« 聖闘士星矢ハリウッド映画化、ですか | トップページ | 三島平八対テイルズ系キャラ<CAPCOM VS SNK・namco> »

各誌レビュー17年度6月号(その2)

さて今週の各誌レビューは、

サンデー
<境界のRINNE>
抹悟と杏珠とのデート、霊を総動員して進展させんとしたが結局はすれ違い。あとは自己満足だけか。

<トキワ来たれり・最終回>
大いなる別れの後、トキワたちはともかく敵も味方もまた新たな生活を始めていく。
物語については3つの異なる主人公が集って活躍するといったシチュエーションには心惹かれたものがあったけど、やはりムーブメントに関してはケンイチのようにないかなかったか。
ここで次回作についても語られているが、ここは無理を承知でケンイチの補完もしてほしいところ、せっかく梁山泊の長老もゲスト出演してくれたし。
ともかくもトキワの物語はここでシメることにして、またの機会にお会いいたしましょう。

チャンピオン
<刃牙道>
花山の飾らぬ構えにどこまでも真っ白さを覚えつつ、その拳を受けてしまう。やはりこのままでは終わらないムサシではあるが。

<浦筋>
通販での便利グッズはいいけど、やはり人はいらないなあ。

<ふしぎ研究部>
しかし何で街中にクマがいるんだと思いつつ、今日びのクマ撃退法を教えてくれるんだなと言ってみたり。

ヤンジャン
<ファインダー>
遊んで回っていい作品が撮れたのはまずよしとして、写真部の部長はどこぞの偽善者とは違い普通に厳しくてほめる時は褒めるものだな。

というわけで次週からヤンジャンをレギュラー化する運びとなりました、それではまた。

|

« 聖闘士星矢ハリウッド映画化、ですか | トップページ | 三島平八対テイルズ系キャラ<CAPCOM VS SNK・namco> »

マンガその他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/70803629

この記事へのトラックバック一覧です: 各誌レビュー17年度6月号(その2):

« 聖闘士星矢ハリウッド映画化、ですか | トップページ | 三島平八対テイルズ系キャラ<CAPCOM VS SNK・namco> »