン「うむ増援か、しかし兵を小出しにするのはかえって不利ではないかね」

爆田博士「何の、これがわしの切り札じゃ。我が最高傑作たるウ號でお相手しよう」

 

・敵キャラクター紹介(その1)

ウ號(ベラボーマン):爆田博士の最終兵器。高出力のレーザーで攻撃する。

 

・数ターン後で異形の物体が現れる。

マルコ「なんだこりゃ、こいつは生物なのか」

モーデン「ふはははは、これぞ吾輩の切り札、火星の長“ルーツマーズ”だ」

ターマ「こいつは、ちょっと大きすぎるな」

エリ「こんなのが暴れられたらたまったもんじゃないわ」

フィオ「それ以上にこの町の被害がバカになりません」

・そこにアテナが単体で現れる。

アテナ「ここは私が動きを食い止めましょう。攻撃そのものは分かりませんが」

モーデン「ぬう、ものども、あの小娘を捕まえよ」

・モーデン軍の増援が多数出現する」

ハイデルン「うむ、この場は麻宮の身の安全を確保せよ」

 

・敵キャラクター紹介(その2)

ルーツマーズ(メタルスラッグ):マーズピープルの長でバイオサイボーグとして今まで生きながらえてきた。巨体を活かした機動力と頭脳からくる念動力が武器。

 

・ここからはアテナが敗走させずにルーツマーズを撃破しなければならない。

 

・アテナ説得1回目

アテナ『あなたの心の中に、寂しさを感じます。そこから湧き上がる怒りも、私には分かります・・・・・』

ルーツマーズ「・・・・・」

 

・アテナ説得2回目

アテナ『地球の人たちが、あなたに与えた仕打ちがどのようなものかは分かる気がします。でもみんなが悪い人ではありません・・・・・』

ルーツマーズ「・・・・・!」

 

・アテナ説得3回目

アテナ『・・・どうか、あなたの心を開いて、戦いをやめて下さい・・・・・』

ルーツマーズ「・・・ワカッタ・・・・・」

モーデン「何だと、逃げるというのかルーツマーズ、お主を地下から掘り起こし、蘇らせた恩を忘れるというのか」

ルーツマーズ「・・・ワタシハ、モウ、オマエニ、シタガワナイ・・・・・」

・ルーツマーズ、近くのモーデン兵をなぎ払う。

ルーツマーズ「サラバダ、チキュウノセンシヨ、ネガワクバ、トモニ、タタカワン、コトヲ・・・・・」

・ルーツマーズ、去っていく。

モーデン「ぬうう、小娘め、そしてハイデルン、このままでは終わらぬぞ、目にものを見せてやる」

・モーデン、一時撤退する。

ハイデルン「よくやった麻宮、あとは我々に任せて君は・・・・・」

アテナ「いえ、まだがんばれると思いますから」

ハイデルン「ふふ、やはりそう来たか、それでこそだな」

ラルフ「しかしあのモーデン、まだどんな手を使うことやら」

マルコ「その時はその時だ、どんな兵器でも負ける気がしねえぜ」

爆田博士「おお、我が弟子よ、ようやく調整が完了したかならば早速わしも」

・爆田博士も一時撤退する。

ハイデルン「うむ、そういえばエージェントの2人がまだ控えていたか」

ラルフ「とっととこいつらを片付けましょうや」

 

TO BE CONTINUED

|

« 番外編1:冬の日!<けいおん!のおもいで> | トップページ | ミニスーファミ、ですか »

ナムカプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/71073894

この記事へのトラックバック一覧です: エピソード18:物質界の逆襲(その10):

« 番外編1:冬の日!<けいおん!のおもいで> | トップページ | ミニスーファミ、ですか »