« 2月のおしらせ | トップページ | プリキュアアラモード、ですか »

KOFヒドゥンストーリーMI:ヴァネッサ編

さてみなさん、今回のKOFヒドゥンストーリーは、ネスツ編でも活躍した女エージェント、ヴァネッサのMIでのシナリオをお送りいたします。いつも通り裏面の調査とともに若い格闘家の面倒も見ようと乗り込んでいく彼女の様をここにお送りできればと思います。それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

女エージェント、ヴァネッサ。昨今の事件を経て様々な格闘家と知己となり、彼らの助力で今までの任務をこなしてきた。

そして今回の争乱においてもセスが受け持った案件をもとに彼女も乗り込んでいくのだった。

 

第4回戦(対キング)

・仕合前

ヴァネッサ「ここであなたと仕合えるとはね、イリュージョンのキング」

キング「まあ、こっちも放ってはいけない子たちがいるから、それだけ面倒の見がいがあるんだよね」

ヴァネッサ「それも分かるわよ、でも今はこの仕合を楽しんでもいいでしょう」

キング「そうだね、余計な考えは抜きにして楽しみたいね」

・仕合後

ヴァネッサ「参ったわね、あなたのことだから多少てこずってもいいと思ったけど、こうも疲れるなんて少し衰えたわね」

キング「あたしは腕を上げたつもりなんだけどね。あんたがそうじゃ心もとないのよね」

ヴァネッサ「たしかにここで怖気づいちゃいられないわね、ここはもうちょっと気を引き締めなきゃね」

キング「そうね、ここはいつもの度胸でかかればいいよ」

 

第8回戦(対ルイーゼ)

・仕合前

ヴァネッサ「さてお嬢さん、たしかに心もとなさそうだけれども、あなたが重要人物だってのもすでに調査済みよ」

ルイーゼ「そうね、それを分かっているなら話が早いわ、今からでも遅くはないから、身を引いた方が身のためよ」

ヴァネッサ「あらあら、ずいぶん優しいのね、でもここまで来たからには引いてはいられないからね。まずは私の実力を見てもらうわよお嬢さん」

・仕合後

ヴァネッサ「まあこんなところね、あなた以上の実力の人がいるっていうけど、今から楽しみになっちゃったわね」

ルイーゼ「たしかにあなたを侮ったのは認めるわ。それを押してあなたに頼みたいことがあるわ。これからの闘い、絶対に負けないで」

ヴァネッサ「ええ、それは期待してちょうだい、って流石に早いのね」

 

第9回戦(対デューク)

・仕合前

屋敷の扉の前に立つヴァネッサ。

ヴァネッサ「ここが決戦の扉、ここに今度の相手もお待ちかねってわけね」

扉が開き、デュークが現れる。

デューク「ふふ、”奴“に挑まんとするのは貴様か。やはりお前もまた顔を突っ込むということか」

ヴァネッサ「ひとまずは腐れ縁でね、今更この街に舞い戻って何を企もうってわけ」

デューク「お前が知る必要はない、一つ忠告するが身を引いても多少長くは生き延びることはできるだろう」

ヴァネッサ「今更愚問よね、こちらも格闘家の誇りってものがあるから、すんなりと引き下がれないのよね」

デューク「そういうことか、女に向ける拳はないが致し方がない。せめて痛みを感じることなく沈めてやろう」

・仕合後

デューク「何ということだ、この俺が女の拳に沈められるとは」

ヴァネッサ「パワーもリーチも申し分ないけど、向かいつつ避けて打とうとしたから勝てたかもね」

デューク「もはや小手先で敗れたとはいえんな、だが今一つ言っておく、ここから先、本当の恐怖が待ち構えている。やめるなら今のうちだぞ」

と、デュークは去っていく。

ヴァネッサ「本当の恐怖ねえ、それも面白いかもしれないわね」

 

最終戦(対ジヴァートマ)

・仕合前

中央広間にたどり着いたヴァネッサ。

ヴァネッサ「おあつらえ向きにリングも用意されているわね、こっちの用意はいいから出てきなさいな」

「ふふ、よくぞここまでたどり着いたな、ここが最後の舞台、そして君の闘いもここで終わる・・・・・」

柱の間から、長身の男が現れる。

ヴァネッサ「そういうあなたが最後の対戦相手ってわけね」

ジヴァートマ「君の対戦相手であると同時に、本大会の主催者でもある。”クシエル“を統べる闇の爪、ジヴァートマと見知りおいていただこうか」

ヴァネッサ「クシエルのジヴァートマ。先のメフィストフェレスと関係はありね」

ジヴァートマ「この星の闇を支配する、秘密結社“アデス”。その“アデス”が持つ無数のペルソナの一つと思ってもらいたい」

ヴァネッサ「つまり世界の闇ってわけね、ひとまずあなたたちの目的は何、一応聞いておかないとね」

ジヴァートマ「そうだな、強靭な肉体を持つ格闘家を集めるため、と言っておこう。無論、君が魅力的な女性だからといって、その例外ではない。さあ、その肉体を”我々“に委ねたまえ」

ヴァネッサ「あなたの言葉、すべてを読み切れているわけじゃないけど、私の応えはただ一つ“NO”よ。ともかくとっとと倒してオサラバよ」

・仕合後

ジヴァートマ「・・・流石だな、まさか、この星の人間に敗れるとは、思わなかったよ・・・・・」

ヴァネッサ「ちょっとてこずったけれどこんなところね」

ジヴァートマ「さあどうかな、次に会う時までに、もう少し本気を出してかかりたいがね」

ヴァネッサ「そういう面倒臭いのはこれっきりにしたいわね、ほんとあなたは何だっていうの」

ジヴァートマ「フッ、いずれ君もその事実に恐怖することになるだろう、“我々”は、不滅なのだよ・・・・・」

と言って姿を消すジヴァートマ。

ヴァネッサ「消えた、彼は本当に人間じゃないってこと」

その直後屋敷が音を立てて崩れ始める。

ヴァネッサ「どうやら、余計な詮索する暇はないわね」

 

エンディング

なんとか屋敷から抜け出せたヴァネッサ。

ヴァネッサ「ひとまずは切り抜けられたわね。さてこれからどうしようか」

そこに多少手傷を負ったセスがいた。

ヴァネッサ「あらセス、ずいぶんご活躍だったじゃない。腕白坊やのお守りも大変だったわね」

セス「まあな、男と男の語り合いにはやはり拳が一番だ。これもフェイトの約束の一つだからな」

ヴァネッサ「たしかに損な役回りよね。でもこれからの作戦にはあの子たちが必要になるからね」

セス「ああ、今後の計画に向けて作戦会議と洒落込もうか、もう先客が待っているからな」

ヴァネッサ「そうね、丁度お腹もすいてきたところだし」

と、二人はパオパオカフェへと足を運んでいく。

 

(スタッフロールへ)

|

« 2月のおしらせ | トップページ | プリキュアアラモード、ですか »

KOF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/69268407

この記事へのトラックバック一覧です: KOFヒドゥンストーリーMI:ヴァネッサ編:

« 2月のおしらせ | トップページ | プリキュアアラモード、ですか »