« 第2話:楽器!<けいおん!のおもいで> | トップページ | ウルトラマンジード、ですか »

チャムチャム<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>

チャムチャム・ストーリー

さてみなさん、今回の剣サム2は、グリーンヘルの炎の巫女チャムチャムのシナリオをお送りいたします。

真サムにてタムタムの代わりとして大活躍した彼女。その後タムタムの復帰でいまいち活躍の場が得られないかなといった感もあったけれど。原作剣サムでの活躍で一安心した思い出もありました。はたして今回の闘いの行方はいかにということで、それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

南米グリーンヘル、炎の巫女としてタムタムの手助けをしていたチャムチャムも、今回の武道会でワクワクする冒険と闘いが楽しめると意気込みつつも、ひとまず巫女のお勤めも忘れずに乗り込んでいく。はたして今回の争乱は何をもたらすのか。

 

ライバル戦その1(対リムルル)

・仕合前

チャムチャム「あっリムルルだ、久しぶりに仕合えるのは楽しみだよね」

リムルル「闘いはイヤだけど、チャムチャムと仕合えるのなら楽しみだよね」

チャムチャム「お互い巫女のお役目は忘れちゃいけないから、これも修行のつもりでいこう」

リムルル「そうだね、この仕合で少し強くなれればいいね」

・仕合後

チャムチャム「もうちょっとかな、炎と氷ならぶつければハデにはじけられたけれどね」

リムルル「ハデなだけじゃやはりダメかな。その気に負けない心と体を鍛えなきゃ」

チャムチャム「この次も仕合えればいいけど、まずボクが先に行くよ」

リムルル「うん、それだったら、気を付けてね」

 

ライバル戦その2(対タムタム)

・仕合前

チャムチャム「タム兄ちゃんがお相手だったらボクも気を引き締めないとね。ふつかモノですが、よろしくお願いします」

タムタム「アオッ、たむたむモちゃむちゃむノ成長見届ケル、コレモ楽シミ」

チャムチャム「ボクだって巫女のお役目を忘れちゃいられないから。でもどれだけ成長してるかな」

タムタム「遠慮ナクカカッテクル。コレモ侍ノ教エ」

・仕合後

チャムチャム「ちょっとキツかったけどまずは一本だね、もうちょっと修行しなきゃいけないけど」

タムタム「ウム、ココ一番ノ大勝負、ちゃむちゃむ対シナケレバナラナイ」

チャムチャム「ここにきてまだ大きな闘いがあるんだね」

タムタム「大丈夫、イザトナレバたむたむツイテル。デモナルベクちゃむちゃむ力尽クス」

チャムチャム「うん、ボクがんばる」

 

中ボス戦(以下4組の中から2組選択)

・萬三九六編

三九六「おう、俺様の強さに見惚れてるのか、まあおめえが良けりゃ付き合ってもいいけどよ」

チャムチャム「うん、ちょっと強そうじゃないけど、悪い人なら懲らしめちゃってもいいかな」

三九六「何だとこのガキ、どうやら痛え目を見てえようだな、だったらほえ面をかくなよ」

 

・黒河内夢路編

夢路「純真にして天真爛漫、あなたもまた仕合で傷付けるは本意ではないのですが」

チャムチャム「そんなに悪い人には見えないけれど、ちょっと思いつめると疲れるだけだよ」

夢路「これも性分なれば救われませんね、あなたの笑顔は本来守るべきなのですが致し方ありません」

 

・ドラコ編

ドラコ「たまには動物を狩るのも悪くはない。まずは傷付けて悲鳴を上げさせることにするか」

チャムチャム「まだ慣れたわけじゃないけど、今更鉄砲に怖がっちゃ、炎の巫女の名折れだからね」

ドラコ「さしあたっては大人しくしてろよ、無駄なあがきで襲い掛かられたら面倒だからな」

 

・アスラ編

アスラ「炎の巫女か、その炎で俺の憎炎を浄めんとするのか、これも面白い」

チャムチャム「うん、魔界の人なのは分かるけどね、やはり目が寂しそうだなあ」

アスラ「俺の哀しみだと、いや俺の心は誰にも分からぬ。お前も俺の闇を見てみるか」

 

対歴代ボス戦

チャムチャム「またまた大変なことになっちゃったな、でもがんばらなきゃね」

・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。

「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」

・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

 

対強力ボス戦(下記5組から1組を選択)

・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。

 

・闇天草編

天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めた!!!

チャムチャム「石の力で闇に堕ちちゃったんだね、ボクが祓えればいいけど、どうしよう」

 

・鬼斬紅郎編

斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!

チャムチャム「動いたら斬られそうだなあ、でもボクだって刀の動きを見切れたら」

 

・真ゴルバ編

ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!

チャムチャム「また悪いことしようとするんだねおじさん、だったら懲らしめてあげるよ、ちょっと怖いけど」

 

・魔界我旺編

我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!

チャムチャム「国だか何だか分からないけど、おじさんも世の中を荒らそうとするならボクが許さないよ」

 

・羅将神ミヅキ編

ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!

チャムチャム「また石の力を奪おうとするんだね、ボクらがいる限りそんなことはさせないよ」

 

最終戦(対壊帝ユガ)

「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。

我が名は、壊帝ユガ

今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」

チャムチャム「今までのよりずっと強そうな人だなあ、でもここは一発ボクの力をすべてぶつけなきゃね」

 

エンディング

魔を討ち祓い、世には再び平和が戻った。グリーンヘルではやはりチャムチャムが暇を持て余していたかにみえた。

「こう平和だと何もできないね、久しぶりにみんなにも会いたくなっちゃった」

そこでタムタムも一つの提案を持ち掛ける。

「アオッ、イツモ無理ダガ、時折ミンナノモト訪レルモイイ。コレわんばっく王子ノゴ依頼」

「王子さまのご依頼ならボクも喜んで行かなきゃね。今から楽しみになっちゃった」

ということで、ナコルルたちにのもとに遊びに行くついで、やはり多くの騒動にも巻き込まれ、それを解決することにもなる。

そんなチャムチャムの冒険譚、機会があればまたいつか。

|

« 第2話:楽器!<けいおん!のおもいで> | トップページ | ウルトラマンジード、ですか »

サムライスピリッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/70354185

この記事へのトラックバック一覧です: チャムチャム<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>:

« 第2話:楽器!<けいおん!のおもいで> | トップページ | ウルトラマンジード、ですか »