« ONE PIECE女学院第10話:非情のお茶会(前編) | トップページ | BORUTOテレビアニメ化、ですか »

つなみ<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サム2は、携帯関係でのいろはのライバル、つなみのシナリオをお送りいたします。巨大な盾を振りかざし守りとともに攻めの闘いを繰り広げることでしょう。果たして彼女の闘いの先にあるものはいかに、ということで、それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

松島亀仙の末裔つなみ

界隈に居住している浦島仙人の世話をしながらも、凶事の元凶たる魔の動向を監視し続けていた。

今回新たに開かれる武道大会を受け、旧知のいろはが出場するのを受け、彼女もまたお節介と思いつつも闘いの場に乗り出だすのだった。

 

ライバル戦その1:対いろは

・仕合前

つなみ「あらいろはさん、相変わらず呑気に構えていらっしゃいますわね、しかしあなたもそれなり勝ち進んでいらっしゃることには変わりはないのですが」

いろは「ああ、つなみさんもこの場に来られたのですね」

つなみ「いずれこのことが起きるのは必然。ここでお互いが仕合い、きたる闘いに備えねばなりませんわ」

いろは「そういうことならば喜んでお手合わせいたします、ですが手加減して下さいませ」

・仕合後

つなみ「ひとまずはこんなところですが、少しもの足りませんわ」

いろは「うーん、やはりかないませんです、ですが今一つ精進しなければなりませんね」

つなみ「それは期待させて頂きますわ、ここは私にお任せなさいまし。ええ、必ず帰って参りますわ」

いろは「はい、お気をつけて」

 

ライバル戦その2:対雲飛

・仕合前

つなみ「これは雲飛さま、貴方がお相手となればある意味重畳というべきでしょうか」

雲飛「そうさのう、この役目は儂が受け持つべきであるが、ここでそなたと競うはやはり不本意なれど」

つなみ「私がお役目を受け継ぐか否か、まずは自らを試すべきでしょうか」

雲飛「これもそなたらしいのう、しかしそなたの技量も見る価値はありかな」

・仕合後

つなみ「私としてもすべての技量をかけてお手合わせ申し上げましたが、やはり力押しでしたかしら」

雲飛「しかし、それもまたよしか、たしかにそなたに行かせるのは不本意だがのう」

つなみ「ここで任されたからにはご期待に添わなければなりません。どうかこのつなみをお信じなさって下さいまし」

雲飛「ふむ、こういうところは浦島も苦労しているのう」

 

中ボス戦(以下4組の中から2組選択)

・萬三九六編

三九六「さあて姉ちゃん、その変な板っ切れを捨ててこの俺のものになったらいい目見せてやるぜえ」

つなみ「まずは愚問ですわね、その愚かさに気づけとは申しませんがせめて倒すのも情けというべきでしょうか」

三九六「俺に抗うってのか、そいつが無駄なことだってこと、ちっとはお仕置きが必要だよなあ」

 

・黒河内夢路編

夢路「貴女の固き意志が世を護らんなら、時代を切り開くも難からぬものもありましょうや」

つなみ「そう気負うものでもありませんね、あなたも重く考えねば楽に生きられたものを」

夢路「これも性分なればまこと救い難きもの、されど今はその救い難さに身を委ねましょう」

 

・ドラコ編

ドラコ「やっと会えたなお嬢さん、お前のその下らん盾をようやく撃ち抜くことができるからな」

つなみ「全く愚劣極まりますわね、命をゴミ扱いするはあなた自身も否定するものですわよ」

ドラコ「ぬかせ、俺は勝つのではなく殺すのが好きなんだ、お前も潔くこの銃で花と散れ」

 

・アスラ編

アスラ「今度は亀仙か、果たして俺の武器をどれだけ耐えることができるというのか」

つなみ「すべてを耐えうる必要もありませんが、打ち破ってこそあなたが納得がいく負けを与えんとしますか」

アスラ「お前に鎮められるわけにはいかんな、俺の怒りは誰にも収められん」

 

対歴代ボス戦

つなみ「さてあと一息ですわね、早く面倒ごとを済ませて帰ると致しましょう」

・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。

「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」

・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

 

対強力ボス戦(下記5組から1組を選択)

・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。

 

・闇天草編

天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めたり!!!

つなみ「真の聖者は恨みを残さぬ者、いかなる縁で恨みを抱かねばならぬのですか」

 

・鬼斬紅郎編

斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!

つなみ「我が盾とあなたの刃、まともにぶつけて斬られるわけには、やはりいきませんわね」

 

・真ゴルバ編

ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!

つなみ「所詮は貴方も力のみを頼る方、そのような卑屈で強者を名乗るはまさに笑止ですわね」

 

・魔界我旺編

我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!

つなみ「まったく國のみを鎮めんとは器の小さき事、どうせなら世そのものを鎮めて下さいまし」

 

・羅将神ミヅキ編

ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!

つなみ「舞い戻りましたわね羅将神、大日の御名にかけ今度こそ鎮めてごらんに入れますわ」

 

最終戦(対壊帝ユガ)

「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。

我が名は、壊帝ユガ

今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」

つなみ「貴方を鎮めるは亀仙冥利に尽きるとは申せませんが、こうなれば全力をもって対しましょう」

 

エンディング

凶事を収めていくばくか経ち、雲飛がつなみ及び浦島仙人のもとを訪れた。仙人の先輩たる雲飛は浦島たちに思いがけない言葉を告げる。

「本当の来たるべき刻はいずれ訪れる。その刻はむしろ天空から訪れる」と。

それは望むところと浦島とつなみ、そこにはいろはと若者~実は片鱗ありと先に雲飛が告げていた~そして覇王丸がともに応えるのだった。しかしその時はその時とばかりに宴の時に移っていく。

今はただ酒の香りと肴の味に身を委ねる一同だった。

|

« ONE PIECE女学院第10話:非情のお茶会(前編) | トップページ | BORUTOテレビアニメ化、ですか »

サムライスピリッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/69004068

この記事へのトラックバック一覧です: つなみ<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>:

« ONE PIECE女学院第10話:非情のお茶会(前編) | トップページ | BORUTOテレビアニメ化、ですか »