« 最終話:彼らの居場所<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> | トップページ | KOFデスティニー、ですか »

豪拳<ジャンプVSカプコン・カプコン枠>

さてみなさん、今回のジャンカプはいよいよストⅣからの大物キャラ、豪拳の記事をお送りいたします。闘いの年季から鍛え上げた業と貫目でジャンプのつわものとどれだけ渡り合えるか。ひとまずはこういったところですので、それでは、ごゆっくり。

 

名前:豪拳

出展作品:ストリートファイターⅣ

空手を主体とした暗殺拳を伝承した孤高なる拳士。同門の豪鬼によって命を落としたと思われたが、ここ最近の戦いの場に姿を現すに至る。その目的は豪鬼を止めるためとか、自らの闘技から生ずる破壊と闘争の力、殺意の波動にとらわれんとする愛弟子のリュウを導かんとするためだとか、さまざまな憶測が飛び交う中、今回の争乱の中彼もまた立ち上がるのだ。

 

・勝利メッセージ集

悟空:噂以上の実力だったな、やはりぬしをたずねて仕合うた価値はあったわ。

ルフィ:伸びる分は面白いが、それ以上の覇気にも興味をひかれたものじゃて。

ナルト:ぬしの忍道、そして武道が皆を導く時が来る、そのための業をみがくがいい。

銀時:武もまずは形から出ずるもの、ぬしの形も変わってはおるが良き形じゃて。

剣心:不殺の心こそ活人の業、しかしそれ以上にぬしも人を守る剣たるべきじゃて。

一護:幽鬼漂うは死神たるぬしの業じゃが、それに負けぬ心こそ真の卍解じゃのう。

トリコ:闘いと同じ食事も馳走するとは気が利くのう、その好意は素直に受けようか。

男鹿:その赤子に頼るなとは言わぬ、今少しのぬしの拳、この儂に見せるがいいぞ。

星矢:ぬしのコスモはこんなものかのう、かつて神を抑えたその拳を楽しみたいぞ。

翼:儂とてもスポーツよりやはり武道だが、ぬしの魂も武道に通じているかのう。

ウイングマン:いまだ若いながらも英傑の器か、ならばこの豪拳の拳を抜け羽ばたくがいい。

寿乱子:この程度ならば野生の力には程遠いな、だがおなごが意気がるは可愛いがの。

承太郎:見えない力も見切ってみせるよ、儂とても刹那の業の閃きも見逃さぬて。

桃太郎:命かければいかなる死地も闘争も、たやすく明日へと切り開けるのじゃ。

キン肉マン:儂とても力押しならドンとこいだ、次はもう少し押してくるがいい。

一堂零:これほどの業を遊び半分でこなすとは、なれば本気の業も見たいものじゃ。

幽助:ぬしも死地を抜けてきたタマよのう、儂の若い頃とまるで瓜二つじゃて。

大尊:蛮勇に見えてなかなかの漢っぷりか、その貫目ゆえの強さは鍛えてもよいかな。

ひろし:これほどの根性とは侮れぬて、ぬしらも儂のもとで鍛えていかんかね。

ララ:見事なる女っぷりよのう、儂を相手に物怖じせぬ度胸と気高さは認めねばな。

両津:ぬしは何ゆえ己が侠を封じる、力抑えて朽ち果てるはやはり惜しい逸材じゃて。

ピッコロ:永く生きていればぬしごとき異邦とも仕合えるも、これまた重畳よのう。

ベジータ:幼い意地とは思うたが、ぬしも誇り高き男、その誇りさらに高めるがいい。

サスケ:覚えておくがいい、今は闇にたゆたうとも、いずれ人を導く光となろう。

金色の闇:武器や業は道具であり手段、それを使うはぬし自身の心次第なのだよ。

呂布:いにしえの豪傑に互角に渡り合わんとは儂の拳も、そして武も極まったかな。

DIO:時を止めようとも所詮は不意討ちか、この豪拳に一切の誤魔化しは通用せぬ。

フリーザ:闘うたびに強くなるのか、されど敵意はそのままなのがぬしの敗因かな。

セル:この老いぼれに取り込めるのは力の滓のみじゃが、やはりぬしには渡せぬな。

ハーデス:儂も死神には見放されてな、ゆえにぬしの刃にかかるわけにはいかぬ。

悪魔将軍:この程度で金剛心とは儂も張り合いがない、せめて超人魂を見せてくれい。

綱手:お嬢さんの悪運なら儂もついていければな、せっかく生き延びたからのう。

ジョセフ:ぬしほどではないが儂も年季が入ったの、さらに磨きをかけるつもりだ。

江田島:お互い易々死ねぬ身だからな、こうしてぬしと仕合うと昔を思い出すわい。

|

« 最終話:彼らの居場所<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> | トップページ | KOFデスティニー、ですか »

カプコン」カテゴリの記事

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/70043531

この記事へのトラックバック一覧です: 豪拳<ジャンプVSカプコン・カプコン枠>:

« 最終話:彼らの居場所<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> | トップページ | KOFデスティニー、ですか »