« 第38話:天使を狩る者<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> | トップページ | クリエイターの執念とは:高橋留美子編 »

エピソード18:物質界の逆襲(その3)<namco×CAPCOM・SNK>

さてみなさん、今回のナムカプケイは、マッドギアと関連組織との戦いをお送りする運びです。いずれも因縁ある相手なだけに熱い戦いが予想されることでしょう。それでは、ごゆっくり。

 

出陣編

ハイデルン「これより我が連合軍は、物質界攻略戦を執り行う。内容は先の作戦と同じ派遣形式だが、各エリアは数ヵ所のブロックに分かれ、それを順次に攻略する。もちろんエリアを一気に攻略できればよし。それがかなわざれば別のエリアを攻略して機を伺うのもよい。その場合敵にブロックを奪い返される恐れもあるのでそれも留意することだ。派遣要員は各組織との関連する者を中心に他は任意で選定する。その際には経験の偏りに特に留意すること。また不測の事態には十分注意することだ。ここまで何か質問は・・・・・」

「・・・・・」

ハイデルン「よろしい、それでは各員健闘を祈る」

 

マッドギア編・インターミッション

ハガー「まずは我々の管轄を片付けるか。ところでルシア、もう一度状況を説明してくれ」

ルシア「はい市長、先の争乱から、一時街から撤退して後に、ユーロとスカルクロス、そして鬼神流を交えて勢力の立て直しを図りました」

ガイ「何と、鬼神流でござるか」

マキ「やはりあいつらもか」

コーディ「なんだその鬼神流ってのは」

マキ「平たくいえばあたしら武神流と対立している流派さ。今まで親父や姉さんも手を出されていたんだよ」

コーディ「そいつは大変だな、まあいずれ俺たちの敵には変わりねえから、やっつけりゃいいだけだが」

ハガー「うむ、それはわたしも同感だ」

ヴァイパー「あとはベルガーの復活の要因も無視できない要素ね」

ガイル「ああ、SIM社のセスって奴か」

ヴァイパー「ええ、今まで独自に調査していたけれど」

ガイル「ここにきて余計なことかもしれんが、協力をさせてもらう」

ヴァイパー「仕方がないわね」

ハガー「うむ、それでは行くとしようか」

 

第1ステージ

MAP:メトロシティ・ベイエリア

時空転移してきたゲゼルシャフト号からハガーたちが現れる。

ハガー「おお、懐かしのメトロシティ。待っていろ、今からネズミどもを片付けてやるぞ」

ガイ「鬼神流、世に仇なすならばこの武神流が糺してくれよう」

コーディ「まあ、静かになりゃあ俺はどうでもいいさ」

ルシア「あなたはそれでもいいけど、ジェシカのことがあるから。彼女を無事に迎えられるためにね」

コーディ「あ、ああ、そうだな」

・そこにマッドギアの下っぱチンピラの一団が現れる

マキ「おいでなすったねえマッドギア。まず腕慣らしにはもってこいだ」

ハガー「うむ、軽い運動にはもってこいだな」

ガイ「まずは我らのみでよろしかろう、いざ参る」

ハイデルン(通信)「先に告げたが速やかなる撃破が必要だ。しかしくれぐれも無理なきように」

ハガー「うむ、承知」

・初期配置チーム

ハガーチーム:ハガー、ガイ

コーディチーム:コーディ、マキ、ルシア

ガイルチーム:ガイル、春麗、キャミィ

太陽学園チーム:バツ、恭介、ひなた

 

・敵軍勢を全滅させたら次のステージに進出可能。

ハガー「よし、次のアップタウンに向かうとしよう」

 

第2ステージ

MAP:メトロシティ・アップタウン

・マッドギア構成員をはじめ、暗黒生徒会、レミー団が出現する。

エリック「というわけで、皆さんのお力もお借りしたいと支配人も申しております」

九郎「ふん、わざわざメトロシティくんだりに行ってみたら」

ゆりか「協力ならば吝かではありませんが」

レミー「俺はかまわない。あの男、親父と同じ目をしている、あいつを倒すためなら」

エリック「では僕はこれにて・・・・・」

・エリック、この場を後にするが、ややあってエリックに一人の女の影が近付いてくる。

女の影「いろいろ大変みたいですね」

エリック「あなたまでも、まさか」

女の影「ふふ、ここは私もお力をお貸ししましょうか」

エリック「ど、どうぞご自由に」

 

ハガー「うむ、我らを出迎えるにはいささか物足りないな」

九郎「ふん、お前達を討ち取るに我らだけで十分だ」

ハガー「もちろん、我らだけではないぞ」

・任意に数チームを選択可能

 

・アレックスがプレイヤーにいる場合

アレックス「また会ったな、しかしまだ迷ってるみたいだな」

レミー「余計なお世話だ、お前だけは俺が倒す」

アレックス「ああ、お前の気が済むまで付き合ってやろう」

 

・バツがプレイヤーにいる場合

九郎「来たか、忌野伐」

バツ「そんな言い方はよせ、って、まあ面倒だからすぐに片づけてやるぜ」

 

・恭介がプレイヤーにいる場合

恭介「霧島九郎、僕も忌野の血を引く以上、君と決着を付けねばならない」

九郎「そうだ、忌野の血を引くものは皆殺しだ」

恭介「そううまくいくかな、僕らもむざむざやられはしない」

 

・レミー撃破

レミー「何だというんだ、負けたというのに、屈辱は、ないのか」

アレックス「それが誇りある闘いだ、まだ迷ったらいつでも相手になる」

レミー「ふん・・・・・」

 

・九郎チーム撃破

九郎「くうっ、このわたしがまたしても」

ゆりか「ここで終わるわけにはいかないわ、姉さまとの約束があるから」

もも「ということでここは失礼するね」

 

・敵軍勢を全滅させたら次のステージに進出可能。

ハガー「さていよいよ本隊だな。待っていろ、マッドギア」

ガイ「鬼神流の烈よ、いざ参らん」

コーディ「さて、どんな奴が待っているやらだな」

 

TO BE CONTINUED

|

« 第38話:天使を狩る者<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> | トップページ | クリエイターの執念とは:高橋留美子編 »

ナムカプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/68959214

この記事へのトラックバック一覧です: エピソード18:物質界の逆襲(その3)<namco×CAPCOM・SNK>:

« 第38話:天使を狩る者<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> | トップページ | クリエイターの執念とは:高橋留美子編 »