« 銀魂アニメ化、ですか(たぶんFINAL) | トップページ | 禍福のアンバランス:のび太の危機意識<本当は怖いドラえもん> »

第37話:クリュセ攻防戦<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー>

農業プラントに甚大なる被害を与え、なおも進軍するMAハシュマル群、それを食い止めんとする三日月たち鉄華団との攻防は始まったばかり。一方で鉄華団の助力をせんと向かうマクギリスたちに立ちはだかったヴィダール。

突進するハシュマル群を前に異様な反応を示す三日月とバルバトス。そしてヴィダールもまたカルタの名を持ち出し過去のことを語り出すさま、やはり“彼”なのか。

ハシュマルを食い止めんと昭弘が乗り出すも同じガンダムのグシオンもバルバトスと同じ反応をして気を失う昭弘。代わりにチャドが何とか応戦し、何とか進行を反らせたが。

バルバトスとグシオンの異変はオルガにも伝えられ、事態の把握のため雪之丞が向かわせる。ここにきて肝心の2機が使えず、ほぼ全軍を差し向けるが。

一方イオクもジュリエッタの制止にも拘わらずあくまで己のメンツのみでハシュマルに向かわんとする。もはや手に負えないか。

調査の結果、MAに対する阿頼耶識のリミッターの関係で拒絶反応が起こったというザックの見解が告げられる。つまりは先のエドモントン戦と同じような現象になりかねない。ここに来てザックの取り柄が見いだせられたということだが、いずれにせよ事態がひっ迫しているのはたしか。

一方ラフタたちもハシュマルを食い止めんと応戦している。ユージンの工作を成功させんがために。

しかしここにきてまたしてもイオクが自己陶酔の極みでの砲撃。ハシュマルの進度を速めてユージンの工作も無に帰してしまった。あとは自ら死を選ばんとするもジュリエッタに救われる。最後まで面倒な奴だ。

しかしオルガも次の手を考えているか。あくまで自分たちで、場合によってはマクギリスの力も借りてでもあれらを倒さんがために。

一方クリュセ市街でもクーデリアとアトラがオフィス内で三日月の成功を祈りつつ、彼に対する好意をたしかなものにするのだが。

今一度ハシュマルの足止めを敢行せんとするもいかんせん戦力不足。そこでシノをフラウロスで出撃させんとする。あの機体もガンダムフレームながらはたしてその実力は。

その一方でマクギリスにも連絡を取り、最終的な対処を要請する。マクギリスに借りを作りこれから都合が悪くなると懸念する雪之丞だが、いざとなればオルガ用の獅電で出んとするも三日月がそれを止める。そこに三日月の意志を見たオルガ。むしろそれを危惧してのことなのだが。

足手まといのイオクをさがらせたジュリエッタはヴィダールを合流。ヴィダールに彼を任せ再び出るのだが。ここで何か嫌な予感が。

シノのフラウロス。ヤマギのサポートを伴った新たなる流星号は高性能の砲撃で再び分断作戦を敢行するという。まさにハシュマルを止めんと皆が待ち構える中、まず密集するプルーマを分断するもいかんせん数が多すぎる。フラウロスも到着するもいまいち狙いが定まらない。そこでライドが決死の突撃を敢行しハシュマルを引きはがさんとする。

砲撃体制に変形したフラウロスは峡谷を砲撃し分断を成功させる、しかしライドは無事なのか。そのフラウロスに新たな脅威を感じているマクギリスだが。

さておき分断されたハシュマルに立ち向かわんとする彼、そしてジュリエッタも果敢に攻めんとする。しかし敵の機動力が勝りついには追い詰められていく。

まさにとどめを刺さんとするハシュマル、まずはライドを仕留めんとするが、それを阻んだのはバルバトス。あの時と同じく己のリミッターを完全に開放して、再び己を捨てて立ち向かうのか、三日月。

|

« 銀魂アニメ化、ですか(たぶんFINAL) | トップページ | 禍福のアンバランス:のび太の危機意識<本当は怖いドラえもん> »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第37話:クリュセ攻防戦<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー>:

« 銀魂アニメ化、ですか(たぶんFINAL) | トップページ | 禍福のアンバランス:のび太の危機意識<本当は怖いドラえもん> »