« 第5話:顧問!<けいおん!のおもいで> | トップページ | 銀英伝新アニメ化、ですか(概略) »

エピソード18:物質界の逆襲(その8)

さてみなさん、今回のナムカプケイは、物質界の逆襲・ワルデモン編のその3をお送りいたします。モーデン軍の主力とアウトフォクシーズにエージェントたちの熱い戦いをここにお送りする運びです。なかでも最近話題のメタスラアタックの敵キャラも盛り込んだ企画となっていります。それでは、ごゆっくり。

 

・インターミッション

ジョン「さて情報によれば、爆田博士との縁でチンの爺さんやベッティたちが待ち構えているというが」

サル兄「それにドゥイーブもいるっていうぞ。できれば俺たちで何とかしたいが」

ホワイト「それには気を配りたい、なんにせよ面倒ごとは早く済ませたい」

マルコ「ちょっと失礼するが、新しい情報によれば、モーデン軍からオニール以外にも差し向けているって話だ、たしかモーデンの側近中の側近だというからな」

ハイデルン「うむ、まずモーデン軍の情報将校ベアトリスと作戦指揮官アビケイルの二人、あとオニールの息子をはじめ精鋭ぞろいだ、くれぐれも油断なきよう」

「了解!」

 

MAP:ワルデモン基地・訓練施設

・初期配置チーム

怒チーム:ハイデルン、ラルフ、クラーク

マルコチーム:マルコ、フィオ

ターマチーム:ターマ、エリ

ジョンチーム:ジョン、ホワイト

あと4~5チームを任意で

 

・プレイヤーチーム選択後で爆田軍団が現れる。

ダニー「みなさんお待たせー」

ラルフ「まずはオモチャの兵隊で肩慣らしだ、多少ぶっ壊しても恨みっこなしだ」

クラーク「ここまでの地下なら多少の無茶も利くだろう、ベラボーマンさん」

ベラボーマン「そうですねえ、でも本隊の姿もちらほらと見えますよ」

デミ「ここまで来たらお疲れ様、不躾だけどここでやられちゃってほしいの」

ジョン「たしかに不躾だな、だがお前らの言いようにやられちゃいられねえから、とっとと片付けてオサラバだ」

ホワイト「多少手荒になるがそれなりに覚悟をしてもらうぞ」

 

・敵数体撃破後、モーデン軍の増援が現れる。

アレンJr「待たせたな、我が来たからにはお前らの好きにはさせないぜ」

マルコ「それはこっちのセリフだ、返り討ちにしてやるぜ」

アレンJr「ばかめ、俺たちは先遣隊が本隊が到着するまで存分に料理してくれよう」

フィオ「なんか墓穴を掘っているようですね」

エリ「ほんと、間が抜けてるわ」

 

・さらに数体撃破後、さらに増援が現れる。

アビケイル「何をやっているの、まったく一人では何もできないんだから」

アレンJr「おお来たか二人とも、これで一安心だな」

ベアトリス「やはりあなた、ウザい。できればあなたごと消えてくれない」

フィオ「そうそうあなたがたの好きにはさせませんよ」

エリ「柄でもなくあんたがマジになってどうするの」

 

・それから1ターン後

オニール「ふふ、待たせたな、俺も戦線復帰だ」

アレンJr「おお親父、これで鬼に金棒だ」

ベアトリス「またウザい人が来たわね」

オニール「うむ、未だ斃せていないのか息子よ、帰ったら特訓だ」

アビケイル「もとから期待はしていないわよ、まあせいぜい頑張って」

 

・さらに数ターン後

ドゥイーブ「ウキッキ~!(ようやく俺たちの出番ってところか)」

ダニー「面白くなってきたね」

デミ「ボクたちも遊んでいこうか」

サル兄「ようやくおいでなすったな」

サル弟「宇宙犯罪者ドゥイーブ、神妙にお縄を頂戴しやがれ」

ドゥイーブ「ケッ、ここまで来ておめえらに邪魔されてなるもんか、返り討ちにしてやるぜ」

イヴ「そういきがるんじゃないの、あたしらも本気出さないとヤバいんだから」

ジョン「やっと姿を現したか、しかしベッティとチンの爺さんはまだ奥か」

イヴ「爆田博士の最終兵器の調整で忙しいからね」

ホワイト「ともかく、お前達には大人しくしてもらおう。しかしこういう物言いも我ながら気に入らんな」

ジョン「所詮俺たちは同じ穴のムジナだ。せいぜい迷惑をかけずにことを済ませようぜ」

 

・敵キャラクター紹介

アレンJr(メタルスラッグシリーズ):行動隊長アレン=オニールの息子。父親譲りの打たれ強さで1個中隊を任されている。

アビケイル(メタルスラッグシリーズ):モーデン軍の作戦指揮官。冷徹な性格で作戦を練り、たびたびスラッグ隊を苦しめる。

ベアトリス(メタルスラッグシリーズ):モーデン軍の情報将校。可憐な外見とは裏腹に冷血な性格。数々の冷凍兵器を用いる。

 

・ダニー、デミ撃破

ダニー「うーん、やられちゃったあ」

デミ「またいつか、遊んでね」

ホワイト「まったくやりにくかったな」

 

・イヴ撃破

イヴ「今更ながら勝ち負けを抜きにしてハゲしくて楽しかったわ」 

ホワイト「この物言いも引っかかるが、まあいいだろう」

 

・ドゥイーブ撃破

サル兄「観念しろ、お前もここまでだ」

ドゥイーブ「まだまだくたばってたかるか!」

ドゥイーブ、爆裂煙幕弾を用いて姿を消す。

サル弟「うわっ消えた、まったく芸のない奴だな」

ジョン「しかしいつの間にこんな芸を覚えたのか」

サル兄「あんたらで言うサル知恵ってやつだな。少しは静かになるけど」

サル弟「また追いかけなくちゃいけないけど、今はあんたたちについていって力を貸すよ」

ホワイト「ああ、すまないな」

 

・アレンJr撃破

アレンJr「何だと、くそっ、ここにきて体が動かないとは」

ターマ「まあそういうことだ、お前もまたダメージに気付かなかったんだな」

オニール「この程度で倒れるとは軟弱者め」

 

・オニール撃破

オニール「うおぉぉぉ、まさかこの程度で」

マルコ「まったくしぶとい奴だったな、これで大人しくなるだろう」

オニール「このままでは済まさぬ、覚えておれ」

 

・ベアトリス撃破

ベアトリス「くっ、あなたなんかに、このあたしが負けるわけないわ」

エリ「武器に頼りすぎなのよ、戦場はそんな甘いものではないわよ」

ベアトリス「あなたたち、絶対、絶対許さないんだから」

 

・アビケイル撃破

アビケイル「うっ、この私の戦略をここまでかいくぐるなんて」

フィオ「結構隙だらけでしたから、そこを突いて勝ったまでです」

アビケイル「私にも甘いところがあったわね、でも、このままでは・・・・・」

 

・敵全滅後

ジョン「ひとまず終わったな」

ホワイト「ああ、しかしまだまだ予断は許さないだろうがな」

マルコ「そうだな、まだ面倒な敵がいるからな」

ベラボーマン「そうですね、彼女たちはなんとしても救い出さないと」

ワルキューレ「あの、出来ればアマゾーナさんのことは私に任せて頂けませんか」

イリス「ああ、それならば私もお力添えをさせていただけないでしょうか」

ワルキューレ「そうですね、私からもお願いいたします」

ベラボーマン「それは有難いですね、僕からもお願いいたします」

モモ「待っていてアマゾーナ、わや姫」

 

TO BE CONTINUED

|

« 第5話:顧問!<けいおん!のおもいで> | トップページ | 銀英伝新アニメ化、ですか(概略) »

ナムカプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/70547928

この記事へのトラックバック一覧です: エピソード18:物質界の逆襲(その8):

« 第5話:顧問!<けいおん!のおもいで> | トップページ | 銀英伝新アニメ化、ですか(概略) »