« 今週の神様8号:熱き心で寒さをしのげの巻 | トップページ | エピソード18:物質界の逆襲(その4)<namco×CAPCOM・SNK> »

第40話:燃ゆる太陽に照らされて<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー>

イオクとジャスレイの陰謀で追い詰められたタービンズ。こうなればさしものマクマードもどうにもならぬと見た三日月もここは潔く引き下がる。一方で後の始末をマクマードに頼み、名瀬の孤独な戦いが始まる。

さまざまな事情で動けないオルガにメリビットが自制を諭す反面、シノと昭弘が非戦闘員救出を建前に彼ら独自で向かわんとする。

タービンズ基地で非戦闘員を中心に脱出を急がせる名瀬が自身が囮としてしんがりを務める。ラフタたちを脱出艇の護衛に当たらせアミダとともに戦地に踏み止まり、半ば酔狂でイオクのアリアンロッド艦隊に立ち向かうのだ。

本部にては事態の趨勢を見守りつつ来るべき蜂起に向けて準備を整えているマクギリス。次のステージは彼が動かんということだが。一方攻めるイオクも当面の獲物を前に意気上がる、それを冷めた目で見やるジュリエッタの胸中やいかに。

歳星では未だバルバトスがチューンアップ中で動けない。心配するアトラに名瀬を案ずるオルガを想う三日月。そしてただ空を見上げるばかりのオルガ。ともかくも様々な思惑とともにタービンズの攻防戦が始まろうとしていた。

まずハンマーヘッドの突出を受け迎撃にあたるイオク。停戦信号も無視し、まずは件の兵器ダインスレイブを用いてまず輸送艦を攻撃、はじめからすべてを蹴散らさんと攻撃をかけていく。王者の貫禄と嘯いて自分に酔いしれるイオクをよそにジュリエッタが新型のMSで出撃する。

艦を捨てて脱出をはかる仲間を護らんと奮戦するラフタだがそこには先行隊のMSが。数に劣るタービンズだが必死に食い下がっていく。しかしなおも被害を出し続ける。絶体絶命の危機の中、ようやく昭弘たちが駆け付けてくれたか。

体を張って食い止める名瀬、それを守るアミダの元にはジュリエッタが迎え討つ。新型MSの性能でアミダを翻弄するが、アミダもこのままではやられてはいられない。経験の差でジュリエッタの攻勢を跳ね返す。

敵旗艦を眼前に捕らえたハンマーヘッド、気休めながらも降伏信号を送りつつ最後の特攻をかける名瀬。同じくジュリエッタを振り切り旗艦を叩かんと特攻をかけるアミダだが、そこにはあの兵器ダインが待ちかまえ、その一斉砲撃で撃ち落とされる。それでも最期まで、否死してもなお名瀬を照らす陽の光であり続けたアミダだった。

そしてアミダが指し示した“光”とともに最後の特攻を仕掛ける名瀬、しかしイオクを討ち取るには至らず、不運なアリアンロッド僚艦とともにハンマーヘッドは轟沈してしまった。

苦戦から解き放たれた安堵とともに強敵を失った失望感を感じるジュリエッタ、一方で倒錯した使命感で暴走し続けるイオク、やはりこのままでは済まされないか、次こそは。

それに今回の事件の裏で糸を引いたジャスレイをはじめ、テイワズ内部の内紛も必至かもしれない。いずれにしても・・・

 

名瀬・タービン、死す。

鉄華団は大いなる支えを失った。

|

« 今週の神様8号:熱き心で寒さをしのげの巻 | トップページ | エピソード18:物質界の逆襲(その4)<namco×CAPCOM・SNK> »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第40話:燃ゆる太陽に照らされて<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー>:

« 今週の神様8号:熱き心で寒さをしのげの巻 | トップページ | エピソード18:物質界の逆襲(その4)<namco×CAPCOM・SNK> »