« 第10話:また合宿!<けいおん!のおもいで> | トップページ | ヤラされ両さんの人生行浪<こち亀感謝祭6月号> »

KOFヒドゥンストーリー:山崎竜二編MI

さてみなさん、今回のヒドゥンストーリーは、狂乱の喧嘩士、山崎竜二のMIストーリーをお送りいたします。その本能と狂気を込めた拳がサウスタウンに再び轟くことでしょう。果たしてその赴く先やいかにということで、それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

香港で暗躍する闇ブローカー、山崎竜二。いにしえの龍族並びに闇に堕ちた龍オロチ一族の末裔でもある。そんな彼も己の闘争本能の赴くまま、気に入らない相手を次々とブチのめしてきた。今回の大会もブチのめしがいがある相手を求めて再びサウスタウンに降り立つのだった。

 

第4回戦(対社)

・仕合前

山崎「誰かと思えばまたおめえか、今度も楽しませてくれるよなあ、ヘヘヘ」

社「俺もお前をブチのめせられるかと思うと今から楽しみでたまんないぜ。こいつはいい殺し合いになりそうだなあ」

山崎「負けても恨みっこなしなら話が早え、今から俺様にブチ殺されても文句は言わねえよなあ」

社「何を勘違いしてやがる、ブチ殺されるのはお前の方だよ、何故ならお前には負ける気がしねえからな」

・仕合後

山崎「ケッ、もう終わりかよ」

社「もうちょっと楽しめると思ったがこちらの方がいっぱい打たれちまったか。こいつはしょうがねえな」

山崎「それじゃあ仕上げといこうか、ブチ殺されるときにいい鳴き声が聞こえるよなあ」

社「冗談じゃねえ、ここでお前にやられてたまるもんかよ、あばよ」

山崎「おう、待ちやがれ、って、チッ、くだらねえ」

 

第8回戦(対ルイーゼ)

・仕合前

山崎「へへっ、なかなかにそそられる姉ちゃんじゃねえか、俺と遊びたいのかあ」

ルイーゼ「これは不快な物言いね、しかしそれ以上にあなたの血は冥すぎるわ」

山崎「はあ、何言ってんだ、どのみち俺の前に立ったんだ、それなりの覚悟はできてるんだろうなあ」

ルイーゼ「少なくともあなた以上には覚悟はあるわ。そういうあなたこそ、ここで私に敗けた方が、あなたの身のためよ」

・仕合後

山崎「結構やるじゃねえか、ヘヘヘ」

ルイーゼ「あなたの力、やはり侮っていたわ。こうなったら致し方ないわね。ここから先はいかにあなたでも。ともかくせいぜい頑張ることね」

と言って、ルイーゼは姿を消す。

山崎「何だあ、おう、どこへ消えやがったんだ、ええ」

 

第9回戦(対デューク)

・仕合前

屋敷の扉の前に立つ山崎。

山崎「おう、そこにいるのは分かってるんだぜ、とっととツラぁ出しな」

扉が開き、デュークが現れる。

デューク「ふふ、”奴“に挑まんとするのは貴様か。ほう、裏町では少しは名の知れた実力者どのか」

山崎「ケッ、何を知ってるか知らねえが、てめえをブッ倒すことにゃ変わりはねえがよ」

デューク「やはり威勢がいいな、それでこそだ、だが一つ忠告するが身を引いても多少長くは生き延びることはできるだろう」

山崎「今更怖気づいたか、くだらねえ、この山崎さまの拳から抜けられると思ったら、大間違いだぜえ、ケケケ」

・仕合後

デューク「フッ、貴様の狂気の拳、流石に俺の身にも響いたぞ」

山崎「なんならその身をブチ砕いてもいいんだぜ」

デューク「それも面白いが、あいにく奴を待たせるわけにもいかんのでな、ここらで失礼させてもらおう」

デューク、姿を消す。

山崎「ケッ、逃げやがった。ま、次は楽しませてくれるだろうなあ」

(対ジヴァートマ)

・仕合前

山崎「おう、いるのは分かっているからよお、とっとと姿を現しな」

「ふふ、よくぞここまでたどり着いたな、ここが最後の舞台、そして君の闘いもここで終わる・・・・・」

柱の間から、長身の男が現れる。

山崎「ようやく姿を現しやがったか、おめえが最後のお相手ってとこか」

ジヴァートマ「君の対戦相手であると同時に、本大会の主催者でもある。”クシエル“を統べる闇の爪、ジヴァートマと見知りおいていただこうか」

山崎「おいおい、おめえ先の奴とは違うってのかあ」

ジヴァートマ「この星の闇を支配する、秘密結社“アデス”。その“アデス”が持つ無数のペルソナの一つと思ってもらいたい」

山崎「だからわけのわかんねえこと言ってんじゃねえ、いずれ俺と闘いてえんだろお」

ジヴァートマ「無論だ、“我々の”の目的は強靭な肉体を持つ格闘家を集めるため、と言っておこう。さあ、その肉体を”我々“に委ねたまえ」

山崎「ヘッヘッヘ、そんなにブチのめされてえなら、望み通りブチ殺してやるぜえ」

・仕合後

ジヴァートマ「・・・流石だな、まさか、この星の人間、否この星の力の端くれに敗れるとは、思わなかったよ・・・・・」

山崎「チッ、くだらねえ

ジヴァートマ「君を失望させるつもりはなかったが、次までもっと気の利いたセリフを考えるとしよう」

山崎「おいおい、これで終わりとは言わねえよなあ」

ジヴァートマ「無論そのつもりだ、いずれ君も少しは理解できるだろう、“我々”は、不滅なのだよ・・・・・」

と言って姿を消すジヴァートマ。

山崎「おいおい、逃げるのかよお」

その後屋敷が音を立てて崩れ始める。

山崎「ケッ、ふざけんじゃねえぇぇぇぇ!!

 

エンディング

なんとか屋敷から抜け出せた山崎

山崎「チッ、これじゃあ暴れたりねえぜえ。もっとブチ殺しがいがある奴はいねえのかよお」

目の前には京と庵が今まさに闘わんとしていた。

山崎「面白えことしてるじゃねえか。ちったあ俺も交ぜろよなあぁぁぁぁ!!

京「チッ、また面倒そうな奴が現れやがったな」

庵「なら叩き潰すまでだ、誰一人邪魔はさせん」

山崎「ケッ、のけもんにすんじゃねえよおぉぉぉぉ!」

襲い掛かる山崎に迎え討つ京と庵。双方激突し、大爆発とともにホワイトアウト。そして山崎の声が響く。

山崎「ヘッ、まだ喰い足りねえなあ」

 

(スタッフロールへ)

|

« 第10話:また合宿!<けいおん!のおもいで> | トップページ | ヤラされ両さんの人生行浪<こち亀感謝祭6月号> »

KOF」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KOFヒドゥンストーリー:山崎竜二編MI:

« 第10話:また合宿!<けいおん!のおもいで> | トップページ | ヤラされ両さんの人生行浪<こち亀感謝祭6月号> »