« 第35話:目覚めし厄災<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> | トップページ | バキ再アニメ化、ですか(最凶死刑囚編) »

いろは<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>

さてみなさん、今回の剣サム2は、鶴仙の化身いろはのシナリオをお送りいたします。

ひとえに旦那様のため、今日も流麗な剣舞を披露する彼女、そしてそれがい大いなる使命へとつながる様をも描ければということでお送りする運びです。それでは、ごゆっくり。

 

オープニング

出羽鶴仙の末裔たるいろはは、今日も旦那様のお世話をする傍ら、またも台頭する魔の波動を感じ取り、それを鎮める刻は近いと仙人雲飛から告げられる。またも闘いかと危惧するも、もたらされた武道会の報せに、かすかに上がる意気を感じるいろはだった。

 

ライバル戦その1(対つなみ)

・仕合前

いろは「ああ、つなみさん、やはりこの場に来られたのですね」

つなみ「なにを呑気なことをおっしゃっているのですか。このようなことが訪れるはご存じのはずです」

いろは「それは案じなかったではないのですが、避けられ得ぬならばせめて退けねばなりません。それをどちらが成し得るか、仕合えば分かりますか」

つなみ「本当に分かっていらっしゃらないですわね、私に勝つ気概なくば退魔の業も成し得ぬのですよ」

・仕合後

いろは「何とか勝つことができました。何事も成せばなるということでしたね」

つなみ「まったく、世話が焼けますわ、しかしながら私などはまだ序の口。ここは今一つの奮起を要しなければいけません」

いろは「はい、つなみさんとの仕合の気持ちを忘れずに今後も闘い抜きたいと思います」

つなみ「まあこれは、期待させていただきますわ」

 

ライバル戦その2(対ミナ)

・仕合前

いろは「ああミナさん、この儀に際し仕合わねばならないということですね」

ミナ「それは承知の上よ、明日のために闘い抜かなければいけないの、あなたも、そして私自身も」

いろは「互いを活かす仕合たりえれば、挑んでもしくはないのですが」

ミナ「徒な闘いはしないつもりよ。私たちのつとめを義しきものにするために」

・仕合後

いろは「なんとか勝つことができましたが、大丈夫ですが」

ミナ「今は気遣いはいらないわ、私の想いは受け止めたはずだから」

いろは「この想いが軽からぬものなれば、必ずや成就しなければいけませんね」

ミナ「期待はしているわ、護るものあれば人は強くなれる。これもあなたが教えてくれたことだから」

 

中ボス戦(以下4組の中から2組選択)

・萬三九六編

三九六「とうとう追い付いたぜえ、今からおめえの旦那に強え武器を造ってもらうんだ」

いろは「そのようなことに旦那様を使わんとは、ここはあなたを退けさせていただきます」

三九六「いちいち抗うんじゃねえよ、だがおめえを人質に取るも悪くねえな」

 

・黒河内夢路編

夢路「鶴仙の方ですね、世の乱れに関わった私を訪ねるもまず当然の仕儀なのですが」

いろは「あなたも武をもって制せんとするならば、その力添えもしたいところですが」

夢路「まずは貴女との仕合にて、お互いの武を極めんも、また破魔の儀なれば」

 

・ドラコ編

ドラコ「ようやく会えたなお嬢さん、お前を撃ち取らんとする時を、どれだけ待ったことか」

いろは「ああ、銃の方ですね、怖れてはならぬと分かっていながら震えが止まりません」

ドラコ「安心しろ、体の震えはすぐに止まる。だがそれなりに鳴いてもらおうか」

 

・アスラ編

アスラ「鶴仙か、まさに魔界に踏み入らんとはいかなる酔狂だ」

いろは「私も皆様が安心して暮らせるために先にいかねばならないのですが」

アスラ「いずれにしても俺の前に立つならば払うのみ、お前も踏み越える覚悟を決めろ」

 

対歴代ボス戦

いろは「ついにここまで来ました、すみやかに収めて、再び旦那様のもとへ

・プレイヤー、異界へと引きずり込まれる。

「魔界への門は、今開かれた。汝の正なる気、我らの目覚めの礎とならん。まずはこの者ども我が手駒との仕合、愉しもうではないか」

・プレイヤー、各ボスと対戦。各員1本取れば勝ち抜け。すべての敵に勝ち抜ければクリア。対して2本連続で敗れた場合にゲームオーバー。

 

対強力ボス戦(下記5組から1組を選択)

・共通:倒されたボスの気が一人に凝縮し、パワーアップして立ち上がる。

 

・闇天草編

天草「忌まわしき封印は消え去った。今再び、大いなる主の御力により、我、目覚めたり!!!

いろは「信仰までもが魔に堕していく、我が舞いで貴方の魂が鎮まるならば

 

・鬼斬紅郎編

斬紅郎「我は禍(わざわい)、我は鬼、そして我は壬無月、否、我こそは、鬼、斬紅郎なり!!!

いろは「斬ることで魂を満たすなら、それらの魂をも貴方を鎮めなければいけませんね

 

・真ゴルバ編

ゴルバ「やはり我が命をかけねば汝は討ち取れぬか、それもよかろう、今こそ決戦の刻!!!

いろは「力のみの貴方なれば、人を幸せにすることも叶いませんゆえ、鎮めて差し上げます

 

・魔界我旺編

我旺「國の哭く声、それに応えんがため、我今こそ魔界の気をも取り込み、國を制せん!!!

いろは「世の哭く声は感じます、されど貴方の武もそれを招くならば、食い止めることと致しましょう

 

・羅将神ミヅキ編

ミヅキ「ラキ、ラキキキキ、我が力戻ったり、今こそ世を魔界に呑みこんでくれん!!!

いろは「如来さまの影なれば、私が鎮めるは憚り多きことなれば、慎んで鎮め奉りましょう

 

最終戦(対壊帝ユガ)

「正と負の気のぶつありあいより我が糧なる神魔の気、今ここに高まった。今こそ我が復活の刻(とき)。

我が名は、壊帝ユガ

今、人の世は終焉を迎えん。我が意によって・・・・・」

いろは「ついにお姿を現しましたね、私も鶴仙として、貴方を鎮めさせて頂きます」

 

エンディング

幾日か経ち、旦那様のもとに覇王丸様が訪れて、自らの太刀を鍛えてほしいとお頼み申しました。

はじめ炎も鎚も通じませんでしたが、むしろ旦那様が太刀に鍛えられるかのごとく、やがて太刀も鍛え上がり、覇王丸様もそれに満足して下さいました。

「まだまだ若えが、お前さんも道を極めんとする。いずれあの仙人さんと同じになるかな」と申し上げ、家を後になさいました。

そのお言葉に、何故か私も胸が暖まりました。

|

« 第35話:目覚めし厄災<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> | トップページ | バキ再アニメ化、ですか(最凶死刑囚編) »

サムライスピリッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/68720679

この記事へのトラックバック一覧です: いろは<サムライスピリッツ天下一剣客伝2>:

« 第35話:目覚めし厄災<ガンダム 鉄血のオルフェンズレビュー> | トップページ | バキ再アニメ化、ですか(最凶死刑囚編) »