« 第9話:新入部員!<けいおん!のおもいで> | トップページ | HUNTER×HUNTER連載再開、ですか17 »

エピソード18:物質界の逆襲(その9)<namco×CAPCOM・SNK>

さてみなさん、今回のナムカプケイは、ワルデモン編において、そして原作のナムカプからの懸案でもある。ワンダーモモとアマゾーナとの対戦に決着がつく運びとなります。果たしてその帰結するものはいかにということで、それでは、ごゆっくり。

 

・インターミッション

ハイデルン「ここでの戦闘は可能な限り要人確保を目的とする。成功を祈るとともにくれぐれも無理はせぬこと、なおこのミッションではワルキューレ、麻宮アテナ両人の負傷をもって一時撤退とする。何か質問は」

ラルフ「要するに嬢ちゃんたちが負けたらアウトってことですが、実際闘って大丈夫ですかねえ」

アテナ「それは大丈夫だと思います。今までは強力な結界があり思うようにいきませんでしたから。今回はそれらの要素は弱まっていると思います」

ワルキューレ「あとは彼女たち次第ということですが」

レオ「いずれにしてもここは彼女たちを守りつつことに当たらねばな」

 

MAP:ワルデモン基地・兵器工場

・まずティラノ、アタックボンバー等強力ユニットが立ちはだかる。

ラルフ「ます小手調べってことか、ここは俺たちで十分だろ」

クラーク「くれぐれも油断しないで下さいね」

ラルフ「分かってるよ」

 

・初期配置チーム

怒チーム:ハイデルン、ラルフ、クラーク

ベラボーマンチーム:ベラボーマン、ワンダーモモ

タキチーム:タキ、ソフィーティア

ワルキューレチーム:ワルキューレ、クリノ、サビーヌ

あと4~5チームを任意で

 

・敵数体撃破後、鉄拳衆メンバーが出現する。

フォレスト「なるほど、シャモアンの呼びかけでここまで来たが、ここまで侵攻されているとはな」

エディ「そろそろ俺たちも決める時だな、あらためてどっちにつくか、聞けば仁があちら側についたというから、奴も一八を討つべく動くなら」

ブルース「今は戦いに専念することだ、その上で決めても遅くはない」

「おう」

 

・ロウ、フォレストと対戦

フォレスト「親父、いやもう何も言うことはないな」

ロウ「ああ、お前の義理を果たすため、俺の胸をいくらでも貸してやろう」

 

・クリスティ、エディと対戦

クリスティ「エディ、やはりまだ戦うというの」

エディ「まだ踏ん切りが付けていなくてな、それにシャモアンの義理も忘れちゃならない」

 

・オリジナルJACK、鉄拳衆と対戦

JACK「指令:敵の殲滅、ただし、フォレスト・ロウ、エディ=ゴルドは極力確保の努力を」

 

・さらに数体撃破後、アマゾーナ、わや姫、シャモアンが怪人を引き連れて出現する。

シャモアン「久し振りだな、ワンダーモモ。それにクリスティもいるのか」

モモ「シャモアン、それにアマゾーナにわや姫さん」

アマゾーナ「・・・モモ・・・・・」

わや姫「・・・・・」

ベラボーマン「応答がないということは、どうやら僕たちのことは覚えていないようですね」

タキ「やはり、倒すしかないのか」

シャモアン「さあな、戦っているうちに正気に戻ることもある。ならばそれにかけてみるか」

モモ「・・・・・」

 

・モモ、アマゾーナと対戦

アマゾーナ「・・・モ、モモ・・・・・!」

モモ「大丈夫、すべて受け止めるから、どこからでもかかってきて」

アマゾーナ「・・・う、うおぉぉぉ!!

 

・ベラボーマン、わや姫と対戦

わや姫「あなたの、負けよ」

ベラボーマン「今は単なる戦闘マシンですね、大丈夫、闘っているうちに元のあなたになりますよ、たぶん」

 

・タキ、わや姫と対戦

タキ「今は何も言うまい、我が夢想の刃をもって、お主の心を呼び覚ましてやろう」

わや姫「我が名は、わや姫、夢想抜刀流の、忍・・・・・」

 

・フォレスト撃破

フォレスト「ここまでだな、無理を承知で投降したい」

ハイデルン「ならば両手を頭に置きゆっくりと近付きたまえ」

ロウ「おお、やっと踏ん切りがついたか」

 

・エディ撃破

エディ「ここまでか、意地を張るのは。手にかかるのは本意ではないが」

クリスティ「大丈夫、私がいるから、私たちでもう一度やり直しましょう」

 

・ブルース撃破

ブルース「ここは潮時だな、ここらで失礼する」

ハイデルン「撤退するのか、それもいいだろうが」

ブルース「まだまだリーには義理があるからな、また会うこともあるだろう」

 

・アマゾーナ撃破

アマゾーナ「・・・モモ、ああ、私は・・・・・」

モモ「大丈夫、もうあなたを脅かすのはいないから」

 

・わや姫撃破

わや姫「私は、いったい、ああ、タキ、それにベラボーマン」

ベラボーマン「おお、ようやく記憶が戻ったのです、って消してなかったんですね」

タキ「いずれにせよ、元のお主に戻ったか」

 

・シャモアン撃破

シャモアン「さて、俺の役目はほぼ終わったな。ここらで失礼させてもらうか」

モモ「シャモアン」

クリスティ「やっぱり、はじめからそのつもりで」

シャモアン「さてどうかな、いずれにしてもお前たちとはまた会うこともある。それまでせいぜい強くなれよ」

 

・アマゾーナ、わや姫撃破後

ワルキューレ「二人とも鎮まったようですね、アテナさん、そろそろ始めましょう」

アテナ「はい」

ワルキューレとアテナ、二人を浄化する

アマゾーナ「ああ、暖かい光だ・・・・・」

わや姫「すべてのしがらみが、晴れていくようね」

 

・敵全滅後

ベラボーマン「何とか収まりましたね、しかしわや姫たちはともかくフォレストさんたちも投降してくるとは意外といえばそうですが」

ロウ「フォレストのことは俺に任せてくれ、聞きたいことはいっぱいあるからな」

ハイデルン「そうだな、ここは親子水入らずでお任せしよう。それでは、一時撤収」

アテナ(やはり、うれしそうですね)

ハイデルン(たしかに、浮かれてばかりではいられないが)

アテナ(はい)

 

MAPクリア

 

インターミッション

エディ「何度も話したが、そもそも一介の武器商人だったG社を乗っ取った三島一八が三島財閥と敵対し、今まで争乱を繰り広げてきたのは周知のとおり、俺は一八への敵対心から財閥に協力した。今財閥は仁八と一美が乗っ取った形となっている。いずれにせよあんたらにとっては厄介な存在であるのは変わりはない」

ハイデルン「それは確認済みだ、詳しいことは逐次聞くことにしよう」

エディ「ああ、できる限り協力しよう。それにあいつがどれだけ強くなったか、それも見てみたいからな」

クリスティ「エディ・・・・・」

 

シャオユウ「ちょっと、何でまた闘ってるのロウさんとフォレストも」

飛鳥「余計なケンカやったらうちに任せや」

ポール「待てよ、親子水入らずのスキンシップだ、無粋なことはなしだ」

ロウ「どうしたフォレスト、あっちにいて腕がなまったか」

フォレスト「だからこうして親父に鍛えられてるんだ、あとで親父のマズいチャーハンも喰いたいからよ」

ロウ「おお、お前がイヤというまでたっぷり食わせてやろう」

 

中村「ところでどうしてあなたの記憶を調整しなかったのでしょう」

わや姫「さあ分からないわ、実際に私の調整を行ったのはブラック(ベラボー)やシャモアンだったから。記憶を操作しなかったことは、おそらく博士も知っているはず」

タキ「それはそうと、これから先我らと共にするならば、お主が爆田博士と対することにもなるやもしれぬ」

わや姫「それも、覚悟の上だから」

中村「そうですね」

 

アマゾーナ「・・・モモ・・・・・」

モモ「大丈夫、アマゾーナ」

アマゾーナ「・・・うん、私は、不安だったんだ、日々ステージで主人公として活躍しているモモに対して、単なる敵役としてしかない私が、どうしても取り残されると思ったんだ」

モモ「それは、違うわ。ステージは私だけじゃ演じ切れないから。あなたやみんながいてこそのステージだから」

アテナ「そうですよ。私のステージだって、私の歌を演奏するバンドさんや舞台のスタッフさんがあってこそ初めて成立するのもだから」

モモ「これからの戦いも、みんなが力を合わせて、平和も守られるものだから。だからあなたにもできれば力を合わせてほしいの」

アマゾーナ「ああ、分かったよ、モモ。でもその後でまた仕合おう、正々堂々と」

モモ「ええ、喜んで」

 

TO BE CONTINUED

|

« 第9話:新入部員!<けいおん!のおもいで> | トップページ | HUNTER×HUNTER連載再開、ですか17 »

ナムカプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/70754099

この記事へのトラックバック一覧です: エピソード18:物質界の逆襲(その9)<namco×CAPCOM・SNK>:

« 第9話:新入部員!<けいおん!のおもいで> | トップページ | HUNTER×HUNTER連載再開、ですか17 »