« 第7話:クリスマス!<けいおん!のおもいで> | トップページ | 6月のおしらせ »

江田島平八<ジャンプVSカプコン>

さてみなさん、今回のジャンカプはいよいよ大詰め、男塾塾長江田島平八の記事をお送りする運びです。ある意味伝説のキャラとなった塾長、この記事でも語りつくせない魅力と実力をできうる限りお送りする運びです。それでは、ごゆっくり。

 

名前:江田島平八

出展作品:魁!男塾

ご存じ、男塾の塾長である大人物で、長年この国のために力を振るい今に至った彼も、今回の凶事を受け、いくらかの手を打つと同じく、その元凶の女神の動向を監視しつつ多くの激闘を勝ち抜いた強者に最後の試練を課すべく立ちはだかるのだった。

 

・特殊技

隕石落とし(空中で下要素+パンチ):頭から飛び込んで頭突きを繰り出す。

・投げ技

投げ落とし(相手の近くで前後+中、大パンチ):片手で相手をつかみ、そのまま投げ落とす。

バチキ(相手の近くで前後+中、大キック):片手で相手をつかみ、頭突きをくらわせる。

・必殺技

漢の鉄拳(236+パンチ):踏み込んで正拳を繰り出す。

漢の右足(236+キック):軽く飛び込んで踏みつける。

波環阿頭突き(623+パンチ):飛び上って頭突きを繰り出す。

波環阿守羅夢(214+パンチ):大きく構えてから攻撃を受け止め、抱え込んで後ろに投げ落とす。

跳ね返し(214+キック):腕を十字に組み飛び道具を受け止めてから跳ね返す。

・スーパーコンボ

大立ち回り(236+パンチ2つ):踏み込んでパンチのラッシュをかける。

阿亜守躯衛駆(214+パンチ2つ:両腕を地面に叩きつけて衝撃波を繰り出す。

・ハイパーコンボ

超・隕石落とし(236+パンチ全部):空中ではそのまま、地上では一旦飛び上がり、気合いのこもった頭突きをくらわせる。飛び上り様に相手を巻き込ませるのが強みか。

 

リュウ:真の格闘家こそが真の男である、貴様もわしの手で鍛えたくなったわい。

春麗:いくらでも蹴っていけばやはりきくのう、お主も女ながら侮れなんだわい。

ガイル:うかつに近付けぬがお主の戦略か、わしもさすがにカミカゼとはいかんからな。

ザンギエフ:祖国のために耐える姿は見事である、だがわしも貴様並みに鍛えておるわ。

ダルシム:坊主と説教はわしも苦手だが、業に限っては貴様とはあいそうじゃわい。

さくら:ここまで遊べたとはわしも驚きである、これに懲りずいつでも来るがいい。

キャミィ:たしかに刺客としては優しいのう、もう少しでお主の心も開こうか。

ダン:業の拙さも心意気で補うか、貴様がよければいつでも鍛えてしんぜよう。

ローズ:運気など気迫で拓いてみせよう、と思うた頃もあったが、今日はどうかのう。

デミトリ:魔界のつわものもこんなものか、わしの前で強さを語るには早すぎたな。

モリガン:色香ならきいたがそれに呑まれぬまでだ、しかしお主もいい実力である。

フェリシア:子猫を愛でるには大きすぎたか、まあ遊べただけでももうけものである。

バレッタ:小さいながらかなりの刺客っぷりだな、お次は根性を鍛えてやろうかの。

バツ:どうした雷蔵の息子よ、貴様の忌野流もまたまた力を出しきってはおるまいて。

あきら:女子には女子の強さがあるでのう、そう背伸びせずお主の強さを磨くがいい。

英雄:我が男塾にも欲しい逸材だが、ちと理屈に走るきらいがありそうだからのう。

テビロット:せっかくのよき性根だ、お主らも機械に頼らず己が身一つで来るがいい。

トロン:たかが玩具とはよもや言わぬぞ、わしも遊んでいて楽しかったからのう。

飛竜:かすり傷と少しの冷や汗か、これだけならば貴様と仕合ったかいもあったな。

ダンテ:地獄の鬼も貴様にとっては赤子じゃが、貴様自身は赤子とはいかなんだわ。

アマテラス:少し大人しくなったかのう、ちょっと噛みつく方が可愛いもんじゃ。

イングリ:あの時とは大違いじゃろう、わしもお主に遊ばれっぱなしではいられぬわ。

 

悟空:気迫だったらわしも負けてはおらんぞ、貴様との仕合はまさに充実である。

ルフィ:その身のみならず覇気と魂を身に付けたか、やはり貴様も真の海の男である。

ナルト:お主の忍道もここまで極まったのう、ヒルゼンもあの世で喜んでいようて。

銀時:貴様の士道もまた男道、己が道を極めればお主も立派なる侍たりえるのである。

剣心:己の命をかけて友を守り敵を活かす、よもやお主に教えられるとはのう。

一護:卍解の理を会得したはいいが、それだけなら男塾では初歩の極意である。

トリコ:ちょうど腹も空いてきたころだ、貴様がおすすめのディナーを味わうかのう。

男鹿:この子のためにいつでも門を開いておる、貴様もいつでも鍛えにくるがいい。

星矢:あやつまであと一歩である、ここで貴様が倒れれば誰が沙織どのを護れるか。

翼:思わずお主ごと蹴り飛ばしたわ、その分一体化したとはやはり見事である。

ウイングマン:ヒーローは一日にしてならずである、貴様の精進を出しきってみせよ。

寿乱子:たしかに力業なら文句はないがの、やはりお主の女っぷりが足りないわ。

承太郎:これぞ貴様の士道であったか、そのスタンドとともに信念の拳を感じたぞ。

桃太郎:腕を上げたな桃よ、これからの男塾と日本は貴様の腕にかかっておるのだ。

キン肉マン:わしも超人の域まで至ればと思ってな、貴様と仕合えてよかったわい。

一堂零:一芸極まればそれ即ち武にも繋がるものである、貴様も真の漢であったな。

幽助:死をも乗り越えたというがまだまだだな、場数をひかねばわしにも至らぬぞ。

大尊:貴様も漢の片鱗を見せるか、なれば今一度拳に信念込めて打ち込んでみせい。

ひろし:お前たちのド根性は闘うて腹一杯だぞ、いつでも男塾の門は開いているぞ。

ララ:闘いでの色仕掛けで終わるお主でもあるまい、もっと女の度胸を見せい。

金色の闇:お主の武器なら耐えてみたが、女の度胸が足りぬのが惜しかったのう。

両津:貴様もいよいよ伝説か、今夜は飲み明かそう、もちろんわしのおごりでな。

|

« 第7話:クリスマス!<けいおん!のおもいで> | トップページ | 6月のおしらせ »

カプコン」カテゴリの記事

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/70624820

この記事へのトラックバック一覧です: 江田島平八<ジャンプVSカプコン>:

« 第7話:クリスマス!<けいおん!のおもいで> | トップページ | 6月のおしらせ »