« 番外編2:ライブハウス!<けいおん!のおもいで> | トップページ | アニメ版ゴジラ、ですか »

KOFヒドゥンストーリー:ウイップ編MI

さてみなさん、今回のKOFヒドゥンストーリーは、ネスツ編からの鞭使いウイップのMIにてのシナリオをお送りいたします。ハイデルン傭兵部隊に所属しながらK’とのつながりも大切にする心配りも忘れない彼女の魅力を十二分に発揮できればと思っています。それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

ハイデルンの傭兵隊所属の工作兵にして元ネスツの工作員ウイップ。組織壊滅後は部隊の指揮下でK’たちの監視を名目に保護を担ってきた。今回も彼らの大会参加を受け、彼らの手助けをするべく再び非情なる戦いの場に乗り込んでいく。

 

第4回戦(対ナガセ)

・仕合前

ウイップ「さあ、見つけたわよ、あなたが先のメフィストフェレス事件、組織の関係者だってことは調査済みよ」

ナガセ「チッ、面倒な奴に目をかけられちまったね、とっとと片付けてオサラバだよ」

ウイップ「何を勘違いしているの、このウットドゥを前に、ただでは帰せないわよ」

ナガセ「ケッ、こちらこそ怪我だけじゃ済まされないよ、あたしの妙技にほえ面かくなよ」

・仕合後

ウイップ「ようやくおとなしくなったわね、さあ、あなたが知りえる情報を教えてもらうわよ」

ナガセ「クッ、そう言われておめおめ吐くとでも思ったのかよ」

ウイップ「あまり意地を張るものじゃないわよ、仕合に負けた以上、あなたには選択の余地はないのよ」

ナガセ「ふん、あたしを見くびるなって言っただろ」

と、ナガセは煙幕を張って姿を消す。

ウイップ「やはりそう来たわね、でも、これも織り込み済みよ」

と、発信器のスイッチを押し、この場を後にする。

 

第8回戦(対ルイーゼ)

・仕合前

ウイップ「およそ闘いには似合わない格好だけど、あなたも組織の関係者といったところかしら」

ルイーゼ「その程度の認識なら幼いわね。そういうあなたも今からでも身を引いた方が身のためよ」

ウイップ「何かを言い出すと思ったらくだらないわね、任務の障害となるなら廃除するまでよ」

・仕合後

ウイップ「まずはこんなところね、奇妙な業を使うといってもこの程度なら」

ルイーゼ「この程度が私の総てというわけじゃないけど、やはり後悔はないのね。ならこれからの闘い、絶対に負けないで」

ウイップ「これも愚問ね、でも、いつの間に」

 

第9回戦(対デューク)

・仕合前

屋敷の扉の前に立つウイップ

ウイップ「ついにここまで来たけど、まだ一つ邪魔者がいるわね」

扉が開き、デュークが現れる。

デューク「ふふ、“奴”に挑まんとするのは貴様か。しかしお前もただの小娘ではないな」

ウイップ「私のことは誰にも探れない、あなたの判断力では」

デューク「俺を侮るか、いやこの程度のオモチャで俺に挑まんか。いずれにしても一つ忠告するが、ここで身を引いても多少永くは生き延びることはできるだろう」

ウイップ「もういいわ、ここであなたを排除して先に進ませてもらうわ」

・仕合後

デューク「この俺が手こずるとは、やはり小手先の業使いではないな」

ウイップ「そんなあなたの慢心が敗因よ、さあ、先に進ませてもらうわ」

デューク「フッ、いいだろう。本当の恐怖がお前を待っている。せいぜい生き延びることだな」

と、デュークは去っていく。

ウイップ「本当の恐怖、大口をたたくほどたいしたことはないけれど」

 

最終戦(対ジヴァートマ)

・仕合前

中央広間にたどり着いたウイップ。

ウイップ「この中央の広間が決戦の場というわけね。いるのは分かっているわ」

「ふふ、よくぞここまでたどり着いたな、ここが最後の舞台、そして君の闘いもここで終わる・・・・・」

柱の間から、長身の男が現れる。

ウイップ「あなたが真の恐怖とやらね、まずは名乗ってもらおうかしら」

ジヴァートマ「君の対戦相手であると同時に、本大会の主催者でもある。“クシエル”を統べる闇の爪、ジヴァートマと見知りおいていただこうか」

ウイップ「クシエルのジヴァートマ、あなたがメフィストフェレスの黒幕だというのね」

ジヴァートマ「この星の闇を支配する、秘密結社“アデス”。その“アデス”が持つ無数のペルソナの一つと思ってもらいたい」

ウイップ「いずれにしても、あなたの目的を教えてもらおうかしら。どうせろくでもないけれど」

ジヴァートマ「強靭な肉体を持つ格闘家を集めるため、と言っておこう。無論、君が魅力的な女性だからといって、その例外ではない。さあ、その肉体を”我々“に委ねたまえ」

ウイップ「やはりろくでもないわね、私は誰にも、利用されない」

・仕合後

ウイップ「たしかに空恐ろしかったわ、でも恐怖というまでもなかったわ」

ジヴァートマ「・・・流石だな、まさか、この星の人間に敗れるとは、思わなかったよ・・・・・」

ウイップ「興味はないけれど、まるで宇宙人みたいな物言いね」

ジヴァートマ「さて、次に会う時までに、もう少し気の利いた答えを出したいものだ」

ウイップ「やはりこのままにしておくわけにはいかないわね、ここで倒させてもらおうかしら」

ジヴァートマ「フッ、いずれ君もその事実に恐怖することになるだろう、“我々”は、不滅なのだよ・・・・・」

と言って姿を消すジヴァートマ。

ウイップ「まさか、消えたのね。また面倒なことが起こるというの」

その直後屋敷が音を立てて崩れ始める。

ウイップ「うん、今はこの場を離れるしかないわね」

 

エンディング

なんとか屋敷を抜け出せたウイップ。そこにラルフとK’、クーラが駆け付けてきた。

ラルフ「おーいムチ子、無事だったか」

クーラ「イヤな奴はやっつけたようだね、セーラ」
 
K’「・・・・・」

ウイップ「ええ、ひとまずは」

ラルフ「で、今度はどんな奴と遊んできたんだ」

ウイップ「・・・・・」

クーラ「やっぱり宇宙人?」

ウイップ「・・・そんなところね」

ラルフ「まあ何にせよ不確定要素が多すぎるからな、今後はみんなで作戦会議だ、今からパオパオカフェでディナーと洒落込もうぜ、もちろんお前のおごりでな」

とウイップに呼び掛けてから、ラルフはクーラの肩をかけようとするが、冷気でそれを阻むも結局クーラもついていくことに。しばらくたたずむウイップにK’が声をかける。

K’「・・・行くぜ、セーラ」

ウイップ「・・・ええ、そうね、サリー」

そして二人もこの場を去っていく。

 

(スタッフロールへ)

|

« 番外編2:ライブハウス!<けいおん!のおもいで> | トップページ | アニメ版ゴジラ、ですか »

KOF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/71103431

この記事へのトラックバック一覧です: KOFヒドゥンストーリー:ウイップ編MI:

« 番外編2:ライブハウス!<けいおん!のおもいで> | トップページ | アニメ版ゴジラ、ですか »